研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2019年9月8日(日)
会場
ウィングス京都 セミナー室A・B
備考

 

SEEDきょうと市民講演会

 

「拒食・過食を乗り越えて Part12~当事者だからわかること/回復者だから伝えられること」

 

【日時】令和元年98日(日)13時半開場、14時開演、16時半閉会

 

【場所】ウィングス京都

 

【参加費】前売1,500円 当日2,000円(SEED/プティパ関係者1,000円)

 

【参加定員】100名 先着順 空席の有無はそのつどSEEDきょうとHPに表記

 

 

SEEDきょうとの市民講演会は今年で12回目となりました。昨年開所したB型就労継続支援事業所「プティパ」が軌道に乗りつつある今、改めて当事者/回復者どうしでできることを考えてみたいと思います。

 

講師として、20年間苦しんできた摂食障害から回復され、この病の予防や啓発運動に取り組まれている編集者の林利香先生をお迎えして、摂食障害からの回復について当事者とともに語り合います。

 

 

(申込方法)

 

前売り券を希望される方は、①申込み、②振込みが必要となります。

 

① 申込み:メール、FAX、郵送のいずれかの方法で、

 

1.参加者人数と参加者全員の氏名

 

2.代表者の氏名・ご住所

 

3.電話番号(代表者のみ)

 

4.メールアドレス(代表者のみ)

 

5.参加者の内訳

 

6.お振込みの合計金額

 

を明記の上、ご連絡ください。

 

各種宛先

 

1.メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

2.FAX075-748-7834

 

3.郵送:〒600-8269 京都市下京区西八百屋町136ランドビル2階 

 

NPO法人SEEDきょうと 講演会担当 宛

 

② 振込み 

 

以下の振込先へ合計金額の入金をお願い致します。お振込みの名前は代表者名でお願い致します。

 

お振込み先

 

【銀行からの振込みの場合】 特定非営利活動法人SEEDきょうと

 

ゆうちょ銀行 普通預金 店名:四四八(ヨンヨンハチ) 

 

口座番号:4948299

 

【郵便局からの振込みの場合】 記号:14460 番号:49482991

 

申込みおよびお振込が確認できましたら、事前申込完了のはがきを郵送いたします。そのはがきは事前申込の証明となりますので、大切に保管いただき、当日受付にてご提示ください。期限が過ぎてからの申込みや振込みはお受けできませんのでご了承ください。

 

また、申込みがされていてもご入金が確認できない場合も、受付完了となりませんのでご注意ください。

 

追加情報

備考

 

 葵橋ファミリー・クリニックで企画しました、2019年度教育・研修プログラムの後期に開講する研修講座の案内を致します。

 

 どの講座も複数回にわたる研修で、じっくり学んでいただける内容となっております。

 

 

≪対人援助の専門講座≫

 

【発達の視点を味わう-ウェクスラー式検査の基礎を学ぶ-】

 

日程:201998日、1020日、1110日、128日(日曜 14:0017:00

 

講師:福永 友佳子(パームこどもクリニック・オフィスオータム/臨床心理士)

 

会場:日本聖公会京都教区センター研修室(葵橋ファミリー・クリニック向かい)

 

受講料:35,000円(AFC会員・学生32,000円)

 

(※日本臨床心理士資格認定協会の継続研修機会(ワークショップ)として、研修ポイントが取得できます。)

 

 

【ロールシャッハ・テスト-応用編】

 

日程:20191027日、1222日、2020126日(日曜 13:0017:30

 

講師:山本 昌輝(立命館大学教授)

 

会場:日本聖公会京都教区センター研修室(葵橋ファミリー・クリニック向かい)

 

受講料:35,000円(AFC会員・学生32,000円)

 

(※日本臨床心理士資格認定協会の継続研修機会(ワークショップ)として、研修ポイントが取得できます。)

 

 

【バウム・テスト事例研究】

 

日程:20191010日、1114日、1212日、202019日、213日、312日(木曜 18:3020:30

 

講師:青木 健次(京都大学名誉教授)

 

会場:ハートピア京都 3階視聴覚室

 

受講料:35,000円(AFC会員・学生32,000円)

 

(※日本臨床心理士資格認定協会の継続研修機会(ワークショップ)として、研修ポイントが取得できます。)

 

 

 講座内容の詳細及び申込方法は、お問合せ、もしくはホームページ(http://kyoto-afc.jp/education_list.htmlをご覧ください。

 

なお、葵橋ファミリー・クリニック会員の方、また専門講座を2講座以上受講される方には割引料金が適応されます。

 

 

多くの方のご参加をお待ちしております。

 

 

問い合わせ先:TEL075431-9150FAX075431-9158

 

