研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
11月6日(金)より毎金曜夜21時〜23時 全5回
会場
Zoom開催
テーマ
治療的アセスメント
備考

この11月、 ACTAでは初の『ACTA2020オンラインケースコンサルテーション』を行うことになりました。1つの成人のケースを毎週2時間ずつ計5回かけて学びます。

 アメリカからはMMPI の大家であるスティーブン・ E ・フィンが、イタリアからはEMP(早期記憶回想法)をイタリアで広めたエキスパートのフランチェスカ・ファンティーニが、そして東京からは中村紀子がロールシャッハを担当し、皆様のご自宅のパソコンで連続講義を行います。心理テストがクライアントに対する「共感の拡大鏡」としていかに活用できるかを学べる絶好の機会です。ご自宅でコンサルテーションを受ける貴重なこの機会をぜひご活用ください。

 治療的アセスメントのこれまでのワークショップへの参加経験は問いません。治療的アセスメントについてよく知りたい方、治療的アセスメントをもっと深めたい方、日本のケースが治療的アセスメントではどのように見立てられるのか知りたいという方も是非ご参加ください。

・講義は全て逐次通訳が付きます。

・参加者の皆様には、オンラインケースコンサルテーションの事前資料として各講師からテストについてのイントロダクションのVTRをお届け致します(youtube予定)添付の案内をご覧いただき、ぜひご参加下さい。

 なお、9/18迄のお申し込みにはお得な早割料金が設定されています。学生割引もあります。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

ACTA2020オンラインケースコンサルテーション日程>

① 11/6() 21:00~23:00

『オリエンテーション (事例概要と検討点の共有: WAIS、バウム、BDI)』 講師:中村紀子

② 11/13() 21:00~23:00

MMPI解釈、質疑応答』講師:スティーブン・E・フィン

③ 11/20() 21:00~23:00

『ロールシャッハ解釈、質疑応答』講師:中村紀子

④ 11/27() 21:00~23:00

EMP(早期記憶回想法) 解釈、質疑応答』講師:フランチェスカ・ファンティーニ

⑤ 12/4() 21:00~23:00

『まとめ』講師:スティーブン・E・フィン、中村紀子

<詳細>

◆申し込み締切り:20201016日(金)

◆対象者

:カウンセリング・心理療法を行なっている専門家であればどなたでも参加できます。

※【大学院生について】守秘義務を遵守できる心理アセスメントを学んでいる大学院生を指します。

(注)実際のケースを扱うオンライン講義となります。参加される方は家族など他者の出入りのない部屋で、イヤフォンを使用するなど参加者1人で視聴、受講できる環境であることを守秘義務誓約書にて誓約していただきます。

◆定員:50名程度

◆開催場所:Zoomを使ったリモート開催

◆費用

・早割: 918日(金)迄…¥28,000(一般)、¥15,000(院生)、¥26,000TAIメンバー)

・通常:1016日(金)迄…¥30,000(一般)、¥15,000(院生)、¥26,000TAIメンバー)

(注)料金は全5回分のオンラインケースコンサステーション参加料、資料代が含まれており、参加回数にかかわらず一律料金であることをご了承ください。

◆申込方法

HP上の「申し込みフォーム」https://www.asiancta.com/blank-1よりお申込み下さい。

追加情報

開催日程
LIVE視聴:2020年11月8日10:00~16:30予定 / 録画視聴:11/15~12/13
会場
オンライン視聴・録画視聴(YouTube限定公開)
テーマ
多職種連携・緩和ケアに役立つ包括的アセスメントと問題解決療法
備考

様々な不安やストレスを解消するために、医療現場や相談機関、がん患者支援やコンサルテーションの場面でも活用されている問題解決療法。今ここで、患者が直面している困難さと将来の目標設定に焦点を当て、クライエント/セラピストの協働作業によって解決へと導くアプローチ方法です。クライエントのそれぞれが抱える問題を解決するための5つのステップを、ワークシートを用いながら具体的に解説します。

※オンライン開催。オンライン視聴・録画視聴のみのご案内です。お持ちのスマートフォン、パソコンでお手軽にご参加いただけます。

※日本臨床心理士資格認定協会へ資格更新制度ポイント申請予定です。

 

【受講料】10,000

【講師】

講師:平井 啓 先生

 大阪大学人間科学部 臨床心理学専攻 准教授

〈プロフィール〉1997年大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程修了。1997年大阪大学人間科学部助手、同大型教育研究プロジェクト支援室・未来戦略機構・経営企画オフィス准教授を経て、2018年より大阪大学大学院人間科学研究科准教授。博士(人間科学)。2010年より市立岸和田市民病院指導健康心理士。公認心理師。

 専門は、健康・医療心理学、行動医学、サイコオンコロジー、行動経済学。2007年日本サイコオンコロジー学会奨励賞、2013年日本健康心理学会実践活動奨励賞を受賞。

 

【配信期間】オンライン視聴:2020118日(日)10:00~16:30予定(昼食休憩含む)

録画視聴:11/1512/13(なお、録画はお好きな時間に繰り返し何度でもご覧いただけます。)

【対象】

医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有識専門家および大学生・院生

【申し込み】

https://forms.gle/rArJ3Bi9bgiQwWQT9

HP
https://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2628

【お問い合わせ先】

Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2020年8月23日/10月18日10-16時
会場
Zoomミーティング
テーマ
「トラウマセラピー・神経自我統合アプローチ」Zoomセミナーのご案内
備考

 

トラウマの神経理論をベースに「生きづらさ」の正体としくみを知って、自分と上手につき合い、関係性を改善させる「神経・自我統合アプローチ」の入門講座・基礎講座を開催します。

この講座では、誰もが程度の差はあれ感じる「生きづらさ」を診断名ではなく、防衛策の在り方として見ていきます。
「生きづらさ」の原因が「未完了の防衛反応」、そして/または「未統合の防衛適応」の名残なのかをまずは査定します。そして、神経系の自己調整と耐性領域の拡張、自我強化や内的対話といった要素を「いつ、何を、どうやるか」を詳細に示していきます。

過去の名残の防衛反応/適応を「手続き記憶、手続き学習」としてい時でき、修正や修復が加えられるよう目の前の人と一緒に進んでいくには、4つのゾーンを把握し、細やかなメンテナンスが欠かせないのです。

過去の防衛策によって自他を傷つけずに済む方法を習得し、人間関係をWin-Winに導いていくことで、生きづらさを癒し、次の世代へのトラウマの伝搬・連鎖を防ぎましょう。

★研修概要★

【講 師】浅井咲子氏
【日 程】2020年 8月23日(日)10:00-16:00

               2020年10月18日(日)10:00-16:00
【対 象】臨床心理士、公認心理師などトラウマ被害者の心理支援に携わる専門家
     ※グループ実習あり
     ※全日参加可能な方
     ※臨床心理士資格更新ポイント申請予定
【参加費】入門講座・基礎講座2日間で22,000円
【定 員】先着30名
【受 付】女性ライフサイクル研究所ホームページ内申込受付フォームよりお入りください。
https://www.f-lifecycle.com/info/2020/07/000781.php


★講師プロフィール★
公認心理師・アートオブセラピー代表、SE™認定上級グループコンサルタント。
外務省在外公館派遣員としてロンドンにある日本大使館に勤務。その後渡米し、カルフォルニア州のジョンFケネディ大学院で、カウセリング心理学修士号(身体心理学)取得。2005年に米国でソマティック・エクスペリエンシング™療法に出会い、現在に至るまで、このトラウマ療法の普及に尽力。帰国後教育センター、企業内相談員として勤務。2008年から私設セラピストとしてアート・オブ・セラピーというカウンセリングルームを主宰し、内的家族システム療法(IFS)、統括的リソースモデル(CRM)などの療法も取り入れ、神経系に働きかけて症状を改善することを目指している。

翻訳書:『子どものトラウマセラピー』P.リヴァイン著(雲母書房、2010年)、『レジリエンスを育む-ポリヴェーガル理論による発達性トラウマの治癒』K,ケイン、S,テレール著(岩崎学術出版社、2019年)

 

著書:『「今ここ」神経系エコさサイズ』(梨の木舎、2017年)、『とても簡単!自律神経セルフメンテナンス』(特定非営利活動法人ratik,2015年)

 

近日販売予定:翻訳書『トラウマのよる解離からの回復』J.フィッシャー著。

 

追加情報

開催日程
2020年11月3日(火・祝)10:00~16:30
会場
オンライン上での開催(Zoomを用います)
テーマ
オンラインセミナー「ロールシャッハテストの実施・集計・解釈の実際」
備考

オンラインセミナー「ロールシャッハテストの実施・集計・解釈の実際」

■概要

 ロールシャッハテストについてのセミナーです。このセミナーはロールシャッハテストをまだ触ったことがない方、施行したことはあるがまだ件数が少ない方など初心者を対象にしています。

 ロールシャッハテストは医療機関や教育機関のみならず、さまざまな現場で使用されている投影法検査です。被検者のパーソナリティ、行動特性、思考様式、無意識の過程、対人関係パターンなど全般的な特性を把握し、分析し、セラピーに活かしていくことができます。ロールシャッハテストのスコアリング方式にはさまざまな種類がありますが、このセミナーでは片口式で行います。

 セミナーの第1部では「ロールシャッハテストの実施と集計と解釈についての講習」として、基本的な実施法や集計の仕方、一般的な解釈についてレクチャーします。第2部では架空のデータを用いて、スコアリング、得点の換算、集計、解釈までの一連の流れを説明します。なお、刺激図版の画面提示は行いません。

■講師

 島崎 裕美(臨床心理士、公認心理師、心理オフィスKカウンセラー)

■日時

 2020113日(火・祝)1000分~1630分(休憩 1230分~1400分)

■オンライン開催

 Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。

 ちなみに、参加者は基本的には顔や声は出ない設定にしていますので、ご安心ください。 

https://zoom.us/download

■当日に用意するもの

・片口安史(著)「改訂 新・心理診断法 ロールシャッハテストの解説と研究」金子書房 1987

・電卓

 上記の書籍をテキストとして使いますので、お持ちの方はご用意ください。しかし、このテキストがなくても理解できるようには工夫しています。

■参加費

 8,000 (注)振り込み後の返金は行っていません。

■参加資格

 臨床心理士、公認心理師、医師の資格を持つ方のみ。

■臨床心理士更新ポイント

 臨床心理士の更新のためのポイントを申請する予定です。

■ロールシャッハテスト受検体験

 ロールシャッハテストを受けたことがない方には、ロールシャッハテストの受検をすることができます。心理オフィスKの正規の料金になりますが、実施+レポート+フィードバック面接がセットで18,000円となります。希望者はご連絡ください。

■問い合わせ・申し込み

 参加希望者は以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「ロールシャッハテストセミナー参加希望」と明記して、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までメールしてください。その後、振込先を案内します。

・名前

・なまえのふりがな

・所属

・メールアドレス

・所持資格

■申し込み期日

 2020111日(日)まで。

■主催

心理オフィスK https://s-office-k.com/

横浜精神分析研究会( https://yokopsy.com/

■詳細

https://s-office-k.com/news/archives/231

追加情報

開催日程
毎月第1土曜日19:00~21:00
会場
GoogleMeetによるオンライン開催
テーマ
力動的グループスーパービジョン
備考

力動的アプローチを実践したい初学者のためのグループ・スーパービジョン

★概要

 この度、力動的アプローチをこれから実践しようとしている方、実践しつつある方のためにグループ・スーパービジョンを開催いたします。力動的アプローチに興味はあるが、どのように実践したら良いのか分からない、もしくはこのような実践で良いのか、等々の不安や悩みをもちながら日々の臨床をしている人も多いでしょう。

 このようなことを学んでいく上で、実際に個人でスーパービジョンや訓練分析を受けることがまずは非常に重要です。さらにその上で、このように似たような経験を持つもの同士が集まったグループでスーパービジョンを受け、仲間がどのように実践をしているのかに触れることも良い訓練になります。

 ここでのグループ・スーパービジョンはクローズドで、欠員が出たときに募集します。定員は5名です。発表する事例は特に構造化されていなくても構いません。そこからどのように力動的にしていけば良いのかを検討していきますので。是非この機会に参加していただければと思います。

★日時:

毎月 1土曜日の19:0021:00

★会場:

GoogleMeetを使用したオンライン上での開催

★参加資格:

臨床心理士や医師、公認心理師などの守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生などで、自分自身のケースを2回以上は発表できる人。概ね力動的な臨床経験が約5年以下の方を対象としています

★スーパーバイザー:

北川清一郎(心理オフィスK  臨床心理士 日本精神分析学会認定心理療法士)

関西大学大学院を修了後、主に精神科領域で仕事をしてきました。精神分析の中でもクライン派や独立学派の立場に共感しています。関心対象としては境界例や精神病といった重症の患者に対してどのように分析的に取り組めるのかについてです。

★費用:

13500

★定員:5

★申し込み方法:

(1)名前 (2)所属 (3)メールアドレス (4)臨床経験年数 (5)臨床心理士資格の有無、の5点を明記して、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までご連絡ください。欠員が出たときに連絡します。

★問い合わせ:

横浜精神分析研究会事務局このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。にメールをください。

★後援:

心理オフィスKhttps://s-office-k.com/

★詳細は以下のページ:

https://yokopsy.com/index.php/groupsv

追加情報

開催日程
○オンライン講習会 Aコース 日時:令和2年8月30日(日)~10月31日(土)  オンデマンド型遠隔授業  ○オンライン講習会 Bコース 日時:令和2年10月18日(日)~12月19日(土)  オンデマンド型遠隔授業
会場
ご自宅等(オンデマンド型遠隔授業)
テーマ
令和2年度オンライン公認心理師現任者講習会(JTA)
備考

関係者各位

 

平素は格別のお引き立てにあずかり、厚くお礼申し上げます。この度は、心理業務に携わる方々を対象として、「公認心理師現任者講習会(JTA)」を2020年8月、10月にオンライン開催いたします。

 

本講習会は、全30時間の法定研修です。新型コロナウイルス感染症感染拡大を予防するため、今年度の特例としてオンラインで実施されるものです。本講習会の遠隔授業の課程を修了し、国が定める現任者としての要件を満たした場合には、公認心理師国家試験の受験資格を得ることができます。

 

現在、Web応募を承っております。未受講の方のご応募はもちろん、お知り合いへのご周知も歓迎いたします。

 

▽講習会のお申し込みはこちら

https://kouninshinrishi.jtaonline.or.jp/

 

【公認心理師現任者講習会(JTA)3-11の概要】

○オンライン講習会 Aコース

日時:令和2年8月30日(日)~10月31日(土)

           オンデマンド型遠隔授業

会場:ご自宅等

定員:100名

費用:55,000円(税込み)

 

○オンライン講習会 Bコース

日時:令和2年10月18日(日)~12月19日(土)

           オンデマンド型遠隔授業

会場:ご自宅等

定員:1,900名

費用:55,000円(税込み)

※ 本講習会のお申し込みは抽選となります。定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

 

【公認心理師現任者講習会(JTA)の概要】

日本初の公認心理師現任者講習会を開催して以降、受講者満足度は3期連続95%以上(JTAの運営事務局に関する受講者アンケート「非常によかった」「よかった」の割合)。今回は、新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑み、受講者の皆様の安全・安心を確保するために、国内で初めてオンライン公認心理師現任者講習会を実施いたします。本講習会は、安定的な通信環境と顔認証が行える情報処理端末(カメラ付きのPCやタブレット、スマートフォン)等のご準備が必要となりますが、どなたでもお申し込み頂けます。JTAの講師・スタッフのほとんどは公認心理師です。今回も現任者による現任者のための講習会をお届けいたします。

 

【JTAについて】

JTAは、文部科学大臣・厚生労働大臣指定の公認心理師現任者講習会、ストレスチェック実施者養成研修、公認心理師賠償責任保険、公認心理師100人力SNS等の提供事業者です。公認心理師の職能団体(非営利型の一般社団法人)として、インターネットを介した心理業務の普及・啓発に努めるとともに、公認心理師(候補者)の育成に取り組んでおります。

 

追加情報

開催日程
【対面研修】2020年12月19日/【オンライン研修】2021年1月19日12:00~2月2日12:00
会場
TKPガーデンシティ渋谷 4階ホール4C
テーマ
2020年度WISC-Ⅳ研修会(初級編) ~所見作成の基礎を固め、ケース理解を深めるために~
備考

初心者向けの本研修会は、WISC-Ⅳをこれから取る方や取り始めたばかりの初心者の方、
また検査結果から支援を考える立場の方などを対象とした講義となります。
WISC-Ⅳの概要、行動観察のポイント、解釈の基本的流れ、検査結果から考える指導方針など、
検査事例を理解するために大切な基礎知識を学びます。
この度は、多くの方に学んでいただけるようにオンライン研修(後日配信)もご準備いたしました。
安住先生の現場での豊富な臨床経験をご教授いただける貴重な機会となりますので、
是非、たくさんのご参加をお待ちしております。

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

【講師】安住 ゆう子(特定非営利活動法人フトゥーロ・LD発達相談センターかながわ所長)

【日時・場所】
 <対面研修>
 ・日時:2020年12月19日(土)10:00~16:00
 ・場所:TKPガーデンシティ渋谷 4階ホール4C
  〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル4F
  (https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-shibuya/access/
 ・定員:50名

 <オンライン研修>
 ・配信期間:2021年1月19日(火)12:00 ~ 2月2日(火)12:00
 ・定員:300名

【参加費】10,000円(学生 8,000円)

【申込方法】下記アドレスの申込フォームから必要事項を明記の上、ご送信をお願いいたします。
 対面研修とオンライン研修では申込フォームが異なりますので、お間違いないようお願いいたします。

 <対面研修>
  https://ws.formzu.net/dist/S4938849/
 
 <オンライン研修>
  https://ws.formzu.net/dist/S91400695/

・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・

当研修会は、対面研修・オンライン研修ともに(財)日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士教育・研修規定別項2条(4)による研修ポイントが取得できます。(参加で2ポイント)
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

<お問い合わせ先>
〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野5-29-23
特定非営利活動法人 神奈川県メンタルヘルスサポート協会
WISC-Ⅳ研修会 事務局 小川/髙嶋
HP:https://www.msak.jp/
e-mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2020年11月~2021年9月(奇数月の日曜)13:00~16:00
会場
木立の文庫オフィス GROVING BASE 3Fイベントスペース(京都市下京区)烏丸駅・四条駅より徒歩10分程度
テーマ
からだの感覚に耳を傾けるフォーカシング対話法:研修
備考

わたしたちにとって“からだ”の感じは、人が生まれたときから身にそなわっている感覚ですが、社会の日常生活では、この身体感覚に目を向け「活用」することが少なくなってきています。

この研修では、身体感覚に今いちど目を向けて、“からだ”との対話を通して自分自身を理解することを試みます。そして、コミュニケーションにおいて身体感覚が重要であり、人と人とのつながりを促進するプロセスを体験します。その「対話」法のひとつとして、《フォーカシング》の世界へとご案内します。

フォーカシングのなかでも特に重要な「フェルトセンス」との関わりを通して、相手の身体感覚を理解し、実感として相手のことが分かる(共に感じる)感覚をつかんでいただければと思います。


◆講師◆
内田利広
京都教育大学教育学科教授、国際フォーカシングインスティテュート・コーディネーター


◆スケジュール◆
2020年】
1回:1122日(日) 
  身体感覚へのいざない~フェルトセンスとは?~
2021年】
2回:124日(日)
  身体感覚への関わり1~ショートフォーム~
3回:321日(日)
  身体感覚への関わり2~リスニングについて~
4回:523日(日)
  日常生活(仕事と家庭での生活)における身体感覚との付き合い方 
  ゲスト講師:永野浩二(追手門学院大学教授)
5回:725日(日)
  身体の感じを通した共感と傾聴~ビデオの分析~
6回:926日(日)
  からだにたずねる面接の実際~共感のトライアル~

◆参加費◆
・一般30,000円(原則6回通し参加)
      24,000円(前半13回のみ)

 その他、大学生・大学院生、日本フォーカシング協会会員の参加費についてはwebサイトでご確認ください。
https://kodachino.co.jp/seminar-school/focusing-1/

◆定員◆
20
名(最少催行人数:9名)

◆お申込方法・詳細案内◆
木立の文庫webサイト特設ページより
https://kodachino.co.jp/seminar-school/focusing-1/

追加情報

開催日程
2020年10月4日(録画配信 10/11~11/8)
会場
アスニー山科2階 実習室
テーマ
小・中学校におけるABA実践
備考

この度、当センターでは発達支援に係る専門職を対象としたスキルアップ研修を開催致します。

本研修では畿央大学 大久保賢一先生をお招きし、小・中学校でよくみられる子どもたちの行動問題の具体的な事例を用いながら、わかりやすくABA(※応用行動分析)について実践的に解説いただきます。ABAを用いて子どもたちの行動を理解し、ポジティブな行動を育む具体的な方法とコツを学びます。

スクールカウンセラー、教員、児童発達支援事業スタッフの方々はもちろん、教育・医療・福祉等に係る様々な他職種の方のご参加をお待ちしております。

 

※応用行動分析(Applied Behavior Analysis)は、世界的に特別支援、療育の領域で中心的な教育支援技術として使用されており、米国や英国の発達支援のガイドラインにおいて第一選択として推奨される最もエビデンスのあるアプローチです。

 

■ABA(応用行動分析)ワークショップ  ※オンライン参加(録画視聴)可能

内容:「3ステップで行動問題を解決する! ~小・中学校で役立つ応用行動分析研修~ 」

講師:大久保 賢一 先生 (畿央大学教育学部 現代教育学科 准教授) 

日時:2020年10月4日(日曜日)10時~16時30分 (5時間研修)

オンライン録画配信期間: 10/11(日)~11/8(日)迄

時間:10時~16時30分

会場:アスニー山科2F 実習室  (京都市山科区竹鼻竹ノ街道町92)

※新型コロナウイルス流行状況によりオンライン参加のみにご変更いただく可能性があります

費用:10,000円

申し込みURL:http://urx.blue/W6Dp

 

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。

追加情報

開催日程
①BSPオンライン紹介ワークショップ(オンラインのみ)(無料)(定員100名)(Zoom) 2020年8月2日(日) 13:30〜16:30 (13:00オンライン入室開始)   ②BSP 公式phase1トレーニング in 大阪(ドーンセンター/オンライン) 2020年9月20日(日) 10:00 (9:30開場)〜9月21日(月) 16:45 (2日間)
会場
①紹介WS(オンライン) ②トレーニング 現地会場(大阪ドーンセンター)/オンライン(Zoom)
テーマ
目と脳活動の関連を基盤とした、トラウマを【素早く】【根こそぎに】処理をする心理療法「ブレインスポッティング」(BSP)の紹介ワークショップ(オンライン/無料)と、公式phase1トレーニング(大阪/オンライン)のご紹介です。
備考

