『KSCC統合的心理療法家養成プログラム』 | 大阪府臨床心理士会

『KSCC統合的心理療法家養成プログラム』

2017年08月25日(金)

追加情報

備考

 

関西カウンセリングセンター主催

 

『KSCC統合的心理療法家養成プログラム』

 

 

本プログラムは、精神分析的心理療法を基礎として、他のアプローチを統合した心理療法の実践ができる実践家を養成します。本プログラムは、3年間を通してご参加いただきます。継続的な心理療法を実践している方を対象とした、統合的心理療法の専門教育プログラムです。

 

 

精神分析的な視点を基礎とした統合的心理療法

 

系統的な講義+グループスーパーヴィション

 

 

本プログラムの基礎は、以下のような経験的事実にあります。

 

・最強の心理療法などというものは存在しない。

 

・いかなる心理療法も、いつでも誰にでも同じように最も効果的というわけではない。

 

・それぞれの心理療法には利益とともに限界がある。

 

・特定の心理療法だけに依拠せず、他の方法を取り入れた方が、しばしばより効果的に変化を促進できる。

 

強力な治療関係は、効果的な心理療法の基礎にある共通要因である。

 

 

CBTや体験主義的な心理療法は、セラピーの体験的な要素を高めます。またシステムズ・アプローチは、クライエントの心理力動を人間関係の文脈において見る見方をもたらします。精神分析的アプローチにこれらの考え方や技術を取り入れることで、より柔軟で効果的な実践が可能となります。

 

 

【期間】3年間の訓練プログラム

 

1年目:201710月~20189月 2時間×24コマ

 

2年目:201810月~20199月 2時間×24コマ

 

3年目:201910月~20209月 2時間×24コマ

 

【時間帯】木曜日19:0021:00(月2回程度)

 

講師により集中講義として日・祝に13コマ2日間で実施。

 

【会場】関西カウンセリングセンター研修室

 

【対象】臨床心理士、心理職としての専門家(継続的な心理療法を実践している方)

 

【定員】20

 

【受講料】半年84,240円(税込)×3年(半年ごとの納入)

 

【申込み】以下のホームページよりお申込み下さい。

 

  https://www.kscc.or.jp/?p=7558

 

 

【プログラム内容】

 

1年目

 

杉原保史先生 『統合的心理療法①循環的心理力動論』

 

東 斉彰先生 『統合的心理療法②技法折衷アプローチ』

 

加藤 敬先生 『統合的心理療法③理論複合アプローチ』

 

川畑直人先生、宮田智基先生 『対人関係精神分析』

 

          

 

2年目

 

東 斉彰先生 『認知行動療法』

 

東 豊 先生 『システムズ・アプローチ』

 

杉原保史先生 『統合的心理療法家の言葉の技術』

 

岩壁 茂先生 『感情と体験の心理療法』

 

 

3年目

 

加藤 敬先生 『精神疾患別アプローチ』

 

福島哲夫先生 『加速化体験力動療法を取り入れたアプローチ』

 

川畑直人先生 『精神分析的コーチング』

 

杉原保史先生 『多様な学派との付き合い方』

 

 

KSCC統合的心理療法家資格審査】

 

 上記プログラムを修了し、本プログラム認定スーパーヴァイザーより60回以上の個人スーパーヴィジョンを受けられた方は、『KSCC統合的心理療法家』資格審査を受けていただけます。

 

 

【申込み】以下のホームページよりお申込み下さい。

 

  https://www.kscc.or.jp/?p=7558

 

 

添付ファイルをダウンロード: