研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2018年7月27日(金)~7月29日(日)
会場
龍谷大学大宮キャンパス・メルパルク京都
テーマ
言の葉のウチとソト
備考

【日時】2018727日(金)~729日(日)

727日(金):ワークショップ

728日(土):基調講演・シンポジウム・演題発表・自主シンポジウム・懇親会

729日(日):シンポジウム・演題発表・自主シンポジウム

【会場】

龍谷大学大宮キャンパス(ワーク兼大会会場)・メルパルク京都(ワークショップ会場)

【大会基調講演】

講師:森山 卓郎(早稲田大学文学学術院教授、京都教育大学名誉教授)

テーマ 「京言葉から考える日本語のコミュニケーション」

(基調講演の後半には、森山先生を中心に「京都なんでも講座」(仮題)を企画しております。)

日本語には、地方ごとの豊かな言葉のバリエーション、すなわち方言があります。どの方言も、極めて貴重な言葉の伝統であり、また、その地方の生活に根ざした文化でもあります。

京都市の方言(京言葉)は関西方言の一つですが、千年の都の地であること、今の共通語とは違うことなどの特性があり、日本語のコミュニケーションについて考えるにあたって、一つの興味深い視座を与えてくれます。

今回は、京言葉の発音が示す文化の重み、京言葉の文法から見えてくる言語の多様性やその奥にある論理性、京言葉の語彙から考える文化との関わり、京言葉の運用論的な観点から見る「京都的気配り」など、様々な切り口から、京言葉を取り上げてみたいと思います。そして、そこから、言語の多様性、ことばと文化の関わり、表現と意味解釈の問題など、コミュニケーションを支える「日本語」の重要性と面白さを検討できればと思います。

【ワークショップ】

①ブリーフセラピー入門〜効果的な臨床実践の「妙薬」を手に入れよう!

安江 高子(関内カウンセリングオフィス)/ 松島 淳(佐賀大学医学部精神医学講座)

②未来をつくる学校臨床~明日から活かせる「解決志向」の実践!

黒沢 幸子(目白大学人間学部、KIDSカウンセリング・システム)

③解決志向アプローチの基礎解決を育む会話の技法

田中 ひな子(原宿カウンセリングセンター)

④ブリーフセラピーの立場に立った臨床動作法の工夫

吉川 吉美(愛知学院大学心身科学部)

taking up one’s worries as an invitation to dialogues:ダイアローグへの誘い(いざない)、自らのウォリーを取り上げること

白木 孝二(Nagoya Connect & Share)/ 長沼 葉月(首都大学東京)

⑥エリクソン催眠入門

津川 秀夫(吉備国際大学)

気になる子とその教育の現場とつながるための気づきと対話を考える

滋野井 一博(龍谷大学文学部)/ 小正 浩徳(龍谷大学文学部)

SCAT入門(注:本ワークショップの参加申し込みは学会員のみとさせていただきます)

大谷 尚(名古屋大学)/ 安藤 りか(名古屋学院大学)

⑨文脈の重要性理解から ラインbyラインで分析の初歩まで-EMCA入門-

樫田 美雄(神戸市看護大学看護学部)

【お申込方法】  

大会専用HP参加申し込みフォーム(https://kyoto2018.jabp.jp/guide.html)よりお申込みください。ワークショップ、学術大会共に非学会員の方からの参加もお待ちしております。

また当日会場での受付(当日受付)も可能です。

(※ワークショップ・懇親会は定員に達し次第受付締め切りとなりますのでご了承ください。)

【参加費】

・学術大会(事前/当日):学会員(7000円/9000円)、非学会員(8000円/10000円)、学生(5000円/6000円)

・ワークショップ(事前/当日):学会員(7000円/8000円)、非学会員(8000円/9000円)、学生(5000円/6000円)

【大会専用HPhttps://kyoto2018.jabp.jp/index.html

【資格更新ポイント】

本大会では、各種資格の更新ポイントが取得できます。

・臨床心理士資格更新ポイント(ワークショップ2ポイント、大会参加2ポイント)

・日本精神神経学会精神科専門医制度における精神科医専門医資格の更新単位(ワークショップ、基調講演)

・日本心身医学会専門医・認定医療心理士制度における専門医・認定医療心理士資格更新単位(認定予定)

【お問合せ先】

600-8268 京都府京都市下京区七条大宮大工町125-1龍谷大学文学部 赤津玲子研究室内

日本ブリーフサイコセラピー学会第28回京都大会事務局

e-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
平成30年7月22日(日)10~16時
会場
八洲学園大学9階9A室(〒220-0021 横浜市西区桜木町7-42)
テーマ
ウィニコットの母子関係論と治療論
備考

 

横浜精神分析研究会 7 特別セミナー

 

力動的セラピストになるために File.7

 

ウィニコットの母子関係論と治療論

 

 

■案内:

 

 小児科医であるウィニコットWinnicott,D.W.はこころの発達について<依存>を中心に掲げた。つまり、彼は<ひとりの赤ん坊なんていやしない。母と子のカップルがいるのだ>とし、フロイト,S.やクライン,M.以来の伝統的な精神分析による内的対象関係論ではなく、現実の母子関係に注目したのである。そしてこころの発達を出生後すぐの<絶対依存>の段階から<相対依存>、そして<自立に向けて>という三段階に分け、特に人生早期の環境による抱えることの失敗がある事例については<依存への退行>が必要であることを主張した。彼自身の事例記録の「抱えることと解釈」(北山修監訳)やマーガレット・リトルによる「精神病水準の不安と庇護-ウィニコットとの精神分析の記録」(神田橋條治訳)などにその治療者-患者関係の具体例を見ることができる。いわゆる<いつわりの自己>で生きてきたクライエントたちであり、このようなシゾイド・パーソナリティの心理療法における治療者-患者関係、その治療論について考えたい。

 

 

■講師の先生のご紹介:

 

深津 千賀子 先生

 

 横浜国立大学卒業。慶應義塾大学医学部精神神経科助手、中京大学心理学部教授、大妻女子大学教授、国際医療福祉大学教授を歴任。臨床心理士、日本精神分析学会認定スーパーバイザー。現在は千駄ヶ谷心理センター、大妻女子大学(名誉教授)。著書には「臨床心理士のための子育て支援基礎講座」(共著)(創元社)、「現代のエスプリ別冊<ウィニコットの世界>」(共著)(至文堂)、「阿闍世コンプレックス」(共著)(創元社)など。

 

 

■日程:

 

平成30722日(日)

 

1000分~1230 1部:講義

 

1330分~1600 2部:事例検討

 

 

■会場:

 

八洲学園大学99A室(〒220-0021 横浜市西区桜木町7-42

 

・横浜駅(東口)から徒歩10

 

・横浜市営地下鉄「高島町」駅から徒歩1

 

・横浜高速鉄道みなとみらい線「新高島」駅から徒歩5

 

・京浜急行「戸部」駅から徒歩5

 

http://www.yashima.ac.jp/univ/information/access.php

 

 

■参加資格:

 

 臨床心理士や医師、看護師、保健師、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、社会福祉士、精神保健福祉士、保育士、教師。等の守秘義務をもつ専門家、臨床心理系大学院生等。公認心理師資格試験受験予定者など。力動的臨床を実践しようと思っている/実践しはじめたばかりの初心の方から、既に経験を積んでおられる方々まで幅広い経験の方が研鑽できる内容となっております。

 

 

■臨床心理士ポイント:

 

日本臨床心理士資格認定協会の資格更新ポイント(2-4)に申請予定です。

 

 

■費用:

 

7,000円(修士課程の大学院生は6,000円)

 

 

■定員:

 

60名程度(先着順です)

 

 

■申込方法:

 

(1)名前(2)所属(3)メールアドレス(4)臨床心理士資格の有無、を明記して、以下までご連絡ください。銀行口座をお知らせしますので、振込をしてください。振込を確認できた時点で申込確定となります。

 

 

■事例発表者の募集

 

 セミナー後半の事例検討に事例を発表してくださる方を募集しています。発表事例の条件としては、個人セラピーや個人カウンセリングの事例でお願いします。メールや電話、スカイプ、集団で行なっている事例は不可とします。発表レジュメは、事例の概要、生育歴、家族歴、治療構造、治療プロセスなどを8000文字以下ぐらいでまとめてもらいます。

 

 深津先生に事例コメントをもらえる貴重な機会です。ただ参加して講義と事例を聞くだけではなく、発表してより深く勉強してもらえたらと思います。発表希望の方は参加申し込み時に事例発表希望とどこかに書いておいてください。

 

 

■申し込み先:

 

北川清一郎 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

■主催:

 

横浜精神分析研究会 https://yokopsy.com

 

 

■後援:

 

心理オフィスK https://s-office-k.com

 

 

■詳細:

 

https://yokopsy.com/index.php/seminar

 

追加情報

開催日程
7月29日(日)・30日(月)/8月4日(土)・5日(日)
会場
東京ファッションタウン(TFT)ビル東館 9階研修室 
テーマ
7月29日(日)・30日(月)C 子どもと関わる先生のための家族支援講座/8月4日(土)・5日(日)J 発達の評価を学ぶ
備考

 

☆その他にも様々なテーマで講座を行っております。詳しくはHPをご覧ください。

 

追加情報

開催日程
2018年11月11日(日)13:00~16:00
会場
京都テルサ セミナー室2.3
テーマ
ことばによる思考を超える心の機能と心の変化
備考

◆講師:Rudi Vermote(京都大学大学院教育学研究科客員教授/ルーベン大学精神医学センター部門長)

◆受講料:3,500円

◆定員:100名

◆問合せ先:

 京都大学大学院教育学研究科附属臨床教育実践研究センター

 TEL:075-753-3052

 FAX:075-753-3018

※詳細は添付資料をご参照ください。

追加情報

開催日程
全5回構成(7月22日(日)、9月30日(日)、11月18日(日)、1月20日(日)、3月17日(日)、いずれも10:30~16:30)
会場
京都文教大学、もしくは京都駅周辺
テーマ
組織心理コンサルテーション
備考

 

 

 

 

事業を継承した二代目経営者と、従業員の関係がうまくいかない。合併した会社の中で、複数の企業風土が融合しない。専門職間の相互理解がなくチームワークが取れない。離職者が絶えない、など組織が抱える課題はいたるところにあります。組織心理コンサルテーションは、こうした組織の問題を、水面下の心理に着目しながら、改善を目指す取り組みです。

 

 

私たちは、ニューヨークのホワイト精神分析研究所の組織プログラムの講師陣より学んだ知識と技術をもとに、臨床心理士と中小企業診断士の知見を総合し、日本における実践を試みています。この連続セミナーは、組織心理コンサルテーションの知識と技術を、より多くの方々に習得していただけるよう、体験型の演習をふんだんにとりいれながら、基本的な概念ツールを学んでいけるようにデザインいたしました。

 

 

臨床心理士、中小企業診断士をはじめとする専門職の方、ならびに企業経営者、人事担当者、組織管理者など、組織改革や組織人としての人材開発に関心のある方に、受講していただければ幸いです。

 

 

セミナーは、全体講義と、6人一組の小グループに分かれての体験型ワーク、討論を組み合わせながら進める予定です。

 

 

【講師】

 

 

 

川畑直人

 

京都文教大学臨床心理学部教授・副学長

 

松本寿弥

 

京都文教大学臨床臨床心理学部講師

 

 

 

【定員】

 

24

 

 

 

【申込締切】

 

2018630日(土)

 

 

 

【内容】

 

1回「組織マネジメントとシステム心理力動の基礎」

 

組織心理コンサルの学習をするまえに、マネジメントと心理学両面からの基本タームを確認してもらう。組織やマネジメントといった経営学の基本、システム論と心理力動論という組織心理コンサルテーションで基本となる心理学の概念を共有する。

 

 

2回「BART

 

境界・権限・役割・目的(BART)という組織分析の基本概念を習得する。身の回りの組織について、BARTを用いて組織分析する練習を行う。

 

演習:①サイコドラマを通じてBARTを理解する、②持ち寄った組織のジレンマの事例に対して相互コンサルテーションの演習を行う。

 

 

3回「人・役割・システム 相互コンサルテーション」

 

人・役割・システムの概念を理解し、組織の問題をその視点から眺める演習を行う。

 

演習:職場絵図

 

 

4回「リーダーシップのスタイル」

 

リーダーシップスタイルの概念を理解し、組織の問題をその視点から眺める演習を行う。

 

演習:①自分のリーダーシップタイプの診断、②「七人の侍」の登場人物のリーダーシップスタイルを考える等。

 

 

5回「チームの発達段階」

 

チームの力動と発達段階の概念を理解し、さまざまな組織の問題をチームの組織心理コンサルテーションの視点から眺める練習をする。

 

演習:討論やゲームをとおして、チームを眺める。相互コンサルテーション。

 

 

 

 

 

申込方法など、詳しくは、ホームページをご覧ください。

http://www.kipp-u.co.jp/report1.html

追加情報

開催日程
第 10 回 臨床催眠研修会 2018 年 6 月 2 日(土曜日) 10:00~16:00 (受付 9:10) 第 38 回 技法研修会 2018 年 6 月 3 日(日曜日) 9:00~17:00 (受付 8:30)
会場
大手前大学 夙川キャンパス A 棟 4 階
備考

第 10 回 臨床催眠研修会 「やさしいトランス療法」
講師:中島央先生(有明メンタルクリニック院長)
第 38 回 技法研修会 「催眠誘導の技法を学ぶ」
講師:福井義一先生(甲南大学)

 

主催:日本臨床催眠学会【 Japanese Society of Clinical Hypnosis (JSCH) 】

 

●申し込み方法: 学会ホームページ:http://www.hypnosis.jp からお申し込みの入力フォ ームへ移動できます。

研修会の内容等についてのお問い合わせは     このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までお願いいたします。

 

 

追加情報

開催日程
2018年6月1日(金)14;00-15:30
会場
神戸女学院大学ホルブルック301教室
テーマ
ちょっと待って!ケータイ・スマホ~ネット依存のメカニズムと回復について~
備考

参加ご希望の方は申し込みフォームに必要事項をご記入の上、5月31日(木)までにFAXで送信してください。お問い合わせは神戸女学院大学カウンセリングルーム 担当 安住まで

追加情報

開催日程
2018年7月7日(土)9:30-19:00
会場
龍谷大学深草キャンパス 和顏館
備考

プログラム

10:00               開会の辞

10:15-11:45     基調講演 井上和臣(内海メンタルクリニック・認知療法研究所)

『認知療法・認知行動療法:歴史的展望』

11:45-13:00     昼食

13:00-14:00     講演1  富永敏行(京都府立医科大学大学院精神機能病態学)

『うつ病に対する認知行動療法』(仮題)

14:15-15:15     講演2  武藤 崇(同志社大学心理学部)

『第3世代の認知行動療法』(仮題)

15:30-16:30     講演3  須賀英道(龍谷大学短期大学部)

『認知行動療法のポジティブ心理への応用』

16:30               閉会の辞

(敬称略)

当日の受付は9:30からとなります。

情報交換会(17:00-19:00; 3,000円)を紫英館6Fで予定しています。

参加費

事前登録(6月末締め切り)  医師 3,000円   医師以外 2,000円
当日参加            医師 4,000円   医師以外 2,500円

参加申し込み方法

第1回近畿認知療法・認知行動療法学会の参加申し込みサイトにてお申し込みください。

https://goo.gl/forms/cXceSjuYKgvJR5mP2

後日,参加費の振込先などのご連絡をさせていただきます。

参加費の振り込みが確認できて参加登録となります。

後援

龍谷大学短期大学部

追加情報

備考

 

公益社団法人 葵橋ファミリー・クリニック 研修講座のご案内

 

 

葵橋ファミリー・クリニックでは、各種研修講座を実施しております。

 

今回は6月から順次開講する5つの講座の案内を致します。

 

今年度は「体現的ドリームワーク」の講座をあらたに開講致します。

 

いずれの講座も数回にわたる研修で、じっくり学んで頂ける内容となっております。

 

 

≪対人援助の基礎講座≫

 

【対人援助家のための気功瞑想】

 

日程:63日、617日、71日、715日(日曜 15001800

 

講師:濱野清志(京都文教大学)

 

会場:日本聖公会京都教区センター研修室(葵橋ファミリー・クリニック向かい)

 

受講料:20,000円(AFC会員・学生18,000円)

 

 

≪対人援助の専門講座≫

 

【発達の視点を味わう-ウェクスラー式検査の基礎を学ぶ-】

 

日程:621日、719日、920日、1018日、1115日、1220日(木曜 18302030

 

講師:福永友佳子(京都文教大学心理臨床センター)

 

会場:ハートピア京都

 

受講料:35,000円(AFC会員・学生32,000円)

 

(※日本臨床心理士資格認定協会の継続研修機会(ワークショップ)として、研修ポイントが取得できます。)

 

 

【体現的ドリームワーク】

 

日程:615日、713日、914日、1012日、119日、127日(金曜 18302130

 

講師:卯月研次(甲南女子大学)

 

会場:日本聖公会京都教区センター第2ビル2階研修室(葵橋ファミリー・クリニック2階)

 

受講料:35,000円(AFC会員・学生32,000円)

 

(※日本臨床心理士資格認定協会の継続研修機会(ワークショップ)として、研修ポイントが取得できます。)

 

 

【ロールシャッハ・テスト-入門編】

 

日程:62日、77日、84日、825日、1013日、1117日(土曜 10001300

 

講師:中尾文彦(やまと精神医療センター)

 

会場:葵橋ファミリー・クリニック 研修室

 

受講料:35,000円(AFC会員・学生32,000円)

 

(※日本臨床心理士資格認定協会の継続研修機会(ワークショップ)として、研修ポイントが取得できます。)

 

 

【グループ・スーパーヴィジョン】

 

日程:201869日、721日、98日、1013日、1124日、1215日、

 

   2019126日、29日、39日(土曜 18302030

 

講師:山本陽子(葵橋ファミリー・クリニック)・橋本朋広(葵橋ファミリー・クリニック)

 

会場:日本聖公会京都教区センター研修室(葵橋ファミリー・クリニック向かい)

 

受講料:35,000円(AFC会員・学生32,000円)

 

(※日本臨床心理士資格認定協会の継続研修機会(定例型研修会)として、研修ポイントが取得できます。)

 

 

講座内容の詳細及び申込方法は、お問合せ、もしくはホームページ(http://kyoto-afc.jp/)をご覧ください。

 

9月以降も、バウム・テスト、ロールシャッハ・テストに関する講座を開講します。

 

なお、葵橋ファミリー・クリニックの会員の方、また2講座以上受講される方には割引料金が適応されます。

 

 

多くの方のご参加をお待ちしております。

 

 

問い合わせ先:TEL075431-9150FAX075431-9158

 

追加情報

開催日程
2018年7月22日(日)10:00~16:00
会場
長岡病院体育館(阪急西山天王山駅より徒歩3分)
備考

【第17回認知行動療法ワークショップ~マインドフルネス認知療法の基本】

今回のテーマは、マインドフルネス認知療法です。講師が翻訳を担当した”The Mindful Way Workbook”の内容をもとに、マインドフルネス認知療法の基本を説明し、参加者にもいくつかのワークを体験していただく予定です。

 

日時:2018722日(日)

   10001600

場所:長岡病院体育館

  (阪急西山天王山駅より徒歩3分)

料金:8,000

対象:保健・医療・福祉・教育・司法の専門職(大学院生も可)

講師:若井貴史

     長岡病院心理課

     認知療法研究所

     CBTを学ぶ会(理事)

     臨床心理士

主催:長岡病院心理課

 

 問い合わせ:
 長岡ヘルスケアセンター(長岡病院)心理課
 TEL(075) 951 – 9201(代表)
 E-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。
※締め切りは714日(土)ですが、定員となり次第、締め切らせていただきます。

 

お申し込みはこちら
  ↓↓
https://goo.gl/yhjTVV