トラウマの治療に効くコンパッション・フォーカスト・セラピーの研修会のご案内 | 大阪府臨床心理士会

トラウマの治療に効くコンパッション・フォーカスト・セラピーの研修会のご案内

2018年08月10日(金)

追加情報

開催日程
2018年11月23日(金祝)~25日(日)
会場
東京成徳大学十条台キャンパス 〒114-0033 東京都北区十条台1-7-13
テーマ
トラウマの治療に効くコンパッション・フォーカスト・セラピーの研修会のご案内
備考

○2018年11月23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)の日程で、イギリスのトラウマ治療の最前線でご活躍されているデボラ・リー博士をお招きし、トラウマに効くコンパッション・フォーカスト・セラピーのワークショップを開催します。どうぞ奮ってご参加ください。

 

 

詳細は添付資料や以下のURLの通りです。

 

http://bit.ly/2Myymav

 

◆ワークショップの内容
 イギリスのPsychological Trauma Society(McFetrige, et. al., 2017)で推奨されているように、現在トラウマ(PTSD)の治療にはコンパッション・フォーカスト・セラピー(Compassion Focused Therapy: CFT)が有効だと言われています。
 今回のワークショップでは、トラウマの治療にどうしてコンパッションが有効であるのか最新の知見を交えて学び、さらにトラウマに対してどのようにアプローチしていくのか、実際のエクササイズを通して理解を深めていきます。
 また、トラウマの治療者であれば、一度は経験している、治療がうまく行かない理由について、コンパッションという視点から理解することができる内容となっています。
 CFTは、これまでの技法と競合することはありません。患者さんのレジリエンスを高め、トラウマ治療におけるCFTの研鑽を積める3日間の集中型ワークショップです。
 どうぞ奮ってご参加ください。

◆講師
デボラ・リー博士(Deborah Lee, DClinPsy)

<講師紹介> 
 25年間トラウマの領域で心理療法を行ってきた、PTSDや複雑性トラウマの治療の権威である。PTSDの治療にコンパッションを先駆的に適用し、段階的に慈悲のレジリエンスを育成することで治療成果を挙げている。
 また、彼女は、北アメリカやヨーロッパにおいて100以上のワークショップや講演会をし、書籍を通して彼女の卓越した臨床知を全世界に普及してきた。
 現在、彼女はバークシャーにあるトラウマ・ストレス・サービスとサウスセントラルにある退役軍人サービスの代表を務める顧問臨床心理学者である。また、ロンドン大学の上級名誉講師でもある。
 代表的な著書としては、『トラウマやPTSDから回復するための慈悲の心へのいざない:フラッシュバック、恥、罪悪感、恐怖を克服するためのコンパッション・フォーカスト・セラピー』が挙げられる

◆日程
平成30年11月23日(金・祝) 10時~17時
        24日(土)    9時~17時
        25日(日)    9時~16時30分

◆場所
東京成徳大学十条台キャンパス内 講義室
〒114-0033 東京都北区十条台1-7-13

◆参加費
5万円(振込口座はメールにてご案内いたします)

◆募集人数
50人程度
(満席になり次第ウェイティングリストに登録させて頂きます。)

◆逐次通訳
当日は、逐次通訳で実施いたします。

◆参考書
『実践 セルフ・コンパッション―自分を追いつめず自信を築きあげる方法』(2016年、誠信書房)
※参考書がなくてもご参加いただけます。

◆お申し込み方法
お問い合わせ(
https://bit.ly/2NeywUv)より、メッセージ欄に「出版記念ワークショップ【トラウマの治療に効くコンパッション・フォーカスト・セラピー】参加希望」と記入し、ご連絡ください。
※必ず、お名前・連絡先をご記入ください。
 
◆申込締切
2018年9月14日(金)
※満席になり次第、締め切らせて頂きます。
 
◆研修ポイント
臨床心理士の継続研修ポイントを申請する予定です。
 
◆主催
プラスワンラボ合同会社
世話人:東京成徳大学 准教授 石村郁夫
 
ワークショップの詳細は、プラスワンラボ合同会社のホームページ内(https://www.plusone-lab.com)に記載されておりますので、ご確認ください。
添付ファイルをダウンロード: