認知行動療法による【睡眠問題】への介入:実践ワークショップ | 大阪府臨床心理士会

認知行動療法による【睡眠問題】への介入:実践ワークショップ

2019年12月01日(日)

追加情報

開催日程
2020年2月8日(土)
会場
京都アスニー 京都市中京区聚楽廻松下町9-2 3階 第3研修室
テーマ
認知行動療法による【睡眠問題】への介入
備考

誤解を恐れずに言えば、不眠に対する認知行動療法は、もっとも簡単に実施しやすい心理療法の一つです。

心理援助の現場で、多くのクライエントは睡眠の問題を抱えています。それに対していくつかのポイントを押さえれば認知行動療法で適切に援助することができます。

 

この研修では、心理援助専門職の皆さんが、

1. 不眠の問題を簡易的な認知行動療法で適切に援助できるようになる

 

2. より医療的介入が必要な場合のアセスメントができるようになる

 

ことを目指します。

 

そのために、不眠の認知行動療法の原理、アセスメントと介入方法について講義を行います。また、実践定着のために研修後のフォローアップ・コンサルテーションをSNSで実施します。

 

不眠の認知行動療法、一緒に身につけてみませんか?

 

※録画視聴ができるようにいたします。会場にお越しになられない方は、PCで講演を視聴できるようにいたしますので、遠方の方でも、ぜひお申込みください。

 

お問合せ:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

電話:09039695568