研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2018年11月23(金)~25日(日)
会場
名古屋都市センター
テーマ
視野上の目の位置からトラウマにフォーカスして処理を促す心理療法「ブレインスポッティング」の公式phase1トレーニングを名古屋で11月23(金)~25日(日)に実施いたします。
備考

 

【ブレインスポッティング 公式Phase1トレーニング in 名古屋(112325)】 のご案内

この度皆さまに、ブレインスポッティングというトラウマ療法のトレーニングについてお知らせいたします。

視野上の目の位置からトラウマにフォーカスして処理を促す心理療法「ブレインスポッティング」の公式phase1トレーニングを名古屋で1123(金)~25日(日)に実施いたします。

ブレンスポッティング(BSP)は、脳と身体と関係同調性に根差した新しいサイコセラピーです。

EMDRのエキスパートであったDavid Grand博士によって精神分析、ソマティックエクスペリエンシング(SE)、そしてEMDR等の影響を受けて2003年に米国で開発されました。トラウマ治療を中心に驚くほどの効果を上げてきていることが世界中から報告されてきており、身体的な痛みなども扱うことが出来ます。イップスの治療やパフォーマーの演技の向上にも応用できるなど、自由度が高く統合的な治療法であり、共感やマインドフルネスも中心的な役割を果たしています。ブレインスポッティングを学ぶことにより、臨床能力の飛躍的な向上につながったという声が多く聞かれています。
 日本には2014年に紹介されて以来、公式phase1トレーニングはこれまで3度東京で行われてきましたが、このたび初めて東京以外の地、名古屋で開催されることとなりました。この機会を是非ご活用下さい。

日 時: 20181123(金)~25日(日)(3日間のトレーニングです)
1
日目10:0016:3023日目9:3016:30
場 所: 名古屋都市センター(金山駅1分。ボストン美術館と同じビル内14階)/オンライン(再受講の方のみ)

http://www.nup.or.jp/nui/access/index.html


<トレーニング内容>
3
日間共に、レクチャー・デモンストレーション・実習を通じて習得します。
1
日目: 視野上にトラウマを見つける最も基本的な技法、アウトサイド・ウインドウBSP
2
日目: 来談者のフェルトセンスからトラウマを視野上に見つけるインサイド・ウインドウBSP、来談者が見つめる場所からトラウマを見つけるゲイズスポッティング
3
日目: 複雑な問題を抱える来談者の援助としてBSPを活用するリソースモデル 
定 員 :会場50名/オンライン10
受講料 :
《早期申し込み(~1031日まで)》 

75,000円(再受講は37,500円)
・オンライン(再受講の方のみ)4000

《通常申し込み(111日~16日まで)》

80,000円(再受講は40,000円)

・オンライン(再受講の方のみ)5000

受講資格 医師・臨床心理士・※1臨床心理士系の大学院生・※2その他 

※1 指導教官の推薦状が必要です。 

※2 BTI-Jにより認められた場合のみ参加可能です。事前の申し出がない場合、あるいは虚偽により参加の場合は修了証を発行できません。

※申し込み方法:

下記「こくちーず」HPより申し込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/679243e44a68d764b40fffef172b48a0/entry/

※ブレインスポッティングについての詳細な説明は、以下のページをご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/20181123to25phase1btij

問い合わせ先:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

講師 鈴木孝信(国際BSPトレーナー・BTI-J代表・ 東京多摩ネット心理相談室代表、赤坂クリニック心理士)
主催 ブレインスポッティグ・トレーニング・インスティチュート日本(BTI-J

現地オーガナイザー 西田正憲、山口力
※終了後、(公財)日本臨床心理士資格認定協会の研修ポイントの対象となるように申請予定ですが、ポイントが認められるかどうかは、研修終了後に決定しますことをご了承ください。

追加情報

開催日程
平成30年12月8日(土)・9日(日)
会場
徳島大学常三島キャンパス工業会館
テーマ
超高齢化社会に向けて生活習慣病とメンタルヘルス問題のためにできること
備考

この度、平成30年12月8日(土)・9日(日)の日程で第25回日本行動医学会学術総会を開催することとなりました(会場:徳島大学常三島キャンパス)。

【日時】平成30年12月8日(土)・9日(日)
【会場】徳島大学常三島キャンパス工業会館
【大会テーマ】超高齢化社会に向けて生活習慣病とメンタルヘルス問題のためにできること
【大会長】中尾睦宏(国際医療福祉大学)
【大会事務担当】古川洋和(鳴門教育大学)
【URL】https://25thjsbm.wixsite.com/25th-jsbm

 

 

追加情報

開催日程
2018年12月16日
会場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
テーマ
第4回臨床行動分析カンファレンス
備考

今回の臨床行動分析カンファレンスは東京での開催になります。

午前中にセルフモニタリングに関するシンポジウム,午後には事例検討を2題予定しております。

多くの方にご参加いただけますと幸いです。

追加情報

開催日程
2018年10月8日
会場
神戸女学院大学 S-19教室
テーマ
CARE専門家ワークショップ
備考

子どもと大人のきずなを深めるプログラム「CARE」を学ぶ,子育て支援の専門家・スタッフに向けたワークショップです。

 

お申込み方法・参加費

8月27日~9月14日にメール

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

宛てに以下の点を記載し申し込んでください。

 

初回受講者

 参加費:一般→5000円

     院生・本学大学院修了生→4000円

初回受講者申込記載事項

1.氏名(漢字+ローマ字表記)

2.性別

3.ご所属および職種

4.連絡先メールアドレス

5.参加形態(初めてCAREのWSに参加される方は 受講者 とお書きください)

6.今回のWSをお知りになったきっかけ

7.過去の抽選もれ(あればご記載ください)

 

オブザーバー受講者

 参加費 2000円

 (今回トレーナーのオブザーバー参加はありません)

オブザーバー受講者申込記載事項

1.氏名(漢字+ローマ字表記)

2.性別

3.ご所属および職種

4.連絡先メールアドレス

5.参加形態:1回以上CAREのWS参加経験のある方は必ず「オブザーバー」と明記ください

6.前回のWS参加の年月日とトレーナー名をわかる範囲でお書き下さい

 

追加情報

開催日程
2018年10月7日(日)
会場
京都アスニー4階ホール
テーマ
講演会
備考

NPO法人SEEDきょうと(http://seedkyoto.net/)は京都における摂食障害の当事者やその家族を支援する団体であり、家族教育、家族会、当事者支援、講演会などの活動を行っています。
SEEDきょうとの市民講演会も、11回目を数えます。私たちの運営する作業所「プティパ」は、平成30年4月に就労継続支援B型事業所に認可され、さらに活動の幅を広げようと日々努力しています。今回の講演会には、プロフィギュアスケーターの鈴木明子さんをお招きしました。摂食障害を克服し世界の第一線で活躍された鈴木さんといっしょに、摂食障害という病気と、そこからの回復について、考えてみたいと思います。ぜひ多数お集まりください。
詳しくは、ホームページに掲載しておりますチラシをご参照ください。

 

追加情報

テーマ
2018年度9月以降開催講座(集中講座 夜間講座)
備考

【講座情報・申込み・問合わせ先】

◆ホームページ https://www.my-kokoro.jp/

   「研修講座」の「お申込みについて」参照

◆電話でのお問合せ TEL:03-3986-7021

    火曜日~土曜日 9時~17時


明治安田こころの健康財団 講座係

所在地:〒171-0033 
          東京都豊島区高田3-19-10
E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
FAX:03-3590-7705
TEL:03-3986-7021

※詳細はホームページからご確認下さい。

追加情報

開催日程
平成31年2月23日(土)午後 、24日(日)9:00~17:00
会場
和歌山JA会館(JR和歌山駅徒歩1分)
テーマ
周産期からの虐待防止
備考

一般演題募集のお知らせ

平成31年2月23日、24日に開催予定の第4回の近畿周産期精神保健研究会では一般演題を募集することになりました。

(研究会の詳細につきましては、第一報の参照をお願い致します;http://www.osccp.jp/informaiton/work-shop/item/792-2018-07-11-04-05-12.html)

メインテーマにとらわれず、多職種がかかわり母子のきずなを支えてきた事例や取り組みについてご発表頂ければと思います。多くの皆様の応募をお待ちいたします。

演題募集期間

平成30年 8月 16日(木)   

演題募集期限
  平成30年10月12日(金)まで

一般演題:多職種がかかわり母子の絆を支えてきた事例あるいは取り組み等

 

詳細につきましては、添付ファイルをご覧ください。

追加情報

開催日程
2018年9月16日(日)12:00-16:45
会場
京都アスニー(京都市中京区聚楽廻松下町9の2)
テーマ
第5回 日本ユング心理学会(JAJP)研修会
備考

 

◆研修内容:以下の6分科会を行います。

 

 

1)セッションⅠ(1200-1415

 

〈事例検討1〉 川戸 圓(川戸分析プラクシス)

 

「物語は存在するか」

 

〈事例検討2〉 田中 康裕(京都大学大学院教育学研究科)

 

「夢(dream)と夢見ること(dreaming)」

 

〈基礎1〉   北口 雄一(北口分析プラクシス)

 

「「自我」とは何か、ユング心理学からの再考」

 

 

2)セッションⅡ(1430-1645) 

 

〈事例検討3〉 河合 俊雄(京都大学 こころの未来研究センター)

 

「身体症状とコスモロジー」

 

〈事例検討4〉 桑原 知子(京都大学大学院教育学研究科)

 

「学校臨床における「関係」について

 

 ~ユング心理学の考え方を手がかりに~」

 

〈基礎2〉   山口 素子(山口分析プラクシス)

 

「元型 コンプレックス 心の構造」

 

 

詳細は「研修会案内」(PDF)をご覧ください。

 

http://www.jajp-jung.info/images/workshop_5th_guide.pdf

 

◆参加費:学会員 4,000円 非会員 7,000円 大学院生(非会員) 5,000

 

◆定員:180

 

◆申込方法:参加・発表申込フォームで受付いたします。

 

https://www.shingensha.com/jajp-jung/mkform/acc.cgi?id=153060512069307

 

 

*ホームページ<http://www.jajp-jung.info/>のお知らせ欄からも

 

ご確認いただけます。

 

 

ぜひご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

<お申し込み・お問い合わせ>

 

日本ユング心理学会(JAJP)事務局

 

541-0047大阪市中央区淡路町4-3-6新元社内

 

e-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

fax: 06-7632-4221