コミュニティー・トレモ(トラウマ・レジリエンシー・モデル)ワークショップ | 大阪府臨床心理士会

コミュニティー・トレモ(トラウマ・レジリエンシー・モデル)ワークショップ

2018年04月03日(火)

追加情報

開催日程
2018年6月30日(土)、7月1日(日)午前10時~午後5時
会場
とよなか国際交流センター(阪急宝塚線豊中駅すぐ)
テーマ
ストレス対処法、トラウマ治療
備考

アメリカで開発されたトラウマ・レジリエンシー・モデル(トレモ)は、身体に意識を向けることで心と体のバランスをとるレジリエンシー・トレーニングで、「コミュニティー・トレモ」と心理専門家のためのトラウマ治療技法「トレモ・プロ」があります。過覚醒や低覚醒状況への効果的な対応方法を、「ストレスに関わる脳と体の基礎知識」と「6つのレジリエンシー・スキル」を通して学びます。今回は「コミュニティー・トレモ」のワークショップ、日本で初開催です。

コミュニティー・トレモは、ソマティック心理療法の基礎知識とスキルであり、トラウマ専門家に限らず臨床心理に関わる方に有用なボトムアップ型介入が体験的に学べます。

現在では世界各地での利用が広まっており、医療・保健、学校、産業など、さまざまな領域で、子どもから高齢者まで幅広く、安全に用いることができます。

トラウマ治療法であるトレモ・プロの受講はコミュニティー・トレモの修了が前提となります。

詳しくはホームページをご覧ください。

 

日時:2018年6月30日(土)、7月1日(日)各日10時~17時

場所:とよなか国際交流センター(阪急宝塚線豊中駅すぐ)

参加費:15,000円(2日間)

定員:20名

対象:心理職、医療職、福祉職、教員、人事・管理職など

講師:服部信子(トラウマ・リソース・インスティテュート認定コミュニティー・トレモ講師、米国カリフォルニア州認定臨床心理士。哲学博士。https://www.drnobu.com/)

お申込み:ホームページから