研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2019年11月17日(日)10:00~16:00
会場
倉敷市内の会場を予定(決まり次第ホームページにてご案内いたします)
テーマ
三角空間とヒステリー
備考

<対象>

医師、医学部生、臨床心理士、公認心理師、臨床心理士・公認心理師を志す大学生、大学院生、こころの臨床に関わる専門家

<参加申込>

下記ウェブサイトからお申し込みいただくか、メールにてお申込ください。メールでのお申込の際は①名前(ふりがな)②勤務先(学生は所属名)③職種④臨床心理士資格の有無をご記入ください。参加申込締切:1114日(

<参加費>

5,000円(学生:3,000円)

<症例募集>

症例検討会での症例を募集します。下記ウェブサイトからご応募ください。

積極的なご応募お待ちしております。

参加申込、症例応募ウェブサイト>

https://kurashikibunseki.wixsite.com/communtiy-action-gro

メールアドレス:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  

追加情報

開催日程
【日時】2019年9月8日(日)10:00 -16:00   9:45~10:00 受付 10:00~12:30:知識編:職場復帰支援の5つのステップ(厚労省、職場復帰支援の手引きより) 13:30~16:00:実践編:職場復帰、現場対応の実際(事例検討も含む)
会場
【会 場】港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F 高輪倶楽部      (JR品川駅高輪口より徒歩3分)       http://takanawa.club/access.html
テーマ
今さらきけない!職場復帰支援・休職者対応の入門編
備考

職場のメンタルヘルス対策において、職場復帰支援は大きなテーマです。

個人のメンタルヘルスのケアだけではなく、復帰後の業務パフォーマンスの発揮と再発予防を視野に入れたアプローチが重要になります。

個人のケアを最大限行いながら、組織視点での職場復帰支援を進めるには、何が必要なのか?

厚労省の示す職場復帰支援の5つのステップから基本的なアプローチを学び、職場の特性に合わせてどのように活用するのか、現場対応のコツをお伝えします。 

これから始める方にも分かりやすく、既に対応されている方にも有意義な内容で、「今さら聞けない」ようなこともカバーして分かりやすくお伝えいたします。

 

<セミナー参加者の声>

・産業領域ならではの、取らなければならない情報(勤怠、仕事パフォーマンスなど)があるということが印象に残りました。(O.H.様)

・具体例を交えながら話して下さったので、とてもわかりやすかったです

・基礎からやっていただいて、大変勉強になりました。

 

*******************************************

 

【講師】近藤雅子  

  (臨床心理士・公認心理師・精神保健福祉士・CEAP)

    ・合同会社労務トラストEAPコンサルティング部部長

    ・東京産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員  

    ・厚労省ハラスメント対策支援事業 コンサルタント                  

    ・国際医療福祉大学大学院 非常勤講師   

 

【参加費】

 1日参加 :一般14,000円/Mリスト会員10,000円/大学院生8,000円

 午前のみ:一般7,000円/Mリスト会員5,000円/大学院生4,000円

 午後のみ:一般7,000円/Mリスト会員5,000円/大学院生4,000円

*Mリスト会員: 口コミサイト「Mリスト」のサイトから、クレジットカード払いが可能です。

        入会は当社HPから手続きできます。

        (www.romu-trust.co.jpにて、<MリストのURLのご案内はこちら>をクリック)

 

【会   場】港区高輪3-25-22高輪カネオビル8F 高輪倶楽部

     (JR品川駅高輪口より徒歩3分) 

       http://takanawa.club/access.html

 

【参加対象者】臨床心理士、看護師、保健師、産業医、精神保健福祉士、公認心理師

         などの有資格者(取得見込みの大学院生も可)。

 

*臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントを申請予定(終日参加の方が対象となります)。

 

 

【お申込み方法】

 弊社ホームページのトップページにアクセスしてください。

       「合同会社 労務トラスト」www.romu-trust.co.jp

       <お申込みはこちら>をクリックすると申し込み入力画面が出てきます。

 

 

合同会社労務トラスト

  EAPコンサルティング部  

  〒108-0074東京都港区高輪3-25-22

   高輪カネオビル 5階

 

  〒106-0041 東京都港区麻布台2-4-5 メソニック39MTビル 4階

  社会保険労務士法人 迫田・村上リーゼンバーグ内

  URL:http://m.mkmail.jp/l/i/nk/j9tbg1cmtest

 

 

追加情報

開催日程
2019年10月13日(日)
会場
長岡病院
テーマ
認知行動療法の研修会
備考

【認知行動療法ワークショップ~うつ病の認知行動療法~】

 

今回のテーマは、うつ病の認知行動療法です。アセスメントの実際や、行動的技法・認知的技法の選択や適用方法について、基本から解説します。また、ワークをたくさん盛り込み、体験的に理解していただけるような研修会にする予定です。

 

日時:2019年10月13日(日)

    10:00~16:00

場所:長岡病院カンファレンスルーム

  (阪急西山天王山駅より徒歩3分)

料金:7,000円

対象:保健・医療・福祉・教育・産業・司法の専門職

    (大学院生も可)

講師:山出健博

    長岡病院 心理課

    公認心理師/臨床心理士

    厚生労働省 認知療法・認知行動療法研修修了

 

主催:長岡病院心理課

 

問い合わせ:

 長岡ヘルスケアセンター(長岡病院)心理課

 TEL:(075) 951 – 9201(代表)

 E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

※臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。

 

お申し込み

  ↓

https://goo.gl/Nk7rzE

追加情報

開催日程
2019年9月29日(日)10:00〜13:00
会場
大阪・京都こころの発達研究所 葉(高槻オフィス)
テーマ
観察法による心理的アセスメント
備考

構造化されていない場面で心理職ができることって何だろう?

 

認知行動療法や応用行動分析学などの行動理論に基づく観察手法やアセスメント方法について学びます。日頃のコンサルテーションやケース会議時に心理職として何を伝えればいいのか等、フィールドワークの中で明日からできることをお伝えします。

 

・日時:2019年9月29日(日)10:00〜13:00

・場所:大阪・京都こころの発達研究所 葉(高槻オフィス)

・定員:15名(先着順)

・受講料:3000円

・講師:平生 尚之(ひらお なおゆき)

資格:公認心理師・臨床発達心理士・特別支援教育士

所属:ひょうご発達障害者支援センター クローバー 加西ブランチ

・対象者:教育、福祉、児童の分野などでご活躍されておられる心理職等

 

▼お申し込みはこちらから

https://kokoro-you.com/professional/kensyuukai/190929kansatsu/

 

大阪・京都こころの発達研究所 葉(よう)

ホームページ:https://kokoro-you.com/

 

 

追加情報

開催日程
2019年10月27日~12月22日の毎週日曜日、全9回
会場
関西医科大学附属病院13階会議室(枚方市新町2丁目3番1号)
テーマ
マインドフルネスストレス低減法
備考
マインドフルネスストレ低減法(MBSR)8週間プログラム (2019年関西秋のプログラム)参加者募集
 
【日 時】2019年10月27日~12月22日の毎週日曜日、全9回 
   第1部: 12:30 ~ 15:00 (初日・最終日のみ 15:45終了) 
   第2部: 16:00 ~ 18:30 (初日・最終日のみ 19:15終了)
    *12月8 日は、第1部・2部合同で終日プログラム(10:30 ~ 17:00)
 
【場 所】関西医科大学附属病院13階会議室(枚方市新町2丁目3番1号)  
【定 員】各部15名程度
【講 師】マサチューセッツ大学医学部マインドフルネスセンター認定資格講師 2名 (内科医師および臨床心理士)
【費 用】7万円(学生の方および経済的な理由で参加困難な方のために、参加費の一部補助プログラムを用意しています。) 
【無料オリエンテーション】
9月8日(日)午後5時~6時半、9月16日(月・祝)午後5時~6時半にオンライン会議で実施致します。オンライン会議はスマホ、パソコンからご参加頂けます。参加手順はHPからお申込み頂いた方に配信いたします。いずれかの日もご参加が難しい場合には、スライド(会議ビデオ)をご覧いただき、参加を決めて頂いたら結構です。
 
詳細は下記のHPをご覧ください。
【問い合わせ&申込方法】
事務局メールアドレス: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  

追加情報

開催日程
令和元年9月16日(月・祝) 13:30~16:30
会場
京都府立総合社会福祉会館ハートピア京都
テーマ
家族の見立てと支援を学ぶ
備考

長年児童福祉分野で活躍され、家族療法、家族支援に取り組まれていた早樫先生による研修会を実施します。

家族を支援する際に必要な視点を学ぶとともに、家族との関係を構築し、必要な情報を聞き出す面接技術を、講義とグループワーク、ロールプレイを通して実践的に学んでいきます。

 

日時:令和元年9月16日(月・祝) 13:30~16:30

場所:ハートピア京都 視聴覚室

(京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車 5番出口)

費用:1000円(当日現金にてお支払いください)

定員:25名

申し込み方法:メールにてお申込みください。

件名に「研修申し込み」、本文に「氏名」「連絡先」をご記入ください。

定員超過等によりご参加いただけない場合のみ返信いたします。

メールアドレス:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

(京都府臨床心理士会 司法・福祉部局)

申し込み締切:9月12日(木)

追加情報

開催日程
2019年12月1日(日) 10:00~16:30 2020年2月23日(日) 10:00~16:30
会場
ローズWAM(茨木市立男女共生センター)
テーマ
『母子関係を学ぶ』
備考

人の心の成り立ちを理解するための母子関係理論や発達理論を集中講義形式で学びます。
1日目はスピッツやボウルビィに始まる理論を系統的に、
2日目はウィニコットの発達論と臨床を中心にして、
臨床素材やディスカッションを挟みながら学んでいきます。
子どもの臨床に携わる人にはもちろん、病態の重い成人クライエントに関わる人にも役立つ研修です。

 

【講 師】
寺井さち子先生(京都心理臨床研究所代表、龍谷大学・大学院非常勤講師)
深津千賀子先生(大妻女子大学名誉教授、千駄ヶ谷心理センター)

【定 員】35名程度(先着順)

 

詳しくはチラシ 

http://saitokodomo.com/doc/kensyu191201.pdf

お申し込み窓口

http://saitokodomo.com/kensyu1912.html
お問い合わせは、大阪彩都心理センター研修事務局

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までメールにて

 

追加情報

開催日程
全6回 第1回 2019年11月3日(日) 第2回 2020年2月2日(日) 第3回 2020年3月15日(日) 第4回 2020年4月26日(日) 第5回 2020年6月14日(日) ※第5回はオープンセミナーになっています。 第6回 2020年7月26日(日) 時間:各回とも13:30~17:30 第5回は13:00~18:00
会場
第1回、第4回、第6回はハートピア京都 第2回、第3回、第5回はハートンホテル京都
テーマ
発達障害を考えるー精神分析、そして発達研究と精神病理学から
備考

1回 「発達障害を考える―精神分析、そして発達研究と精神病理学から」概説

(講師:平井正三先生)

2回 児童期の発達障害―精神分析的心理療法からの問い―

(講師:脇谷順子先生)

3回 現代の思春期プロセスと発達障害

     ―ASADHDの精神分析的心理療法の実際とその可能性

(講師:飛谷渉先生)

4回 発達障害を持つ子どもと家族のアセスメントと親との取り組み

(講師:平井正三先生、サポチル専門会員)

5回 自閉症の精神病理―理解のための補助線

(講師:内海健先生)

ヴィゴツキーが、この現代に、自閉症を語ったら?

(講師:赤木和重先生)

  5回はオープンセミナーとして単回でもお申込みしていただけます。

6回 精神分析的アプローチと成人の自閉スペクトラムの問題

(講師:福本修先生)

申し込み〆切日:20191020 ()

申込方法:郵便局の振込用紙通信欄に①氏名 (ふりがな)、②住所、③電話番号・FAX番号・E-mailアドレス、④ご所属と職種 (臨床心理士の方は臨床心理士番号も)、⑤事例発表の希望(有・無・考慮中)、⑥研修証明書 (要・不要) ⑦基礎の基礎セミナー受講 (希望の有無)

を明記の上、参加費をお振込ください。

受講料:5万円 (院生・研修生は4万円) 受講料は返却いたしかねますのでご了承下さい。

振込先:郵便振替 009808150282

加入者名:NPO法人子どもの心理療法支援会 京都精神分析・臨床セミナー

5回オープンセミナーのみの申し込み方法

件名を「第5回オープンセミナー申込」として、以下の項目をこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までご連絡ください。①氏名 (ふりがな)、②サポチル正会員/非会員、③ご所属と職種、④お電話番号、⑤ (非会員の方のみ郵便番号と住所

参加費:サポチル専門会員 9500 / 非会員 10000 / ボランティア会員 8000 / 院生・学生 8500円 セミナー当日現金でお支払いください

参加申込後、2週間以内に申込受付メールをお送りいたします。

お問合せ:認定NPO法人子どもの心理療法支援会

Tel / Fax075-600-3238

E-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

詳しいご案内はHP (http://sacp.jpをご覧ください。

基礎の基礎セミナーは臨床セミナー受講者のみ申し込めます。

詳しくはHP内に掲載のパンフレットをご確認ください。

追加情報

開催日程
2019年9月8日(日)
会場
ウィングス京都 セミナー室A・B
備考

 

SEEDきょうと市民講演会

 

「拒食・過食を乗り越えて Part12~当事者だからわかること/回復者だから伝えられること」

 

【日時】令和元年98日(日)13時半開場、14時開演、16時半閉会

 

【場所】ウィングス京都

 

【参加費】前売1,500円 当日2,000円(SEED/プティパ関係者1,000円)

 

【参加定員】100名 先着順 空席の有無はそのつどSEEDきょうとHPに表記

 

 

