2018-19京都精神分析・臨床セミナーのご案内 | 大阪府臨床心理士会

2018-19京都精神分析・臨床セミナーのご案内

2018年10月01日(月)

追加情報

開催日程
2018年10月28日~2019年7月21日
会場
京都市内
テーマ
精神分析的心理療法、子どもの心理療法
備考
2018-2019年度の京都精神分析・臨床セミナーのご案内★
サポチル(認定NPO法人子どもの心理療法支援会)主催
 

 

今期のテーマは,「現代クライン派精神分析を学ぶ―ポスト・クライン派の臨床」です。臨床セミナー3年計画の3年目,まとめの年となっております。これまで参加された先生方は,1年目,2年目と学んできたことがどう発展していったのかを学ぶ機会になっています。

また,初めて参加される方でも,精神分析学会を代表される著名な先生方が、わかりやすく現代クライン派の中核的な概念を説明してくれるまたとない機会となっております。

 

申し込み方法や,講義内容の詳細は,添付のパンフレットを参照していただければと思います。
申込締め切りは【10月14日】です。
 

 

 

2018-2019年度京都精神分析・臨床セミナー》

 

1回 20181028日(日) 皆川英明先生 「病理的組織化と心的退避」

 

2回 2019114日(祝・月)飛谷渉先生 「メルツァーの閉所/クロストラム:その二———精神病と自閉、そして現代のバーチャル世界における偽エディプス現象」
3回 2019317日(日)福本修先生 「ベティ・ジョゼフの理論と技法:その源と今日の位置」

 

4回 2019512日(日)浅田護先生「英国現代精神分析におけるロナルド・ブリトンの貢献」

 

5回 2019616日(日)平井正三先生 「タスティンと自閉症の子どもの心の世界の探求」

 

6回 2019721日(日)脇谷順子先生 「アルヴァレズの臨床から学ぶ」
 
講義の後は事例検討を行います。
 
お忙しいとは思いますが,是非ともご出席を賜りますよう、心よりお待ち申し上げております。

 

添付ファイルをダウンロード: