研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

備考

 

葵橋ファミリー・クリニック主催の講演会及び研修講座の案内を致します。

 

 

昨年度に引き続き、鏡リュウジ先生をお招きしての講演会を予定しております。

 

また同講演会の対談者でもある、濱野清志先生の気功講座も前期に引き続き開講致します。

 

どちらも興味深い内容となっており、多くの方のご参加をお待ちしております。

 

 

講座内容の詳細及び申込方法は、お問合せ、もしくはホームページ(http://kyoto-afc.jp/education_list.htmlをご覧ください。

 

 

≪教育講座≫

 

【講演会 「ユングの占星術研究」】

 

日程:2020216日(日) 14:0017:00

 

講師:鏡リュウジ先生(心理占星術研究家・翻訳家。京都文教大学客員教授)

 

   濱野清志先生(京都文教大学臨床心理学部教授/臨床心理士)

 

会場:日本聖公会京都教区センター研修室(葵橋ファミリー・クリニック向かい)

 

定員:50名(先着順)

 

参加費:一般3,500円、学生1,500円、AFC会員無料

 

 

≪対人援助の基礎講座≫

 

【対人援助家のための気功(全3回)】

 

日程:2020119日、22日、31日(日曜 15:0018:00

 

講師:濱野清志先生(京都文教大学臨床心理学部教授/臨床心理士)

 

会場:日本聖公会京都教区センター研修室(葵橋ファミリー・クリニック向かい)

 

定員:20

 

受講料:15,000円(AFC会員・学生13,500円)

 

 

問い合わせ先:TEL075431-9150FAX075431-9158

 

追加情報

開催日程
第1回:2020年1月18日(土) 第2回:2月15日(土) 第3回:3月14日(土) 第4回:4月18日(土) 第5回:5月16日(土) 第6回:6月13日(土)
会場
新大阪丸ビル新館(新大阪駅から徒歩2分)
備考

 

KIPPでは対人関係論をもとに、心理療法の訓練とサービスを手がけてきました。また、最近では組織や集団を活性化する組織心理コンサルテーションにも取り組んできました。他者との体験を共有するコミュニケーションは、心の健康にとっても、組織の活性化にとっても欠かすことができません。

 

 

この講座では、カウンセリングという対人援助の技法に、こうした対人関係論や組織論の考え方を組み込ませながら、さまざまなワークを取り入れて、実践的に学んでいただくように工夫しています。

 

 

受講者には、さまざまな領域で心理支援に携わっている臨床心理士等の心理職員や心理相談員、および、福祉や教育などさまざまな立場で相談業務に関わっている福祉施設職員、教員、看護師、保育士など、対人援助に関わる様々な職種の方々を想定しています。

 

 

講師陣は、KIPPで心理療法の訓練を受けた臨床心理士です。精神分析的心理療法の訓練と実践を通して得た知識と経験をもとに、さまざまな職種の方に活用していただけるよう、オリジナルの講座内容をプログラムしました。多くの方の参加をお待ちしております。

 

 

1回「対人関係について考える」

 

講師:川畑直人(京都文教大学臨床心理学部教授)

 

日時:2020118日(土)13:0017:00

 

 

 

2回「生き生きとした対話における傾聴」

 

講師:長川歩美(A&C中之島心理オフィス主宰)

 

日時:2020215日(土)13:0017:00

 

 

 

3回「サポーティブな関わりの方法」

 

講師:今井たよか(あるく相談室京都)

 

日時:2020314日(土)13:0017:00

 

 

 

4回「カウンセリングで生かす質問の技術」

 

講師:今江秀和(広島市立大学国際学部保健管理室准教授)

 

日時:2020418日(土)13:0017:00

 

 

 

5回「防衛の理解と言及の仕方」

 

講師:馬場天信(追手門学院大学心理学部教授)

 

日時:2020516日(土)13:0017:00

 

 

 

6回「組織の視点からカウンセリングを考える」

 

講師:川畑直人(京都文教大学臨床心理学部教授)

 

日時:2020613日(土)13:0017:00

受講料

各回申込:1回7,000円

全回申込:36,000円

全回申込締切は12月22日(日)

 

各回の詳しい内容、講師紹介、申込方法などは、URLからホームページへアクセスしてご確認ください。

追加情報

開催日程
2020年3月7日(土)
会場
京都橘大学心理臨床センター
テーマ
「困難さや行き詰まりを感じる事例について考える」
備考

申し込み方法:電話かファックスあるいはメールで、事前にお申込みください。

 電話:0755744367 

(火・水・金曜日 1230分~20/木曜日1320/土曜日917時)

ファックス:0755744287

メールアドレス:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

(京都橘大学ホームページ上の申し込み用紙をご利用ください)

 

受講料:13000

開催日時:202037日(土)1030分~1630分(受付開始:10時)

テーマ:「困難さや行き詰まりを感じる事例について考える」

座長:松下幸治先生(京都橘大学 健康科学部 教授)

コメンテーター:井上裕樹先生(大谷大学 短期大学部 幼児教育保育科 講師)

プログラム

 1030分 開始 開始の挨拶・自己紹介など

 1045分~1215分 事例検討①

 1215分~1315分 昼休み

 1315分~1445分 事例検討会②

 1445分~15時 コーヒーブレイク

 15時~1630分 事例検討会③

 1630分 閉会の挨拶

詳細は、京都橘大学のホームページをご覧ください。

https://www.tachibana-u.ac.jp/about/psychology/event.html

追加情報

開催日程
2020年2月29日(土) 15:00~18:30
会場
グランフロント大阪 北館 タワーC 8階 カンファレンスルームC1+C2
テーマ
心理臨床における事例検討と講義
備考

当会は日本精神分析学会認定研修グループとして活動しています。今回、たちメンタルクリニックの館直彦先生をお招きし、オープンセミナーを開催いたします。心理士、医師、看護師、精神保健福祉士、学部生・院生の方にも広くご参加いただけます。

日時:2020229日(土) 15001830

講師:館直彦(たちメンタルクリニック)

症例報告:過食を繰り返す30代女性との心理療法

演題:精神分析と時間

場所:グランフロント大阪 北館 タワーC 8階 カンファレンスルームC1C2

会費:1000円(軽食を準備しています)

 

 本セミナーへの参加申し込みは、メールにてお願い致します。

 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 (申込期限:222日)

 皆様のご参加をお待ちしております。

 

近畿精神・心理療法研究会  

追加情報

開催日程
2020年2月9日(日)12:15~17:00
会場
兵庫県学校厚生会館
テーマ
摂食障害-パーソナリティ構造と倒錯の観点から
備考

精神分析研究会・神戸では、来る202029日にオープンセミナーを開催します。

日時:202029日 12:1517:00

講師:松木邦裕先生(精神分析オフィス)

演題:摂食障害-パーソナリティ構造と倒錯の観点から

症例報告:竹山陽子(御池心理療法センター)

場所:兵庫県学校厚生会館

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

主催:精神分析研究会・神戸 

http://bunseki-kobe.com

追加情報

会場
淀屋橋オフィス
テーマ
「事例検討会」「箱庭研修」
備考

今年度に引き続き、淀屋橋オフィス主催の研修会を開催いたします。

「事例検討会」では、臨床経験豊富な先生方をお招きし、少人数で学び合える会にしたいと考えております。

「箱庭研修」では、継続的に箱庭に触れる機会を共にし、箱庭に親しむ会にしたいと思います。箱庭に関心のある方、イメージ療法を体験してみたい方、ぜひふるってご参加ください。

 

皆様とごいっしょできること心より楽しみにお待ちしております。

 

《講座1 事例検討会》

 

●日程

オリエンテーション 2020年3月28日 18:00~20:30

プレ カンファ 2020年4月18日 18:00~20:30

 

第1回 2020年5月9日17:00~19:30 角野善宏先生

第2回 2020年7月4日18:00~20:30 桑原知子先生

第3回 2020年11月15日13:00~15:30 岩宮恵子(日程変更の可能性有り)

第4回 2021年2月27日18:00~20:30 川嵜克哲先生(日程変更の可能性有り)

 

●定員:14名

●参加費:32000円

 

 

《講座2 箱庭研修》

●日程

A日程

2020年 4/12,5/10,6/14,7/12,9/13,10/11,11/8,12/13

B日程

2020年

4/26,5/24,6/28,7/26,9/27,10/25,11/22,12/27

 

●時間:13:30~16:00

●定員:A,B日程各4名

●参加費:26000円

 

【両講座共通】

●場所:淀屋橋オフィス

●対象:臨床心理士

●申込締切:2020年1月25日

●申込方法:

・下記事項をご記入の上、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までメールをお送りください。

①お名前②ご住所③電話番号④ご所属⑤ご希望講座

 

・お申込メール確認後、淀屋橋オフィスからお申込確認メールを発信いたします。3日経ってもメール確認できない場合は、お電話にてお問い合わせください。

・申込締切後、淀屋橋オフィスより振込口座等の連絡をさせていただきます。お振込み確認した時点で手続き完了となります。1度納入いただいた参加費は返却いたしかねますので、どうかご了承ください。

 

尚、日本臨床心理士資格認定協会に研修ポイント申請予定です。

 

お問合せ 淀屋橋オフィスこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 TEL:06-6445-0739

 

HPもご参照ください。

 

追加情報

開催日程
2020年1月13日(月・祝日)
会場
アオッサ会議室501(福井市地域交流プラザ)
テーマ
『TFTパートナー講座in福井:心理的トラウマ、うつをサポートできる人材育成プログラム』
備考

TFTパートナー講座を開催します。

開 催 日:2020年1月13日(月・祝)
開催時間:09:30~15:30(受付は20分前から)
開催場所:アオッサ会議室501(福井市地域交流プラザ)
開催住所:福井市手寄1-4-1 AOSSA
アクセス:各線福井駅より徒歩1分
受講費 :14,300円(税込)
講師  :笠置 佳央(日本TFT協会一般講師、公認心理師、精神保健福祉士)
受講対象:どなたでも受講いただけます

TFTの対人援助講座は、一般の人も専門家も参加できます。
家族やコミュニティ、職場など、日常や災害時に人に寄り添い、援助する人材を育成します。

また、TFT財団の認定も受け、人道支援のためのプログラムとしてより発展することとなりました。
ストレスケアの効果的なツールとしてTFTを活用し、特に「心理的トラウマ」や
「うつ」をサポートするプログラムで、日本TFT協会認定「TFTパートナー」の資格が得られます。

対人援助スキルは、医療や福祉機関、公的機関、整体分野、スポーツ、
美容業界、法律関連、企業でも地域でも家族でも、どの分野でも活かせる能力です。
こんな人たちにお勧めです
・まわりの人に心理的援助をする方法を学びたい
・うつやストレスに悩む身近な人をサポートしていきたい
・ 職場で同僚や顧客のメンタルヘルスに活用したい
・ 子育てや介護など家族への援助がしたい
・心理的問題の知識を得て、災害支援、対人援助や社会貢献に関わりたい
・ ドラッグなどの物質依存の問題を援助したい
・医療・心理・教育・福祉・スポーツなどの各専門家
是非、お申込お待ちしています。

追加情報

備考

KSCC統合的心理療法セミナーのご案内

https://www.kscc.or.jp/?p=9208

◆テーマ:『 技法折衷的アプローチと多元的アプローチ 』

◆対象:臨床心理士、指定大学院大学院生、心理臨床に携わる専門家で、事例の守秘を遵守できる方

◆日程:2019128日(日)時間:10001700

◆会場:関西カウンセリングセンター8階研修室

◆タイムスケジュール

<講義1>10:0011:30 東 斉彰先生

<講義2>12:3014:00 末武 康弘先生

<対談・質疑>14:1014:50 

<ケーススーパービジョン>15:0017:00

◆受講料(各回ごと) 税込価格:8,800円(指定大学院生7,700円)

◆お申し込み方法:参加申し込みは、以下のURLからお願いします。

https://www.kscc.or.jp/?p=9208

※定員になりましたら、締め切りとなります。

※受講票の発送はございませんので、ご了承ください。

◆臨床心理士資格更新ポイント研修として承認されました。

◆講師とメッセージ

東 斉彰先生:『折衷的心理療法の考え方と実践的適用― 教条主義、折衷主義、統合主義、多元主義の分類から』 

心理療法や精神医学的治療には、メタレベルの観点から教条主義、多元主義、統合主義、折衷主義に分類される。それらは対人援助実践の歴史的価値的観点からの変遷であり認識論である。

今回の講演では、それらの主義の内実をふりかえりながら、演者が基盤にしている折衷的アプローチの有用性を説き起こしたい。ヒューマニスティックかつ多元的アプローチをとられている末武先生との対話から多くの学びを得られることを期待している。

末武康弘先生『心理臨床への多元的アプローチ』

多元的アプローチとは多元論―本質的な問題にはさまざまな解答がなされうると考える哲学―に基づいて、クライアントとの対話と協働によってさまざまな理論や方法を心理臨床の中で活用しようとするものです。私が実践する多元的フォーカシングセラピーを通して、その特質を皆さんと共有したいと思います。また、多元的アプローチは技法折衷アプローチと近似的ですが両者の異同についての東先生とのコラボが楽しみです。

-------------------------------------

【今後の日程と講師陣】

★第5回: ≪126(日)フォーカシングと統合的心理療法

池見 陽先生:フォーカシングの 4 つの次元が開示している人間実存の様式

野末 武義先生:関係性の問題をどう扱うか:個人面接と夫婦家族合同面接の統合的活用

★第6回: ≪223(日)統合的アプローチに至る過程

宮田 智基先生:対人関係精神分析からの展開

村瀬 嘉代子先生:統合的アプローチに至る過程

*****************************

発行:(公財)関西カウンセリングセンター

ご意見やご感想など、お寄せください。

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 までお気軽に

*****************************