研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2019年12月15日
会場
ウインクあいち 会議室(1002)
テーマ
第6回臨床行動分析カンファレンス
備考

【内容】

ー趣旨説明(10時00分~10時10分)ー

ーワークショップ(10時10分~12時00分)ー

 

    講師:今野高志(東海中央病院)

    タイトル:臨床行動分析におけるケースフォーミュレーションの実際(仮)

 

ー実践アイデア パネルディスカッション(13時00分~13時50分)ー

テーマ:行動測定のツール:アプリ・デバイスの活用

 

ー事例検討(14時00分~16時45分)ー

 

    事例検討①14時00分~15時15分

  事例提供:募集中

 

    コメンテーター:坂野朝子先生(同志社大学・実証に基づく心理・社会的トリートメント研究センター)

 

    事例検討②15時30分~16時45分

    事例提供:募集中

    コメンテーター:吉田賀一先生(兵庫医科大学病院)

 

ー次回開催アナウンス(16時45分~16時50分)ー

 

【参加費】

   お一人様 3000円

【参加資格】

     心理・医療領域の専門職、および大学院生 (守秘義務のある資格を持たない方は、当日受付にて、個人情報の保護に関する誓約書にご記名いただきます)

 

【定員】

 80名(定員となり次第、締め切らせて頂きます)

【参加申し込み方法】

  下記の参加申込みフォームから参加申込みの手続きを完了してください。

参加申し込みフォーム:https://ws.formzu.net/fgen/S68266247/

 

追加情報

開催日程
2019年11月10日(日)10:00~16:00
会場
長岡病院カンファレンスルーム(阪急西山天王山駅より徒歩3分)
テーマ
認知行動療法ワークショップ~はじめての応用行動分析~
備考

応用行動分析(ABA)は、行動を全体的に理解する方法です。行動を取り巻く環境や行動の連鎖を含めて分析することが特徴です。発達障害のある方の問題行動の解決のために用いられることが多いですが、医療や福祉、産業などの現場でも幅広く活用することができます。明日から使える基本的な知識をお伝えし、事例をとおしてABAの使い方を皆さまと一緒に考えていきますので、予備知識は不要です。ABAの初学者の皆さま、是非ご参加ください。

日時:20191110日(日)10001600
場所:長岡病院 デイケア棟2階 カンファレンスルーム(阪急西山天王山駅より徒歩3分)
料金:7,000
対象:保健・医療・福祉・教育・司法の専門職(大学院生も可)
講師:河上雄紀 若井貴史
   長岡病院心理課 公認心理師/臨床心理士
主催:長岡病院心理課

お問い合わせ:
 長岡ヘルスケアセンター(長岡病院)心理課
 TEL(075) 951-9201(代表)
 E-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

※臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。

追加情報

開催日程
2019年11月30日㈯
会場
大阪市北区浪花町 14-33 OM ビル2F 会議室
テーマ
教育現場に活かすアンガーマネジメントについて
備考

【企画趣旨】
アンガーマネジメントは、教育現場で自死予防やいじめ予防の心理教育プログラムとして注目されており、昨今授業に取り入れる学校が増えてきています。2019年度の中学校の道徳用教科書『明日への扉』には、アンガーマネジメントが記載されています。
 このように教育現場におけるアンガーマネジメントに対する関心の高さは、今年8月に京都で行われた学校臨床心理士全国研修会や、7月に発行された日本臨床心理士会雑誌87号におけるアンガーマネジメントの報告にも見てとれます。2019年6月に行われた日本心理臨床学会でのアンガーマネジメント授業の研究発表は、立ち見がでるほどの盛況ぶりでした(※日本臨床心理士会雑誌と心理臨床学会での報告は、ともにAMJのメンバーによる報告)。
 そのため、SCがアンガーマネジメントを習熟しておく重要度は高いと言えるでしょう。また、アンガーマネジメントは子どもの心理教育プログラムとして大変導入しやすいので、アンガーマネジメントを習熟しておくメリットは非常に高いと言えるでしょう。具体的な対応の提案スキルも向上すると思います。
 そこで、アンガーマネジメントについてしっかりと学んで頂けるよう、1日(6時間)研修で企画しました。
※本セミナーは臨床心理士研修ポイントを申請予定です。

 

【本セミナーで学べるアンガーマネジメントについて】
 本セミナーでお伝えするアンガーマネジメントの知識技法、そして研修のコンセプトは、AMJ(注釈を参照)が提供しているアンガーマネジメント研修をベースとしています。そのため、アンガーマネジメントについて包括的に学べる内容となっております。AMJが提供しているアンガーマネジメント研修は、その質の高さから、近年東京を中心に急速に広がりつつあります。

※AMJ…「一般社団法人アンガーマネジメントジャパン」の略称。子どもたちの将来を考え、真剣に「アンガーマネジメント」を普及したいと集まった臨床心理士らによって、2014年に設立されました。

 

 

【アンガーマネジメント1日研修内容】
① AMJ(アンガーマネジメントジャパン)が提供しているアンガーマネジメントについて紹介します。アンガーマネジメントについて包括的に学ぶことができます。
 ・ストレスマネジメント
 ・認知変容
 ・傾聴
 ・アサーティヴコミュニケーション
② ワークをたくさん取り入れ、体験的に学んでいきます。
③ アンガーマネジメント研修を学校現場で取り入れる際のポイントをお伝えします。
④ 表面的なアンガーマネジメントにならない工夫についてお伝えします。
⑤ アンガーマネジメントの教員研修や授業等、実践について報告します。


【セミナー概要】
セミナータイトル:アンガーマネジメント1日研修
日時 : 2019 年11月30日(土) 10時00分-17時00 分  ※うち12時ー13時は休憩時間。受付は9時40分~。
会場 : 大阪市北区浪花町 14-33 OM ビル2F 会議室
最寄駅 : 天神橋筋六丁目駅 ※10 号出口から徒歩1分内
対象者 : SC、もしくは SC に関心がある臨床心理士
定員 : 先着 20 名 ※定員に達し次第、締め切ります。
参加費 :8,000 円 ※当日、会場でお支払いください。
申込方法 : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 宛てに、「セミナータイトル」「お 名前」「ご連絡先」「SC 経験年数」「ご所属」「加入都道府県臨 床心理士会」を記入しメール。
※本研修は、臨床心理士ポイント申請予定です。


※【第6回現場で役立つSC養成セミナー スクールカウンセリング事例検討会】も参加受付中です。

倉光修先生(放送大学大学院臨床心理学プログラム教授、東京大学名誉教授)の指導を受けられるまたとない機会ですので、是非ご参加ください。

 

てだのふあカウンセリングルーム事務局
所在:大阪市北区浪花町 14-33 OM ビル 608
問い合わせ先:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2019年10月4日~12月13日、隔週金曜日(全6回)
会場
大阪府立大学I-siteなんば2階(大阪市)
テーマ
臨床実践に生かす心理アセスメント
備考

心理職の初の国家資格として導入された公認心理師は、学校、医療現場、司法領域、企業、児童福祉分野などの多様な領域で、臨床心理学的な視点からケースを見立て、他の専門職に助言を与えつつ、チームとして支援することが求められています。本公開講座では、公認心理師資格取得者あるいは取得をめざす人を対象として、心理アセスメントを心理臨床実践に生かす視点を身に着けるとともに、代表的な心理アセスメントの基本的な知識や技法を習得することを目的に、6回のシリーズを構成しました。描画法などの回では、実際にアセスメントを実施していただきます。

第1回 10月4日「心理アセスメントの実施の仕方
川原 稔久(大阪府立大学 教授)

第2回 10月18日「描画法1 ―バウムテスト
片畑 真由美(大阪府立大学 准教授)

第3回 11月1日「描画法2 ―風景構成法
髙橋 幸治(大阪府立大学 准教授)

第4回 11月15日「知能検査―WAISを中心に
川部 哲也(大阪府立大学 准教授)

第5回 11月29日「投影法―ロールシャハテストを中心に
橋本 朋広(放送大学 教授)

第6回 12月13日「精神医学的アセスメントケースマネジメント
総田 純次(大阪府立大学 教授)

 

申込方法 下記、大阪府立大学Webサイト「申込フォーム」からお申込みください。

定員 45名(応募者多数の場合は抽選)

受講料 12,000円(全6回)

締切 9月24日(火)必着

セミナー詳細は、こちらのWebサイトをご覧ください。

http://www.osakafu-u.ac.jp/event/evt20191004/

追加情報

開催日程
2019年10月6日(日)
会場
広島オフィスセンター会議室
テーマ
心理療法が演じられる舞台をどのように設定するのか
備考

講師:一丸藤太郎 WAWI公認精神分析家

スケジュール

 

 

10:00~12:30 講義

「心理療法が演じられる舞台をどのように設定するか」

13:30~16:30 事例検討

*日本臨床心理士資格認定協会研修ポイント取得可能

定員:30名

参加費 8000円(学生6000円)

メールでお申し込みください。

アドレス このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2019年10月26日(土)10時から17時
会場
貸教室・貸会議室 内海 2F教室(本館 東京学院ビル)東京都千代田区神田三崎町3-6-15
テーマ
セクシュアル・マイノリティ支援のための基礎知識
備考

 

セクシュアル・マイノリティ事例研究会主催 第7回ベーシックレクチャー

 

「セクシュアル・マイノリティ支援のための基礎知識」

 

 

近年、メディアでもセクシュアル・マイノリティに関するトピックが取り上げられる機会が増え、心理職が関わる各領域でもセクシュアル・マイノリティの方への心理的支援について関心が高まっています。本レクチャーでは、セクシュアル・マイノリティの方々を支援する際に知っておいた方がよい基本的な事柄、概念の整理や情報提供を行い、また支援を考えていくための視点を養います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

日時:20191026日(土) 10時から17時(受付開始 930分から)

 

対象:心理臨床家、精神科医、精神保健福祉士、臨床心理学専攻の大学院生など、各機関・現場で、

 

セクシュアル・マイノリティの心理的支援・心理療法に関心があり、守秘義務を守れる方。

 

(本レクチャーは、基本的な概念・知識を学びたい初学者を対象としております)

 

 

定員:50名(先着順)

 

参加費:(一般)6,000円 (大学院生)3,000

 

事前に振替口座にご入金いただきます。口座番号は、申込への返信メールに記載致します。

 

 

会場:貸教室・貸会議室 内海 2F教室(本館 東京学院ビル)東京都千代田区神田三崎町3-6-15

 

JR総武線「水道橋駅」徒歩1分、東京メトロ東西線「九段下駅」徒歩8分 (地図 裏面)

 

 

申込み:参加申し込みは、事務局へのメールにて受け付けております。申し込みフォームをお伝えします。

 

事務局E-mail  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 

 

ドメイン指定にご注意ください。

 

 

入力いただいた情報を確認の上、事務局より、郵便振替口座番号をご案内いたします。申し込みは郵便振替への振り込みをもって完了となります。 直前に入金された方は念のため、郵便振替の半券をご持参ください。

 

 

本研修会は、要件を満たした場合、臨床心理士資格更新のためのポイントを取得できるワークショップとして臨床心理士資格認定協会に申請予定です。

 

 

時 間      テーマ    講 師(敬称略)

 

10時から11

 

セクシュアル・マイノリティとは?      特定非営利活動法人SHIP カウンセラー 臨床心理士   長野 香

 

 

11時から12

 

トランスジェンダー・Xジェンダーの基礎知識 特定非営利活動法人SHIP カウンセラー 臨床心理士 片桐 亜希

 

 

12時から13時(昼 食)各自でお取り願います。持参された昼食を会場内で召し上がることもできます。

 

 

13時から1430

 

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル(LGB)のアイデンティティ発達の過程  

 

一橋大学保健センター 特任准教授 臨床心理士 柘植道子

 

 

 

1450分から17

 

架空事例を用いての事例検討、質疑応答 架空事例を用いた事例検討をおこないます。

 

小グループでのディスカッションも行う予定です。

 

 

<注意事項>

 

1,定員を超えた場合にはお断りすることがございます。

 

2.振込後、参加者のご都合によるキャンセルの場合、受講料をお返しすることができません。

 

3.事務局からの返信や振込口座のお知らせなどがしばらくお待ちいただいても届かない場合は、通信障害等の可能性がございますので、お手数ですが再度メールにてお問い合わせください。なお、その際には、ドメイン指定などの解除をご確認ください。

 

4.領収書が必要な方は、事務局まで事前にお申し出ください。

 

5.お申し込みの際にいただいた個人情報は厳正に取扱い、本会研修会の目的以外に使用いたしません。

 

 

申し込み締め切り : 20191019日(土)

 

 

問い合わせ先:セクシュアル・マイノリティ事例研究会 事務局

 

 E-mail  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

セクシュアル・マイノリティ事例研究会のメーリングリスト(今後の研修のお知らせや、登録者同士の情報交換にご利用いただけます。)への登録を希望される方は、メールにその旨もご記載ください。

 

 

追加情報

開催日程
2019年10月5日(土)10:00-16:30/10月6日(日)10:00-16:30
会場
ワイム貸会議室日本橋本町4-15-11市橋ビル3F/Zoomオンライン
テーマ
アドバンス・エンパシー(新しい共感)(10/5)/リソース・モデル(BSPアドバンステクニック)(10/6)」ワークショップ
備考

心理療法ブレインスポッティング(BSP)は、視野上の目の位置を特定することにより脳の調整(制御)を活性化し、トラウマを【素早く】【根こそぎに】処理する心理療法です。 

BSPは、EMDRのエキスパートであったDavid Grand博士によって、精神分析、SEEMDR等の影響を受けて開発され瞬く間に世界に広がり、日本には2014年に紹介されました。複雑性PTSD、全般性不安障害、パニック障害など幅広い適応ができ、身体的(Bottom up)アプローチ、強力な共感スキル、リソース活用スキルを獲得でき、臨床能力の飛躍的な向上が期待できます。

このたび「アドバンス・エンパシー」が東京で実施されます。また他のトレーニング等もあります。詳細はこくちーずなど(PDF&ビデオ)でご案内していますので、ご覧のうえぜひご参加ください。

  「アドバンス・エンパシー ~新しい共感~ in東京」(10/5)東京日本橋(東京駅から10分)

紹介ビデオhttps://www.youtube.com/watch?v=c1t8UT7bxxk&feature=youtu.be

※詳細案内https://www.kokuchpro.com/event/140cbf168212f2f571f188c5a3a8027e/

また、同会場において、翌日(10/6)にアドバンス・スキルの「BSPリソースモデル」もあります。

  「アドバンス・リソースモデルin東京」(10/6)東京駅BSPトレーニングphase2修了者)(アドバンス・エンパシーと同会場/翌日開催) ※特典:アドバンス・エンパシーとの同時申込でアドバンス・リソースモデル受講費5000円割引

https://www.kokuchpro.com/event/266f4d6fc22fdc22a493dd330e11287f/

大阪においては、関西初の公式phase1トレーニング(11/2-4)があります。

  「ブレインスポッティング公式phase1トレーニング in 大阪(11/2-4) ドーンセンター https://www.kokuchpro.com/event/0d2610f94af5cb090d4409a5b2cf6e97/

追加情報

開催日程
2019年11月17日(日)10:00~16:00
会場
倉敷市内の会場を予定(決まり次第ホームページにてご案内いたします)
テーマ
三角空間とヒステリー
備考

<対象>

医師、医学部生、臨床心理士、公認心理師、臨床心理士・公認心理師を志す大学生、大学院生、こころの臨床に関わる専門家

<参加申込>

下記ウェブサイトからお申し込みいただくか、メールにてお申込ください。メールでのお申込の際は①名前(ふりがな)②勤務先(学生は所属名)③職種④臨床心理士資格の有無をご記入ください。参加申込締切:1114日(

<参加費>

5,000円(学生:3,000円)

<症例募集>

症例検討会での症例を募集します。下記ウェブサイトからご応募ください。

積極的なご応募お待ちしております。

参加申込、症例応募ウェブサイト>

https://kurashikibunseki.wixsite.com/communtiy-action-gro

メールアドレス:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。