研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

備考

この度、公認心理師試験に向けて、「基礎心理学」を学ぶ特別研修を企画いたしました。「公認心理師試験出題基準(ブループリント(公認心理師試験設計表)を含む)」には、統計に関する基礎知識、知覚・認知、脳・神経の働きなどの「基礎心理学」に関する問題が出題されることが示されています。しかし、現場で臨床実践を行っている現任者の中には、「基礎心理学」の学びから離れている人も少なくないのではないでしょうか。

本研修会では、「現任者講習テキスト」および「公認心理師試験出題基準(ブループリント(公認心理師試験設計表)を含む)」に記載されている「基礎心理学」の内容を、わかりやすく解説いたします。担当講師はいずれも、「基礎心理学」の講義を大学で担当されている先生方です。

統計や脳・神経といった「基礎心理学」の学びに不安を感じておられる方、公認心理師試験に向けて「基礎心理学」の内容を整理したいと思われる方の参加をお待ちしております。

※この研修会は、公認心理師の現任者講習会とは関係ありません。

【講師】

廣瀬 直哉 先生(1日目担当):京都ノートルダム女子大学現代人間学部 教授

樋口 隆弘 先生(2日目担当):関西医科大学小児科学講座 臨床心理士・医学博士

【日時】

1日目:20197 6() 10:0017:00 

2日目:2019713() 10:0017:00

★全2日 各6時間(昼食休憩除く) ×2日 計12時間

【内容】

1日目:実証的研究法と統計、②知覚、③認知、④学習・言語

2日目:感情・人格、⑥脳・神経、⑦社会・集団・家族、⑧発達・障害者

【会場】2日とも会場が異なります

1日目:関西カウンセリングセンター8階研修室(堂島ビルヂング)

2日目:上記の同ビル 9NSE会議室D

【定員】60

【受講料】:全2日一括お申込み 税込価格:21,600円(税抜価格:20,000円)

【申込み】:下記のホームページよりお申込みください。

 https://www.kscc.or.jp/?page_id=9536

※研修会当日は、「公認心理師現任者講習会テキスト」(金剛出版)を参考テキストとして使用します。お持ちの方は、各自、ご持参ください。

追加情報

開催日程
令和1年9月21日~23日
会場
名古屋・ウィンク愛知
備考

六月になり、そろそろ九州では梅雨入りの声も聞かれるこのごろですが、皆様には益々
ご清祥のことと心からお慶び申し上げます。

今回の名古屋の3daysではベーシックに加え、「心理的逆転」と「複雑性PTSD」
のアドバンストワークショップを合わせて開催させていただきます。

セラピーが上手くいかない、クライエントからセッションの直後にネガティブな反応が
出る、クライエントの状態が変遷して効果が中々現れない等の状態は、もしかしたらク
ライエントに「心理的逆転」という現象が起こっているからかもしれません。「心理的
逆転」のワークショップでは、その状態の有無のチェックから、その解消までを扱って
まいります。

また、アドバンストテクニック「複雑性PTSD」では、他の様々なケースにも応用できる
「安定化」のテクニックをご紹介するのとともに、複雑性PTSDや、解離症、解離性同一
症、そして昨今問題となっているトラウマによる第四の発達障害までへのアプローチや
、解決への視点、そして子どもに対するアプローチなどを盛り込んだ内容となっており
ます。
どうぞふるってご参加ください。


*ホログラフィートーク3days@名古屋
・日時:2019年9月21日(土)ベーシック、22日(日)心理的逆転、23日(
月祝)複雑性PTSD、各9時半—17時半
・場所:ウィンク愛知 小会議室:JR・近鉄・名鉄・地下鉄名古屋駅徒歩5分
・参加費:23000円(再受講13000円)
・定員:各20名
チラシならびに申込用紙を添付させていただきます。

今後ともホログラフィートークをよろしくお願いいたします。
皆様の益々のご発展を心からお祈りしております。

アースシー・ヒーリング・セラピー
嶺 輝子

追加情報

開催日程
令和1年9月14~16日
会場
東京・全水道会館
備考

六月になり、そろそろ九州では梅雨入りの声も聞かれるこのごろですが、皆様には益々
ご清祥のことと心からお慶び申し上げます。

セラピーが上手くいかない、クライエントからセッションの直後にネガティブな反応が
出る、クライエントの状態が変遷して効果が中々現れない等の状態は、もしかしたらク
ライエントに「心理的逆転」という現象が起こっているからかもしれません。「心理的
逆転」のワークショップでは、その状態の有無のチェックから、その解消までを扱って
まいります。

また、アドバンストテクニック「複雑性PTSD」では、他の様々なケースにも応用できる
「安定化」のテクニックをご紹介するのとともに、複雑性PTSDや、解離症、解離性同一
症、そして昨今問題となっているトラウマによる第四の発達障害までへのアプローチや
、解決への視点、そして子どもに対するアプローチなどを盛り込んだ内容となっており
ます。
どうぞふるってご参加ください。

*ホログラフィートーク3days@東京
・日時:2019年9月14日(土)ベーシック、15日(日)心理的逆転、16日(
月祝)複雑性PTSD、各9時半—17時半
・場所:全水道会館 小会議室:JR・東京メトロ水道橋駅徒歩2分
・参加費:23000円(再受講13000円)
・定員:各20名

追加情報

開催日程
2019年7月28日(日)10:00~16:45
会場
長岡病院カンファレンスルーム(阪急西山天王山駅より徒歩3分)
テーマ
心理臨床ワークショップ~SPISを用いた精神障害および発達障害のある方の就労支援~第2講(基礎編)
備考

SPIS」はWeb日報を活用して職場の対話を活性化させるメンタルケア・マネジメントシステムです。この「SPIS」が提供する支援アプローチには2つの大きな特徴があります。1つ目は、本人の困りごとや課題に着目したチェック項目を本人主体で設定し、その自己評価の記録を蓄積すること。2つ目は、評価記録と併せてオンラインや直接の対面を通じて、本人と関係者間で対話を深めることです。本講座を通じて、就労定着が難しいとされる精神・発達障害者の就労サポートへのアプローチの理解を深めます。

 

料金:5,000円/日

対象:保健・医療・福祉・教育・司法・産業の専門職(大学院生も可)

   精神・発達障害者を雇用する企業または雇用を検討する企業など

※本講座の受講には、予め6/22開催の第1講(入門編)を受講されることをお勧めします。

   第1講のお申し込み ⇒ http://goo.gl/peL81R

※第1講(入門編)を受講された方も、今回の第2講の受講を希望される場合は、お申し込みをお願いします。

※本ワークショップは3回シリーズで、第3講(実践編)は 9/8(日)開催予定です。

講師:一般社団法人SPIS研究所 ほか

主催:長岡病院心理課

※臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。


お申し込みはこちら
  ↓↓

http://goo.gl/7EKtQ7

追加情報

開催日程
2019年9月
会場
大阪府社会福祉会館 503会議室
テーマ
『子どもの心理療法のアセスメント』
備考

児童養護施設や医療機関での心理療法の実践では分析的なプレイセラピーを行うことも難しい状況も多いかと思います。そうした中でも子どもの発達の問題や心の悩みついて理解し,家族やスタッフと見立てを共有し,何故セラピーが必要なのかを伝えて,協働していく必要があります。今回は『子どもの心理療法のアセスメント』をテーマにセミナーを開催いたします。奮ってご参加いただけますと幸いです。

 

講師    :鵜飼 奈津子先生

開催日時  :2019年9月29日(日) 13:00~18:00

13:00~15:00 講義『子どもの心理療法のアセスメント』

15:10~15:20 サポチル活動紹介

15:30~18:00 事例検討会

会場   :大阪府社会福祉会館 503会議室

      地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目」駅4番出口(谷町筋を南に250m)

       http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/akusesu.html

詳細は添付のPDFをご参照ください。

追加情報

開催日程
2019年9月1日(日)より2020年3月1日(日)
会場
大阪大学中之島センター
テーマ
心理臨床に役立つ形式・構造解析をわかりやすく解説します。
備考

内容

ロールシャッハ・プロトコルに基づく形式構造解析(阪大法)理論を学べます。

午前は丁寧に事例を扱い、午後に講義形式を行い、その反応の意義や事例解釈を考えていきます。

心理・臨床の実践に役立つ内容を構成しています。

 

対象

臨床心理士・公認心理師・精神科医など、医療・福祉・教育などの領域を問わず、精神・心理臨床に携わっている専門職の方。

また、守秘義務の課せられている研究科の大学院生・学部生も含みます。

内容としては、当会初級講座を受講した方や、他スクールでスコアリングを既に習得している方で、普段の臨床で解釈に悩まれている方、ロールシャッハ法の解釈をさらに深めたい方に適していると思われます。

 

講師

関西ロールシャッハ研究会・運営委員

 

スケジュール

全7回、AM10:00~PM17:00

月1回、原則第一日曜日。

詳細なスケジュールと講義内容については、添付のpdfファイルをご参照ください。

 

申し込み先・問い合わせ

大阪大学大学院医学系研究科精神医学教室内 関西ロールシャッハ研究会

FAX:06-6877-7430

メール:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

運営世話役 福永知子

 

追加情報

開催日程
2019年8月18日(日)10:00~16:00
会場
長岡病院カンファレンスルーム (阪急西山天王山駅より徒歩3分)
テーマ
マインドフルネスの活用法~
備考

 認知行動療法ワークショップ~マインドフルネスの活用法~  

今回のテーマは、マインドフルネスの活用法です。マインドフルネスの基本から、セルフモニタリング力の向上、反芻の妨害、衝動性の制御、不快感情の低減などへの応用まで、ワークや事例をとおしてお伝えする予定です。

日時:2019年8月18日(日)

  10:00~16:00(9:45開場)

場所:長岡病院 (阪急西山天王山駅より徒歩3分)

デイケア棟2階 カンファレンスルーム(人数によって体育館へ変更となる可能性があります)

   

料金:7,000円

対象:保健・医療・福祉・教育・司法・精神・産業の専門職(大学院生も可)

講師:若井 貴史

   長岡病院 心理課

   公認心理師/臨床心理士

   厚生労働省 認知療法・認知行動療法研修修了

 

臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。

お申し込みはこちら
  ↓↓

 http://goo.gl/yhjTVV

お問合せ

  長岡ヘルスケアセンター(長岡病院)心理課 研修事務局 岡菜々子

   TEL(075) 951 – 9201(代表)
    E-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。