[BSP紹介WS(オンライン/無料) & phase1トレーニング(大阪/オンライン)] のご案内

トラウマに対して脳の調整(制御)「視点」により活性化させる心理療法BSPは、EMDRのエキスパートであったDavid Grand博士によって、精神分析、SEEMDR等の影響を受けて開発され、瞬く間に世界に広がり、そしていま日本にも広がりつつあります。

BSPトラウマ処理に非常に効果的なだけでなく、CPTSD、全般性不安障害、パニック障害など幅広い適応ができ、欧米の臨床研究におけるトラウマ療法の効果比較でも高い治療効果が認められています。

この新しいサイコセラピーを、/()にオンライン紹介ワークショップ(オンライン/無料)でお伝えします。また、/20()~21()に公式Phase1トレーニング(2日間)(大阪/オンライン)BSP最も基盤となる理論視点を特定するための具体的な3つの方法を学んでいただけることとなりました。

米国、欧州などを始め世界30か国以上で開催されているBSPphase1トレーニングですが、日本では東京、名古屋、札幌に続き、今回2度目の大阪での開催となります。関西および西日本方面でのトレーニングをご希望の方は、是非この機会をご活用ください。

※ブレインスポッティング(BSP)の詳細についてはこちらをご覧ください:https://peraichi.com/landing_pages/view/20200920to21phase1btij

<日程>

    BSPオンライン紹介ワークショップ(オンラインのみ)(無料)(定員100名)(Zoom

2020年8月2日()  13:3016:30 (13:00オンライン入室開始)

    BSP 公式phase1トレーニング in 大阪(ドーンセンター/オンライン)

2020年9月20日() 10:00 (9:30開場)〜9月21日() 16:45 (2日間)

<参加資格> 医師・公認心理師・臨床心理士・心理系の大学院生※1・その他対人援助職※2 再受講枠へ参加の方※3

<参加形式(トレーニング)>現地会場(大阪ドーンセンター)/オンライン(Zoom)※4

<定員(トレーニング)>現地会場25名/オンライン25名※5

<申込期間(トレーニング)>76日〜830日(早割)  91日〜911日(通常)

<講師>鈴木孝信(ブレインスポッティング国際トレーナー/杏林大学/アダムズ州立大学)

<主催>ブレインスポッティング・トレーニング・インスティチュート日本(BTI-J) http://btij.org/

<コーディネーター>西田正憲(臨床心理士)

※1 指導教官の推薦状が必要です。 

※2 BTI-Jにより認められた場合のみ参加可能です。事前の申し出がない場合、あるいは虚偽により参加の場合は修了証を発行できません。

※3 トレーニング再受講(37,500円)に参加できる方は再受講の方のみであり、過去にブレインスポッティングphase1トレーニングを現地で受講された方に限ります。

※4 オンラインでの参加にはzoomプログラム(無料)、ビデオ、マイクが必要です。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

※5 トレーニングでの現地とオンラインの参加方法については、申込フォームの必要事項アンケート項目の「参加形式の希望」で、現時点での希望をご選択ください。今後の情勢に鑑みて後日、参加方法を変更していただくことが可能です。また、現地ドーンセンターが利用不可となる可能性もあることをお含みおきください。

※懇親会の詳細は追ってご連絡します。今後の状況次第で変更・中止の可能性があります。

※臨床心理士の資格更新ポイント申請可能です。

<申し込み方法> 下記「こくちーず」HPより申し込みください。

「紹介ワークショップ8/() 13:01:0 ※無料(オンラインのみ)」 

https://www.kokuchpro.com/event/46781af7e94adaad278b0fe654c2f972/

phase1トレーニング9/20() 10:00 (9:30開場)〜21() 16:45 (2日間)

https://www.kokuchpro.com/event/da068113b2e3fc83c033c8c9773106cb/