アート&ドラマセラピーワークショップ開催のお知らせ | 大阪府臨床心理士会

アート&ドラマセラピーワークショップ開催のお知らせ

2018年07月13日(金)

追加情報

開催日程
7月28日(土) 13:15-15:45
会場
大阪市内、梅田駅近くのスタジオ
テーマ
アート&ドラマセラピーワークショップ 「自分が担う様々な役割、そのコアにあるもの〜」
備考

この場を借りてご案内させていただきます。

アートやドラマを用いた心理支援にご興味のある方、どうぞお気軽にご参加ください。

アートやドラマの経験等は一切問いません。

 

アート&ドラマセラピーワークショップ

「自分が担う様々な役割、そのコアにあるもの〜」

 

働いたり、学んだり、誰かをケアしたり、ケアされたり.....私達は日々様々な役割を担って生きています。アートとドラマを通して、それぞれの役割の意味、役割同士のバランスなどを探索します。自分にとって大切なことや心地のいい在り方が見えてくるかもしれません。アートセラピー/ドラマセラピーに興味のある方、クリエイティブ・アーツのセラピー的な活用について体験したい方、対人援助者の方のセルフケアの一貫として、お気軽にご参加ください。

 

日時:7月28日(土) 13:15-15:45

会場:大阪市内、梅田駅近くのスタジオ

参加費: 5500円

 

講師:

井口 雅子(いぐちまさこ)

ドラマセラピスト、チャイルド・ライフ・スペシャリスト

Kansas State University大学院演劇科ドラマセラピー専攻修士。知的障がい者とのプログラム、高齢者福祉施設、小児病院などで研修を積み帰国。順天堂大学附属順天堂医院にて病児及びその家族支援を目的とするチャイルド・ライフ・プログラムを担当後、都内教育相談センター心理相談員として児童/思春期/保護者/教員の支援に携わる。専門教育機関および諸団体においては、青年期/成人の教育・研修に携わる。現在は米・カリフォルニア州を拠点とし、現地NPOや教育機関においてペアレントサポートプログラムやワークショップを提供している。

 

倉石 聡子(くらいしあきこ)

アートセラピスト、臨床心理士

Notre Dame De Namur大学院マレッジ・アンド・ファミリーセラピー/アートセラピー修士。サンマテオ市立ファミリーセンター等で研修を積み帰国。都内教育相談センター心理相談員、不妊クリニック心理カウンセラーなどを経て、現在は東京都スクールカウンセラーとして児童・思春期・保護者・教員の支援に携わる他、多様な施設でアートセラピーを用いた講座やグループを実施している。また、支援者研修やスーパービジョン、大学や企業などでアートセラピーによる教育・研修に関わる。2016年3月、東京都杉並区にアップコンセプト・スタジオを開設。

 

お申込み、お問い合わせは→http://apconcept.jp/program/2018/05/22/23-58-23/

添付ファイルをダウンロード: