研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2021 年 2 月 11 日木曜日
会場
原則として Zoom での参加。20名のみ、名古屋駅前「ウインクあいち」903 号室にて会場参加可。
テーマ
開業と他の現場との接点 ー複雑性トラウマを題材としてー

追加情報

開催日程
2021年2月7日(日) 10:00~16:30頃
会場
Zoom(オンライン会議ツール) or 後日の録画視聴
テーマ
すぐに使える行動分析学
備考

【第3回 オンラインCBTセミナー~すぐに使える行動分析学~のご案内】

 今回のテーマは、応用行動分析学です。ある行動をできるようにしたり、特定の行動を増やしたり減らしたりしたい場合で使える方法論です。本セミナーでは、とっつきにくいと思われている応用行動分析学について、できるだけ具体的な活かし方を紹介し、参加者の皆さまの普段の面接にすぐに役立てていただけるよう、分かりやすく解説する予定です。特に、子育てでお困りのクライエントに適用できますし、ご自身の日常生活の困りごと解消にも活用できるはずです。

 

 

日時:2021年2月7日(日) 10:00~16:30頃

場所:Zoom(オンライン会議ツール) or 後日の録画視聴

 

料金:

 A 2月7日のZoom参加 7,000円(カメラ・マイク必須,パソコン内蔵のもので可)

 B 後日の録画視聴     9,000円(2/14頃~3/15。くり返し視聴できます。)

 C AとBの両方    11,000円

 

   ※Aを選ばれる方は、BC用の録画に同意されたものとみなします。

 

対象:保健・医療・教育・産業・福祉・司法などの対人援助職

   (大学院生も可)

 

講師:河上雄紀

    長岡病院

    公認心理師/臨床心理士

    日本EMDR学会認定 EMDRトレーニング修了

 

   若井貴史

    哲学心理研究所 所長(哲学者)

    公認心理師/臨床心理士

    厚生労働省 認知療法・認知行動療法研修修了

    大阪経済大学・花園大学・立命館大学・関西福祉科学大学 非常勤講師

    滋賀県臨床心理士会 理事

    日本産業ストレス学会 理事

 

なお、若井の実績やプロフィール、過去のセミナー記録は、以下のサイトからご覧になれます。

  https://philosophy-psychology.com/results

  https://philosophy-psychology.com/profile

  https://philosophy-psychology.com/blog

 

主催・お問い合わせ:哲学心理研究所

   E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

※臨床心理士の資格更新ポイントを申請予定です。

 

お申し込み

 ↓↓

https://forms.gle/o3m1tiduMsRpuLr66

 

〆切:Zoomによる当日参加は定員に達ししだい締め切ります。

   後日の視聴参加は、2021年2月末日まで受け付けます。

 

【哲学心理研究所のご案内】

サイト:https://philosophy-psychology.com/

Twitter:https://twitter.com/Josef_Dietzgen

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC8QKkUuJiw5QoO2ho1t3LXg

 (過去のセミナーに寄せられた質問に答えている動画も公開しています。)

追加情報

開催日程
2021年2月7日(日)10:00~16:30
会場
Zoomミーティング
テーマ
セラピストの果たす役割を考える~クライエントの立場に立つこと~
備考

今年度(全6回実施)は、「セラピストの果たす役割」について事例を用いて学びます。

第5回目は、「クライエントの立場に立つこと」について、講義と事例をもとに、みなさんと一緒に考えていきます。

 

★講師 一丸藤j太郎

(ももやま心理相談室代表、日本精神分析学会認定心理療法士スーパーバイザー、William Alanson White Institute 公認精神分析家)

 

★参加費 8,000円

 

★申込み方法

 以下を明記の上、メールでお申し込みください。

 <件名>対人関係精神分析セミナーの申込み

 1.氏名

 2.臨床心理士、公認心理師の資格の有無

 3.電話番号とご住所(『対人関係精神分析のパイオニアたち』を送付します)

 4.申込みの回 第5回

 

詳しくは、心理相談室アフォーダンスのホームページを御覧ください。

追加情報

開催日程
2021年2月23日(祝・火)9:30~12:30
会場
ZoomでのWeb開催
テーマ
初回面接で何を読み取るかー臨床現場における観察と記述ー
備考

詳細につきましては、添付チラシ『2020年度公開講座チラシ』をご覧ください。

追加情報

開催日程
2021年4月1日~2022年3月31日
会場
たちメンタルクリニック・上本町心理臨床オフィス
備考

 たちメンタルクリニック・上本町心理臨床オフィスでは,下記の要領で研修生を募集します。

1. 研修期間:202141日より1年間。研修期間の更新は,1年単位で可能です(最長3年まで更新可)。ただし研修生はカウンセリングを担当することがありますので,期間途中での脱退は原則として認めません。期間中,研修生は週に1日,研修を行うものとします。

2. 募集人員:若干名

3. 応募資格:臨床心理士指定大学院の修了生またはそれに準じる者で,臨床経験があること。

      精神分析的実践に関心を持つ方。

4. 研修概要:クライエントに対するカウンセリング,心理検査(RT,描画テスト,WAISWISCなど)の実施,一般診察および集団精神療法(発達障害者,思春期を対象としたもの)の見学,症例検討会,その他勉強会への参加など。各研修生にはチューターが付いて,指導にあたります。

5. 登録費用:研修生としての登録費16,500円が必要です。

6. 収入について:研修生となった者は,自分が担当したケースについては,クリニックの規定に従いカウンセリング料金の一部が収入となります。

7. 選考方法:履歴書(研修歴を含む),これまでに自分が行った事例のうち1ケースをまとめたもの,志望動機を書いた文書をクリニックまでお送りください(2021123日必着)。書類選考の後、通過者とは日時を相談のうえ,面接を行います。最終的な選考結果は2月下旬までにお知らせします。

8. その他:たちメンタルクリニック・上本町心理臨床オフィスは,特に独立学派対象関係論の精神分析を基盤に臨床活動を行っている施設です。これまでに精神分析の講義を受けたことのない方は,精神分析に関するセミナーへの受講が必要となります。その際,こちらの推薦する講義への参加に際しては,割り引きを受けることができます。また,独立学派対象関係論に基づいたスーパーヴィジョンを受けることを推奨しており,スーパーヴァイザーの紹介も行っています。

 

たちメンタルクリニック・上本町心理臨床オフィス

543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル601

http://tachi-clinic.com

連絡先:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

追加情報

開催日程
2021年2月7日(日) 10時~17時 (Web受付開始9時30分)
会場
オンライン
テーマ
~新たなメディアで、みずから伝える~
備考

第14回日本性科学会 近畿地区研修会 
  ~新たなメディアで、みずから伝える~

 

開催日:2021年2月7日(日)10時~17時 (受付9時30分)

参加申込:https://forms.gle/gPhXWj9RjnWsKrbW7

お問い合わせ: 06-6346-0569  または このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

主催:日本性科学会

後援:NPO法人 関西GICネットワーク

詳細はこちらをご覧ください。

                 

              プログラム

 

10:00 開会式

10:10~11:00 
     アフリカ貧困村の産婦人科事情 〜漫談風レクチャー〜

           大阪なんばクリニック 藤田 由布 

11:00~12:00
     僕という性
           岡 笑叶

 

13:00~16:55 ~一歩踏み込んだジェンダー医療について~

 

 13:00~13:50
     ガイドラインに沿ったジェンダー医療の具体的方法

     〜意見書フォーマット・身体治療適応判定会議Web化
                       のこころみ〜(仮)

       新淡路病院 堀 貴晴
 13:50~14:40

     望まれる医療機関の対応と身体治療医の心構え 
       ナグモクリニック大阪 丹羽幸司

 15:00~15:50
     ホルモン療法の効果に対する心理的評価

       関西医科大学 織田裕行

 15:50~16:40
     性別に違和感を持つ子どもたちがトランスするということ
      ―医療とのかかわり― 

       大阪医科大学 康 純

17:00 閉会式

追加情報

開催日程
11/27~、12/4~、1/15~、2/12~、2/26~、3/12~、4/23~ ※公開期間はいずれも3日間
会場
当財団YouTube公式チャンネル
テーマ
不安症、パニック症、強迫症、うつ、発達障害に関するセミナーおよび克服体験発表
備考

いつも大変お世話になっております。

公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団事務局の西田と申します。

 

このたびは、当財団が過去に実施した一般向け、専門家向けセミナー等の各録画を毎月1~2本程度、YouTubeチャンネルにて3日間限定で公開いたしますので、お知らせいたします。

 

講演については約90分程度で質疑応答についても録画しております。

 

※2/12~2/15放映の「発達障害の理解と支援」は、講演・質疑応答のほか、杉山登志郎先生、松浦隆信先生などによるパネルディスカッションについてもご視聴になれます。

 

また、克服者の体験発表という貴重な動画も収録しております。

 

放映スケジュールは下記のとおりです。

-------------------------------------------------------------------------

★YouTube公式チャンネルにて視聴できます→ https://www.youtube.com/user/mentalnobu

 

※無料でご視聴いただけます。


【放映スケジュール】
①2020年11月27日(金)13:30~11月30日(月)12:00 
 第7回心の健康ビデオセミナー 森田療法による克服体験談(3)
 ・「対人恐怖症と強迫症の克服体験談」
 ・「パニック症と対人恐怖、抑うつ、不安の克服体験談」
 https://www.mental-health.org/v_seminar7.html

 

②2020年12月4日(金)13:30~12月7日(月)12:00  第8回心の健康ビデオセミナー
 「森田療法による不安との付き合い方」 講師:齋藤 直巳先生(元・斎藤神経科院長)
 https://www.mental-health.org/v_seminar8.html

 

③2021年1月15日(金)13:30~1月18日(月)12:00  第1回企業向けビデオセミナー
 「働く人のメンタルヘルスと森田療法―その理解と対応」 講師:北西憲二先生(森田療法研究所・北西クリニック院長)
 https://www.mental-health.org/v_seminar12.html

 

④2021年1月29日(金)13:30~2月1日(月)12:00  第9回心の健康ビデオセミナー 森田療法の克服体験談(4)
 ・「対人恐怖症と不完全恐怖症の克服体験談」
 ・「不安発作を森田療法で克服」
 https://www.mental-health.org/v_seminar9.html

 

⑤2021年2月12日(金)13:30~2月15日(月)12:00  第1回教育向けビデオセミナー 発達障害の理解と支援
 ・「発達性トラウマ障害への治療~C-PTSDへの簡易型トラウマ処理」 講師:杉山登志郎先生(浜松医科大学児童青年期精神医学講座客員教授)
 ・「発達障害支援に対する森田療法の活用~生の欲望の視点から」 講師:松浦隆信先生(日本大学文理学部心理学科准教授)
 ・パネルディスカッション
 https://www.mental-health.org/v_seminar13.html

 

⑥2021年2月26日(金)13:30~3月1日(月)12:00  第10回心の健康ビデオセミナー
 「精神療法の基本原理~森田療法と認知行動療法」 講師:森 則夫先生(元・浜松医科大学教授/現・福田西病院院長)
 https://www.mental-health.org/v_seminar10.html

 

⑦2021年3月12日(金)13:30~3月15日(月)12:00  第11回心の健康ビデオセミナー 森田療法の克服体験談(5)
 ・「疾病恐怖と雑念恐怖の克服体験談」
 ・「対人恐怖を森田療法で克服」
 https://www.mental-health.org/v_seminar11.html

 

⑧2021年4月23日(金)13:30~4月26日(月)12:00  第2回企業向けビデオセミナー
 「働く人のメンタルヘルス向上のために―森田療法を活用する」 講師:中村敬先生(東京慈恵会医科大学附属第三病院院長)
 https://www.mental-health.org/v_seminar14.html

-------------------------------------------------------------------------

以上のとおりです。

 

全編視聴できる3日間の期間中であれば、何度でも視聴できますので、この機会にぜひともご覧ください。

 

★YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/user/mentalnobu

 

 

公益財団法人メンタルヘルス岡本記念財団
〒530-0057 大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル7F
TEL 06-6809-1211  FAX 06-6809-1233
E-mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
★ホームページ https://www.mental-health.org

追加情報

開催日程
2020.12.11 19:00-20:30
会場
オンライン
テーマ
セクシュアリティ/ジェンダー
備考

今回は、日本のLGBTs支援の先駆者である鳴門教育大学の葛西真記子先生を講師にお招きしての講座です。

 

LGBTsや、多様な家族やライフスタイルで生きるひとびとに対してどのように支援行うかは心理臨床の場面でも重要なテーマになってきています。

 

さまざまな社会・文化的変容を経て、これまで不可視化されてしまっていた性的マイノリティの方の存在が社会の中で可視化され広く認知されるようになったことがその背景にあるでしょう。

同性婚の法制化も実現にむけて議論されるようになり、同性パートナーシップも全国64自治体で採用されるようになりました。(11/1現在)同性カップルで子どもをもうけるカップルや里親となる人も増えてきています。

また、2020年6月に施行された「パワハラ防止法(改正労働背策総合推進法)」では、「SOGIハラ」やアウティング(当事者の望まない性的指向・性自認の暴露)がパワハラとして含まれるようになっています。

 

LGBTsや、多様な家族やライフスタイルを生きるひとびとの社会での生きづらさは、これまでの「男女の恋愛があたりまえ」・「一組の父母のいる普通の家庭が普通」・「母らしさ・父らしさ固定的イメージ」といったジェンダーや恋愛・家族に対しての価値観が生み出す同調圧力が要因となっていると考えられます。

 

LGBTsに対しての支援の場だけでなく、どのようなクライエントさんに対しても、わたしたち心理臨床家がよりニュートラルで安全な態度で向かうために、それぞれが個人として持っているジェンダー・恋愛・家族の価値観を振り返り、改めてそのバイアスについて考えてみましょう。

 

開催日時:2020年12月11日 19:00-20:30

 

場所:オンライン

 

定員:25名

 

参加費:1500 円

 

ご参加はこちらから

→https://sora-05.peatix.com/

 

参加資格:臨床心理士・公認心理師有資格者、または資格取得のために在学中の学生・修了生

 

*入場は18:50から開始いたします。18:50~19:00 の間に出欠を確認しますのでご協力ください。

*開始後10分を超えた入場はご遠慮ください。入場管理に対応し かねる場合がございます。

 

 

講師:葛西真記子先生(鳴門教育大学)

 

司会進行:梨谷美帆(カウンセリング・ラボSORA) / 樋口亜瑞佐(愛知教育大学)

 

主催:カウンセリング・ラボSORA (counseling-lab.com)

 

講師紹介:葛西真記子先生

SAG徳島というセクシュアルマイノリティの方々の心理的・社会的支援に貢献し、性の多様性について社会の理解を促進するための援助を行うグループを2011年に立ちあげ、様々なイベントを企画し、個人・グループカウンセリングを行っている。

著書は「LGBTQ+の児童・生徒・学生への支援」(共著)誠信書房 「セクシュアル・マイノリティへの心理的支援」(共著)岩崎学術出版

 

追加情報

開催日程
毎月 第2日曜日 文献講読:13:00~15:00、症例検討:15:00~17:00
会場
ZoomとGoogleMeetをもちいたオンライン開催
テーマ
2021年度 横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)-ウィニコットと独立学派の臨床-
備考

【オンライン開催】2021年度 横浜精神分析研究会(文献講読と症例検討)-ウィニコットと独立学派の臨床-

●概要

皆様方には、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

横浜精神分析研究会では、これまで精神分析関連の論文を取り上げ、議論してきました。9年目となる今年はウィニコットと独立学派に関する一連の論文を取り上げます。ウィニコットの論文は2014年度に取り上げましたが、その時には取り上げられなかった論文やウィニコットに近い精神分析家の論文を読んでいきます。ウィニコットが構築した理論は平易な文章で書かれている反面、非常に多義的で、曖昧でもあります。しかし、その中に人間の本質に迫る含蓄がちりばめられています。またウィニコットをはじめ独立学派の精神分析家は人間性や情緒性、関係性を大切にします。一方では解釈というものに重きを置かない傾向があり、議論を呼んでいます。こうした観点を議論することは、我々の日々行っている臨床に深みと豊かさをもたらしてくれるでしょう。

文献講読の部では参加者で分担して担当論文を要約してもらいます。そして、その上で、講師である北川が論文の解説を行い、それを元に参加者全員で議論します。ちなみに現在では絶版になってしまっている書籍もありますが、そうした書籍については研究会で用意します。

症例検討については参加者の中から毎月1人が発表します。精神分析の症例には特に限りません。一般的な普通のカウンセリングを行っている症例発表で構いません。ただ、可能なら頻度や時間、方法などがある程度構造化された症例にしてもらえたらと思います。発表の方法は、最終2セッションの逐語記録やプロセスノートを持ってくるだけです。症例の概要やこれまでの経過をまとめてくる必要はありません。このことにより発表者の負担が減ると同時に、実際のやり取りを細かく検討することができます。

また、202181日には東京都済生会中央病院の白波瀬丈一郎先生をお招きして特別セミナーを開催予定です。

●スケジュールと取り上げる論文

2021

411 ウィニコット 原初の情緒発達(1945

59 ウィニコット 出生記憶、出生外傷、そして不安(1949

613 ウィニコット 移行対象と移行現象(1951

711 ウィニコット 精神分析的設定内での退行のメタサイコロジカルで臨床的な側面(1954

81 白波瀬丈一郎先生による特別セミナー

88 ウィニコット 本当の、および偽りの自己という観点からみた、自我の歪曲(1960

912 ウィニコット 交流することと交流しないこと(1963

1010 バリント 性格分析と新規薪き直し(1932

1114 フェアバーン 人格におけるスキゾイド的要因(1940

1212 ボラス 変形性対象(1979

2022

19 ケースメント 心の中のスーパーバイザー(1985

213 コルタート 楽しみながら生き残る(1993

313 オグデン 分析の第三主体(1994

●日時

毎月 2日曜日 文献講読:13:0015:00、症例検討:15:0017:00

●オンライン開催

文献講読ではZoomを、症例検討ではGoogleMeetを用います。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。

●参加資格

臨床心理士や医師、公認心理師などの守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生など

●臨床心理士のポイント

日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントについては、2021年度もオンライン開催でも可となるなら申請する予定です。

●日本精神分析学会

文献講読については、日本精神分析学会の認定グループに指定されており、認定資格を得るための要件を得ることができます。

●費用(支払い後の返金は応じかねますのでご了承ください。)

一般:25,000円、修士課程の院生:22,000

●申し込み方法

(1)名前 (2)なまえのふりがな (3)所属 (4)メールアドレス (5)保持資格 (6)日本精神分析学会の会員か非会員か、の6点を明記して、下記の問い合わせにあるメールアドレスまでご連絡ください。銀行口座をお知らせしますので、振込をしてください。振込を確認できた時点で申し込み確定となります。

●問い合わせ・申し込み先

横浜精神分析研究会事務局 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

北川清一郎(所属:心理オフィスK、臨床心理士、日本精神分析学会認定心理療法士)

●アドバイザー

岡達治 先生(岡クリニック院長、日本精神分析学会認定精神療法医・認定スーパーヴァイザー)

●主催

心理オフィスK、横浜精神分析研究会 https://s-office-k.com

●詳細

https://s-office-k.com/meeting