追加情報

開催日程
2019年10月27日(日)
会場
関西医科大学附属病院 13階講堂
テーマ
動機づけ面接
備考

糖尿病、心疾患、腎臓疾患などの身体疾患から生活習慣の改善が必要となって認知行動療法を行う場合、動機づけ面接の手法は非常に重要なものです。

今回は講師の川村智行先生のほか、5名のファシリテーターにもご参加いただき、より実践的な動機づけ面接のワークショップを企画しました。

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

【日時】2019年10月27日(日) 10:00~16:00

【場所】関西医科大学附属病院13階講堂

【講師】川村 智行(大阪市立大学 発達小児科教室)

    糖尿病専門医、※MINTトレーナー

    ※MINT(Motibational Interviewing Network of Trainers, MINT Inc.は

     MIの国際的正式機関です。

【定員】40名(事前参加申込受付・定員になり次第締め切ります。)

【参加費(テキスト代含む、事前振込)】生活習慣病認知行動療法研究会会員:2,000円

                                非会員:5,000円

【参加申し込み・お問い合わせ】生活習慣病認知行動療法研究会事務局

【ホームページ】http://www.kmuhsc.net/cbm/

 

追加情報

開催日程
2019年9月15日(日)12:00-16:45
会場
京都アスニー(京都市中京区聚楽廻松下町9の2)
テーマ
第6回 日本ユング心理学会(JAJP)研修会
備考

 

 


◆研修内容:以下の6分科会を行います。



1)セッションⅠ(1200-1415


〈事例検討1〉 川戸 圓(川戸分析プラクシス)


「精神疾患の回復過程におけるユング心理学的な関わりについて」


〈事例検討2〉 田中 康裕(京都大学大学院教育学研究科)


「夢のなかの「自己関係」の諸相と変容」


〈基礎1〉   豊田 園子(豊田分析プラクシス)


「クライエントに寄り添うということ」



2)セッションⅡ(1430-1645) 


〈事例検討3〉 河合 俊雄(京都大学 こころの未来研究センター)


「心理療法と夢」


〈事例検討4〉 岩宮 恵子(島根大学人間科学部)


「現代の心理療法とネット」


〈基礎2〉   桑原 知子(京都大学大学院教育学研究科)


「学校臨床における「関係」について〜ユング心理学の考え方を手がかりに〜(2)」



詳細は「研修会案内」(PDF)をご覧ください。


http://www.jajp-jung.info/images/workshop_6th_guide.pdf 


◆参加費:学会員 4,000円 非会員 7,000円 大学院生(非会員) 5,000


◆定員:180


◆申込方法:参加・発表申込フォームで受付いたします。


https://www.shingensha.com/jajp-jung/mkform/acc.cgi?id=156144054911827



*ホームページ< http://www.jajp-jung.info/ >のお知らせ欄からも


ご確認いただけます。



ぜひご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。



<お申し込み・お問い合わせ>


日本ユング心理学会(JAJP)事務局


541-0047大阪市中央区淡路町4-3-6新元社内


e-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


fax: 06-7632-4221


追加情報

開催日程
2019年9月14日(土)
会場
大阪市中央公会堂 大会議室(〒530-0005 大阪市北区中之島1丁目1番27号)
テーマ
子ども支援と芸術療法
備考

10回目となる子ども支援のミニシンポジウム、子どもゆめ基金の助成を受けて今年は大阪にて開催します。

 

言語表現が未熟な子どもは、言葉だけでなくアート表現や身体をとおして多くのことを伝え、学んでいます。五感で感じ、全身で表現したものをありのままに受け入れられる体験は、子ども時代の心の成長には欠かせません。表現そのものの価値を認め、感じ考える力、関わる力、主体的である力などを育むクリエイティブ・アーツセラピーの実践を参考に、子ども支援におけるクリエイティブ・アーツの役割や可能性を参加者とともに考え、具体的なツールを学ぶ場にしたいと考えます。また、1日を通して支援者のネットワーク作りの場になることを願っています。

 

日時:9月14日(土)10:00-17:00(受付開始9:40)

 

会場:大阪市中央公会堂 大会議室(〒530-0005 大阪市北区中之島1丁目1番27号)

 

対象者:教育、医療、福祉、心理などの分野で子どもやその家族に携わる方、表現活動を行っている方、地域で活動を行っている方、行政関係者、

 

保護者、学生など

 

参加費:500円    

 

定員:80名

 

登壇者: 

尾上明代(ドラマセラピスト・立命館大学大学院教授)

栗本美百合(臨床心理士・奈良教育大学特任准教 授)

長江朱夏(米国公認音楽療法士)

ファシリテーター:

倉石聡子/ 井口雅子 (アップコンセプトメンバー)

 

主催:アップコンセプト

 

後援 日本クリエイティブ・アーツセラピー学会(JCATA)

 

詳細及びお申込みは、http://apconcept.jp/program/2019/07/24/18-58-46/

 

追加情報

開催日程
7月 8月 9月 開催
会場
東京都稲城市東長沼2106-5 マスヤビルディング301 AMJ研修室
テーマ
アンガーマネジメント研修
備考

詳細は下記URLへアクセスしてご確認下さい。

 

当法人サイト

https://amjapan.or.jp

 

研修サイト

https://amjapan.or.jp/training/index.php

 

問合せ先:一般社団法人アンガーマネジメントジャパン

メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

電話:042-401-5166

FAX:042-401-5166

追加情報

開催日程
①ブレインスポッティング(BSP)紹介ワークショップ  2019年9月1日(日) 13:30 (13:20開場)〜16:30(半日)  ②ブレインスポッティング(BSP) 公式phase1トレーニング 2019年11月2日(土) 10:00 (9:30開場)〜11月4日(月) 16:30 (3日間)
会場
ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター) 4F/オンライン(Zoomプログラム使用・参加者には使用案内があります)
テーマ
トラウマに対して脳の調整(制御)を「視点」により活性化させ【素早く】【根こそぎに】処理をする心理療法ブレインスポッティング(BSP)の紹介WSとトレーニング
備考

このたび大阪において、9/1(日)に「ブレインスポッティング(BSP)紹介ワークショップ in 大阪」、さらに11/2(土)~4(月)に「ブレインスポンティング公式phase1トレーニング in 大阪」が、ともにドーンセンター(大阪・天満橋)にて開催されることとなりました。

 

 トラウマに対して脳の調整(制御)を「視点」により活性化させる心理療法BSPは、EMDRのエキスパートであったDavid Grand博士によって、精神分析、SE、EMDR等の影響を受けて開発され、瞬く間に世界に広がり、そしていま日本にも広がりつつあります。

 

 トラウマを【素早く】【根こそぎに】処理をするブレインスポッティング(BSP)は、目と脳活動と身体の関連を基盤としています。複雑性PTSD、全般性不安障害やパニック障害など幅広い適応ができ、欧米の臨床研究におけるトラウマ療法の効果比較でも高い治療効果が認められています。

 

 この新しいサイコセラピーの治療概念を9/1(日)の紹介ワークショップ(半日)でお伝えします。

 

※「ブレインスポッティング紹介ワークショップ in 大阪(9/1)」(※受講費3,500円)

https://www.kokuchpro.com/event/aebb931d615c4d506962afb25f0322b3/

 

また、11/2(土)~4(月)のPhase1トレーニング(3日間)では、BSPの最も基盤となる理論と視点を特定するための具体的な3つの方法を学んでいただきます。

 

※「ブレインスポッティング公式phase1トレーニング in 大阪(11/2-4)」(※受講費71,500円/早割-5,000円&紹介WS特典-3,500円の場合)

https://www.kokuchpro.com/event/0d2610f94af5cb090d4409a5b2cf6e97/

 

 米国、欧州などを始め世界30か国以上で開催されている紹介WSおよびBSPphase1トレーニングですが、日本では東京、名古屋、札幌に続き、今回の大阪が関西初の開催となります。関西および西日本方面での紹介WSおよび公式トレーニングをご希望の方は、是非この機会をご活用ください。

 

 

★☆★【大阪BSP紹介WS参加者特典割引(3,500円WS割引+5,000円早割)】★☆★ 

※9/1(日)の大阪BSP紹介WSを受講された方(現地/オンライン)が、11/2(土)~4(月)に同じドーンセンターで開催される大阪BSP 公式phase1トレーニングを受講された場合、紹介WS参加費分(3,500円)が免除されます。

10/11までの早期割引(5,000円)のお申込みと合わせた場合、大阪BSP公式phase1トレーニングに、正規参加費80,000円のところ71,500円で受講できます。

詳細は以下の「こくちーず」HPまたはパンフレットをご覧ください。

 

<日程>

①ブレインスポッティング(BSP)紹介ワークショップ 

2019年9月1日(日)  13:30 (13:20開場)〜16:30(半日)

②ブレインスポッティング(BSP) phase1トレーニング

2019年11月2日(土) 10:00 (9:30開場)〜11月4日(月) 16:30 (3日間)

<場所>ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター) 4F/オンライン(Zoomプログラム使用・参加者には使用案内があります)

http://www.dawncenter.jp/top/index.jsp 住所:〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3-49

<定員>現地会場40名/オンライン10名

<参加資格> 医師・公認心理師・臨床心理士・心理系の大学院生・その他対人援助職 再受講枠へ参加の方

 

<申し込み方法> 下記「こくちーず」HPより申し込みください。

 

※「BSP紹介ワークショップ in 大阪」 (※受講費3,500円)

https://www.kokuchpro.com/event/aebb931d615c4d506962afb25f0322b3/

 

※「BSP 公式phase1トレーニング in 大阪」  (※受講費71,500円/早割&特典割引)

https://www.kokuchpro.com/event/0d2610f94af5cb090d4409a5b2cf6e97/

 

<講師> 鈴木孝信 (ブレインスポッティング・トレーニング・インスティチュート日本 代表、BSP国際トレーナー、アダムズ州立大学)

<主催> ブレインスポッティグ・トレーニング・インスティチュート 日本[BTI-J]

<コーディネーター> 西田正憲 (臨床心理士)

 

追加情報

会場
大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター)
テーマ
特別支援教育支援員養成講座
備考

NPO法人全国LD親の会主催 特別支援教育支援員養成講座開催のおしらせ

 

 NPO法人全国LD親の会では、発達障害等の障害のある児童・生徒への支援の充実、特別支援教育の推進、保護者のエンパワメント、障害のある幼児児童生徒に対する社会一体となった支援の充実に資することを目的とした事業の一環として、特別支援教育支援員の養成講座を開催しています。

 

 講師陣は、日本LD学会、特別支援教育士資格認定協会のご協力を得て、特別支援教育士SVの有資格者等を中心としています。特別支援教育支援員、学習支援員、介助員だけでなく、学童保育・児童デイサービス等で発達障害児の支援を行っている方等に必要な知識や技能を織り込んだ最適のカリキュラムです。多くの方のご参加をお待ちしております。

 

詳細は案内チラシ申込用紙をご覧ください。

 

 

追加情報

備考

 

日時:2019911()925() いずれも19:0021:30

 

講師:宮田 智基(関西カウンセリングセンター)

 

受講料:(2)一般7,000円 学生6,000

 

定員:30

 

会場:関西カウンセリングセンター 8階研修室(大阪市内)

 

申込:KIPPホームページからお申込みください。https://www.kippkyoto.org/セミナー-プラス-1/

 

 

 

内容:

 

1日目は、対人関係精神分析の中心的技法である『detailed inquiry(詳細な質問)』についてお話をします。『detailed inquiry』では、単なる情報収集を目的とはせず、クライエントの好奇心を喚起して体験探索に誘い、クライエントの情緒体験をともに吟味し、共有していくプロセスを重視します。そのために、どのようなポイントを、どのような言葉で尋ねてゆけばよいのかについて考えてみたいと思います。

 

 2日目は、「転移への取り組み方」を中心にお話をします。『detailed inquiry』が最も重要になる局面は、今、ここでの「転移・逆転移状況の吟味」であると言えます。自らの逆転移感情をもとに面接関係で何が起きているのかを吟味し、『detailed inquiry』をしながらクライエントの中核的な葛藤や情緒、対人関係のパターンを共同で探索していきます。そして、『解釈』をしてセラピストの理解を伝えたり、時にはセラピストの逆転移感情を開示したりすることもあるでしょう。そうした「転移への取り組み方」について考えてみたいと思います。

 

 なお、本セミナーは、2年前にKIPP精神分析セミナー・プラスで行ったものと同じ内容です。

追加情報

備考

 

日時:201987()821() いずれも19:0021:30  

 

講師:宮田 智基(関西カウンセリングセンター)

 

受講料:(2)一般7,000円 学生6,000

 

定員:30

 

会場:関西カウンセリングセンター 8階研修室(大阪市内)

 

申込:KIPPホームページからお申込みください。https://www.kippkyoto.org/セミ-プラス-1/

内容:

 

 

 

1日目は、初期面接のアセスメントの観点として、対人関係精神分析の『ケースフォーミュレーション』を中心にお話をします。サリヴァンのパーソナリティ理論には、『パラタクシス的歪曲』や『安全保障操作』、『セルフシステム』といった難解な用語がありますが、それらを平易な言葉でご説明したいと思います。初日に「知っておきたい対人関係学派の基礎知識」を網羅しておきたいと思います。

 

2日目は、初期面接の中でクライエントとどのようなやりとりをすれば良いのかという、「カウンセリングの立ち上げ方」についてお話をします。「主訴」の背景にある心理的要因を明確化し、クライエントの問題についての「見立て」を伝え、カウンセリングの目標を共有していくために、クライエントとどのようなやりとりをすれば良いのか?こうした「カウンセリングの立ち上げ方」の実際について、しっかりと考える時間にしたいと思います。

 

なお、本セミナーは、2年前にKIPP精神分析セミナー・プラスで行ったものと同じ内容です。