SEEDきょうとの市民講演会は今年で12回目となりました。昨年開所したB型就労継続支援事業所「プティパ」が軌道に乗りつつある今、改めて当事者/回復者どうしでできることを考えてみたいと思います。

 

講師として、20年間苦しんできた摂食障害から回復され、この病の予防や啓発運動に取り組まれている編集者の林利香先生をお迎えして、摂食障害からの回復について当事者とともに語り合います。

 

 

(申込方法)

 

前売り券を希望される方は、①申込み、②振込みが必要となります。

 

① 申込み:メール、FAX、郵送のいずれかの方法で、

 

1.参加者人数と参加者全員の氏名

 

2.代表者の氏名・ご住所

 

3.電話番号(代表者のみ)

 

4.メールアドレス(代表者のみ)

 

5.参加者の内訳

 

6.お振込みの合計金額

 

を明記の上、ご連絡ください。

 

各種宛先

 

1.メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

2.FAX075-748-7834

 

3.郵送:〒600-8269 京都市下京区西八百屋町136ランドビル2階 

 

NPO法人SEEDきょうと 講演会担当 宛

 

② 振込み 

 

以下の振込先へ合計金額の入金をお願い致します。お振込みの名前は代表者名でお願い致します。

 

お振込み先

 

【銀行からの振込みの場合】 特定非営利活動法人SEEDきょうと

 

ゆうちょ銀行 普通預金 店名:四四八(ヨンヨンハチ) 

 

口座番号:4948299

 

【郵便局からの振込みの場合】 記号:14460 番号:49482991

 

申込みおよびお振込が確認できましたら、事前申込完了のはがきを郵送いたします。そのはがきは事前申込の証明となりますので、大切に保管いただき、当日受付にてご提示ください。期限が過ぎてからの申込みや振込みはお受けできませんのでご了承ください。

 

また、申込みがされていてもご入金が確認できない場合も、受付完了となりませんのでご注意ください。

 

追加情報

開催日程
2019年8月11日、12日他
会場
横浜高次脳機能診断法研究所 ( JR根岸線 根岸駅より徒歩数分)
テーマ
知能検査・神経心理学的アセスメント入門
備考

横浜高次脳機能障害診断法研修会のお知らせ

知能検査神経心理学的アセスメント入門

―認知症を中心にー

認知症とそのアセスメントの実際について学ぶ研修会です。

午前中は認知症とアセスメントに関する講義です。検査の選び方や所見の書き方など、臨床現場における認知症診断の実際を具体的に解説します。

午後は検査の演習です。 医療で使用されているほぼ全ての検査器具を備えてあります。 演習では皆様が

希望する検査を何種類でも器具を触りながら体験して頂けます。

経験者, 初心者を問わず認知症とその診断法について勉強したい方の受講申し込みをお待ちします。

1日のみの参加も可能です。臨床心理士の方は資格更新ポイント2日で4, 1日参加で2点獲得できます。詳しくはHPを参照して下さい。    http://members2.na.coocan.jp/index.html

 全 コースとも講師は横浜高次脳機能障害診断法研究会 主宰 中野光子です。

<講義内容> いずれも 初日  認知症と記憶障害             

2日目  検査の選び方 所見の書き方 

<演習可能なテストの種類> WAIS-4, WISC-4, 鈴木ビネーテスト, kABC, Frostig視知覚発達検査,

    Raven Standard Progressive Matrices, Raven Coloured  Progrssive Matrices, TOM, 標準失語症

検査, WAB, 田中Binet5, WMS-R, リバミード行動記憶検査, ベントン視知覚検査, MMS言語記憶

検査, 東大脳研式記銘力検査,  ベンダーゲシュタルトテスト,  クレペリン, 標準視知覚検査, 標準

注意検査法, 標準意欲評価法, RAVLT, RCFT, Cognistat, Wisconsin Card Sorting Test, BADS,

FAB ほか心理検査・ 神経心理学的検査各種

<会場> 横浜高次脳機能診断法研究所 ( JR根岸線 根岸駅より徒歩数分)

<時間> 10時~17      

<日程> 開講予定は以下の通りです。  全て横浜会場

82期 

8/11()12(月休)

83

中止

84

9/22()23(月休)

85

10/5()6()

86

10/13()14(月休)

87

11/3()4(月休)

88期    12/7()8(日)

<参考書> 拙著 「高次脳機能診断法」  山王出版  2,800円(絶版なので入手できる方のみ)

<参加費> 25,000円(学割,  repeater 20,000円),

1日コース 13,000円(学割,  repeater 10,000)

<申し込み法> 住所・氏名・所属・本研修会参加を希望する理由等簡単な自己紹介とどこで本研修会を

知ったかの情報を添えて以下に申し込んで下さい。 

<申し込み先> 中野光子  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。