現場で役立つスクールカウンセラー養成セミナー第5回 「発達障がい」とスクールカウンセリング-具体的な関わりや助言、環境調整等について学ぶ- | 大阪府臨床心理士会

現場で役立つスクールカウンセラー養成セミナー第5回 「発達障がい」とスクールカウンセリング-具体的な関わりや助言、環境調整等について学ぶ-

2019年07月04日(木)

追加情報

開催日程
2019年8月31日(土) 13:30-16:30
会場
大阪市北区浪花町14-33 OMビル2F 会議室
テーマ
「発達障がい」とスクールカウンセリング-具体的な関わりや助言、環境調整等について学ぶ-
備考

【セミナー概要】
セミナータイトル:現場で役立つスクールカウンセラー養成セミナー第5 
「発達障がい」とスクールカウンセリング
-具体的な関わりや助言、環境調整等について学ぶ-
講師  :瓦田穂垂
日時  2019年8月31日(土) 1330分-1630
会場  :大阪市北区浪花町1433 OMビル2F 会議室
最寄駅 :天神橋筋六丁目駅 10号出口から徒歩1分内
対象者 SCの方、SCに関心がある臨床心理士
定員  :先着20名 ※定員に達し次第、締め切ります。
参加費 :3,000円 ※当日、会場でお支払いください。
申込方法このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。宛てに、「セミナータイトル」「お名前」「ご連絡先」「SC経験年数」「ご所属」「加入都道府県臨床心理士会」を記入し、メールをお送りください

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【セミナー内容】(講師より)
はじめに
 学校現場では発達に纏わる相談が非常に多い反面、発達障がい発達障がいの疑いを主訴とするケースはごく一部です。多くは不登校や登校しぶり、人間関係のトラブル、問題行動や自傷行為、ストレスの身体化、生活習慣の乱れ等から相談場面に繋がります。一方で近年は、特別支援クラスに在籍する児童生徒や保護者からの相談も増えています。入り口は違いますが、そのどちらにも共通するのは、カウンセリングに並行して発達の見立てを行い、その特性に配慮した具体的な助言や提案、環境調整が必要とされる点です。困難事例であればあるほど、これらは重要となります。今回は、このような発達の視点を大切に、スクールカウンセラーの活動についてお話しできれば幸いです。


Ⅰ.発達障がいを伴う、またはそれが疑われる児童生徒への理解と対応について
1)自閉スペクトラム症およびADHDの概論


2)児童生徒の面接場面における具体的配慮や工夫について


3)児童生徒にとって葛藤や困難の大きい場面への具体的支援について


4)環境調整について


5)児童生徒の自己理解を促す働きかけについて


6)その他(困難とされる事例、解離、LGBTなど)

 


.保護者面接での配慮と具体的対応について


1)保護者との面接(カウンセリングあるいはコンサルテーション)での工夫や配慮について


2)診断をしないSCの立場だからこそ、具体的かつ丁寧に説明したい事柄等について


3)保護者の困りごとへの具体的助言や提案について


Ⅲ.教職員との連携や学校で行える環境調整について
1)子どもの状態に合わせた具体的な取り組みについて


2)"配慮"に消極的な先生との関係作りや環境作りを進める方法について

 


Ⅳ.他機関や他職種との連携について

 


Ⅴ.グループディスカッション


対象校種は小学校、中学校、高校です。

 

※詳細はこちらでご確認ください。

 

https://youji.kawazumi.jp/news/detail.php?id=91

 

てだのふあカウンセリングルーム事務局
所在:大阪市北区浪花町1433 OMビル608
問い合わせ先:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

添付ファイルをダウンロード: