研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2021年3月21日(日)10時から17時
会場
オンライン(Zoom)
テーマ
ベーシックレクチャー 「セクシュアル・マイノリティ支援のための基礎知識」
備考

セクシュアル・マイノリティ事例研究会主催 第8回ベーシックレクチャー

「セクシュアル・マイノリティ支援のための基礎知識」

近年、メディアでもセクシュアル・マイノリティに関するトピックが取り上げられる機会が増え、心理職が関わる各領域でもセクシュアル・マイノリティの方への心理的支援について関心が高まっています。本レクチャーでは、セクシュアル・マイノリティの方々を支援する際に知っておいた方がよい基本的な事柄、概念の整理や情報提供を行い、また支援を考えていくための視点を養います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時:2021321日(日) 10001700930950までにご入室ください)

対象:心理臨床家、精神科医、精神保健福祉士、臨床心理学専攻の大学院生など、各機関・現場で、

セクシュアル・マイノリティの心理的支援・心理療法に関心があり、守秘義務を守れる方。

(本レクチャーは、基本的な概念・知識を学びたい初学者を対象としております)

定員:70名(先着順)

参加費:(一般)6,000円 (大学院生)3,000

事前に振替口座にご入金いただきます。口座番号は、申込への返信メールに記載致します。

方法:Zoomを用いたオンラインセミナー

本研修会は、要件を満たした場合、臨床心理士資格更新のためのポイントを取得できるワークショップとして臨床心理士資格認定協会に申請予定です。

時 間     テーマ   講 師(敬称略)

10:00

11:00   セクシュアル・マイノリティとは?

  特定非営利活動法人SHIP カウンセラー

       臨床心理士   長野 香

11:10

12:10   トランスジェンダー・Xジェンダーの基礎知識

特定非営利活動法人SHIP カウンセラー

       臨床心理士   片桐 亜希

12:10~13:10   昼休憩(休憩中はログアウトしていただいて構いません)

 

13:1013:20   前半部分の質疑応答

 

13:20

14:50   レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル(LGB)のアイデンティティ発達の過程   

       一橋大学保健センター

特任准教授 臨床心理士 柘植道子

      

15:05

17:00   架空事例を用いての事例検討、質疑応答         小グループに分かれて、架空事例を用いたディスカッションを行います。

時間割・テーマ等については、多少内容が異なる場合があることをお含みおきください。

<申し込み方法>

1、申込みフォームより必要事項をご入力ください。

https://forms.gle/UGaXg3JhVmJ9a4ej8

2、事務局より、お申し込み受付並びに、郵便振替口座番号を

メールにて返信いたします。お申込みは、振替口座への振込をもって完了となります。その際、事務局からの入金連絡はございません。

<注意事項>

1、定員を超えた場合にはお断りすることがございます。

2、振込後、参加者のご都合によるキャンセルの場合、受講料をお返しすることができません。

3、事務局からの返信や振込口座のお知らせなどがしばらくお待ちいただいても届かない場合は、通信障害等の可能性がございますので、お手数ですが再度メールにてお問い合わせください。なお、その際には、ドメイン指定などの解除をご確認ください。

4、領収書が必要な方は、申込みフォームに必要事項をご入力ください。

5、Zoomの利用方法については各自でご確認をお願い申し上げます。なお、当日のカメラ機能や、出欠確認方法についての詳細は、お申し込みいただいた方にご連絡いたします。

6、開催日直前にZoom会場(URL)をお申込みいただいたメールアドレスにお送りをさせていただきます。

7、お申し込みの際にいただいた個人情報は厳正に取扱い、本会研修会の目的以外には使用いたしません。

8、その他、なにかご不明な点がございましたら、下記事務局までお問い合わせください。

申し込み締め切り : 2021314日(日)

問い合わせ先:セクシュアル・マイノリティ事例研究会 事務局

                   E-mail  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2021年1月31日(日)
会場
Web開催
テーマ
「相談機関における院生教育をめぐって」(第2回) -新型コロナウィルス状況下での取り組みを振り返る-
備考

 

令和2年度京都文教大学心理臨床センター公開企画 
オンライン研修会「相談機関における院生教育をめぐって」(第2回)

 

-新型コロナウィルス状況下での取り組みを振り返る-

 


日 時  131() 14:00-17:00

 

 

内 容  第1部 (話題提供)京都文教心理臨床センターの事例 
     第2部 ディスカッションと情報交換

 

 

スケジュール 第114:00-15:00

 

215:30-17:00

 


コーディネーター 太田敬子(京都文教大学心理臨床センター専任カウンセラー)

 

武藤博仁(京都文教大学心理臨床センター専任カウンセラー)

 

 

対 象  臨床心理士、公認心理師養成プログラムの院生の実習を受け入れている機関のスタッフもしくは臨床心理士・公認心理師を養成する大学院の教員。

 


定 員  およそ20名(1画面に同時呈示可能な人数を上限とします)

 


参加費  無料

 

 

申込方法  参加希望者は下記アドレスに氏名・住所・電話番号・メールアドレス・所属を明記の上、お申し込みください。

 


問い合わせ  京都文教大学心理臨床センター 

 

アドレス  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。   TEL 0774-25-2518

 

追加情報

開催日程
2021年度年間10回
会場
WEB上(ストリーミング配信)
テーマ
日常臨床から見たフロイト
備考

【主催】 名古屋心理療法オフィス

【研修会名】 日常臨床のための対象関係論WEBセミナー

【会期】 2021年度5月より(原則月1回、年間10回セミナー)

【会場】 WEB上(ストリーミング配信)

【概要】 本セミナーは、臨床心理士・公認心理師・精神科医・看護師・教師・福祉系援助者等を対象に、対象関係論(精神分析)を日常臨床に生かすことを目的としています。今日臨床心理士・公認心理師の職域は、医療、福祉、教育、産業、司法など広く及んでいます。ですが、人が自らの足で人生を歩もうとする以上、「自己を知る」という精神分析の根本原理は、日常臨床にも広く応用可能です。このような趣旨にて、WEBセミナーを開催いたしますので、ご参加いただきたく、ここにご案内する次第です。下記のリンク先URLにて、セミナー「ご案内」「参加申込書」をご確認ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

日常臨床のための対象関係論WEBセミナー代表 祖父江典人

【お問い合わせ】 日常臨床のための対象関係論WEBセミナー事務局

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

【リンク】名古屋心理療法オフィス https://nagoya-psychotherapy.com/seminar/taishokankeiron/

追加情報

開催日程
2021年2月28日(日) 12時~17時30分
会場
オンサイト:AP品川・ オンライン:Zoom
テーマ
シンポジウムテーマ:東日本大震災後10年・5分科会開催
備考

研修内容:

(1)シンポジウム:12時~14時30分

テーマ:「東日本大震災後10年」

シンポジスト:河合俊雄(京都大学こころの未来研究センター)

          渡部純夫(東北福祉大学)

指定討論:岩宮恵子(島根大学)

司会:田中康裕(京都大学)

 

(2)分科会:15時00分~17時30分

5グループに分かれ、各講師のもと分科会を行います。

 

【参加費】会員4,000円、非会員7,000円、大学院生(非会員)5,000円

【参加申込締切】2021年2月5日(金)必着

【参加費振込締切】2021年2月12日(金)

 

詳細は、ホームページ( http://www.sandplay.jp/training.html ) をご覧ください。

Webの申込フォームよりお申込みいただけます。

 

追加情報

開催日程
2021年1月16日(土)10時~12時
会場
Zoomを用いてオンラインで開催いたします。
テーマ
公認心理師と臨床心理士が知っておきたい確定申告と労働契約の話
備考

非常勤が多いと言われる心理職ですが、交わすべき労働契約書をちゃんと確認したことはありますか?残業等の規定が書かれています。規定を読まずに、サービス残業などをしていないでしょうか?有休の規定は、確認しましたか?
また確定申告は適切に行えておりますか?確定申告には白色と青色があるのは、ご存知でしょうか?青色は控除の額が、多いのですが、さまざまなハードルがあります。

専門職として生き残っていくために、お金と労働に関する知識を持っておくことは重要だと考え、このオンラインセミナーを企画しました。ぜひご参加ください。

追加情報

開催日程
2021年4月25日(日)13:00~16:30
会場
Zoomをもちいたオンライン開催
テーマ
オンラインセミナー「私説 統合的心理療法の実践的基礎」

追加情報

開催日程
2021年4月4日(日)13:00~16:30
会場
Zoomをもちいたオンライン開催
テーマ
オンラインセミナー「心理職のための投資と節約術」
備考

オンラインセミナー「心理職のための投資と節約術」

 

■概要

お金の話はタブー。そういう雰囲気、心理職の間でありませんか?仮にお金の話をしたとしても、十中八九「稼げない」の結論で終わってしまいます。心理職をしていて悲しくなる瞬間の一つですよね。しかし、お金には「稼ぐ」以外に、「増やす」「貯める」という側面もあるはずなのです。

 

今回のセミナーでは、心理職であり、かつFP2級の資格ホルダーでもある講師と一緒に、「増やす(=投資)」「貯める(=節約)」という側面を、「行動経済学」という光を当てながら、真面目にそして理論的に学んでいけるものとなっています。

 

行動経済学は実は心理職の皆様だからこそ馴染みやすい学問です。行動経済学を今まで学んだことがない方も気軽にご参加頂けます。

 

新しい発見がきっとあるはず。心理職だからこそ出来るお金の話、そろそろ始めていきませんか?

 

■講師

小山拓哉 先生

 

資格:ファイナンシャルプランナー2級、臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士、産業カウンセラー

 

学歴:立教大学大学院 臨床心理学専攻前期課程修了

 

経歴:電話相談員、EAP、デイケア、開業などの領域で経験を積み、現在メンタルクリニック勤務。大学院ではコミュニティ心理学とアドラー心理学を中心に学び、それが今の臨床のベースになっている。心理職が抱える経済的な悩みを解決したいと考え、ファイナンシャルプランナー2級を取得。年間100冊越えの読書を10年以上続ける本の虫。

 

■日時

2021年4月4日(日)13時00分~16時30分

 

■オンライン開催

Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。

 

■参加費

4,500円 (注)振り込み後の返金は行っていません。

 

■参加資格

臨床心理士、公認心理師、心理職、言語聴覚士、作業療法士、精神保健福祉士、社会福祉士、教師、保育士、対人援助職、大学院生など。

 

■問い合わせ・申し込み

参加希望者は以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「投資節約セミナー参加希望」と明記して、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までメールしてください。その後、振込先を案内します。

 

・名前

・なまえのふりがな

・所属

・メールアドレス

・所持資格

 

■申し込み期日

2021年4月1日(木)まで。

 

■主催

心理オフィスK( https://s-office-k.com/ )

 

■詳細

https://s-office-k.com/news/archives/2039

追加情報

開催日程
2021年3月7日(日)10:00~16:30(休憩12:30~14:00)
会場
Zoomをもちいたオンライン開催
テーマ
オンラインセミナー「アドラー心理学の理論と臨床」
備考

オンラインセミナー「アドラー心理学の理論と臨床」

■概要

 アルフレッド・アドラーはジークムント・フロイトやカール・グスタフ・ユングとともに臨床心理学史上草分けの人物として名前の挙がる人物ですが、その心理学について必ずしも知られているとはいえないのも事実です。

 臨床心理学を紹介する書籍などではアドラーについて「オーストリアの精神科医でフロイトの弟子であったが学説の違いから後に対立した。性的エネルギー説を否定し、人間の根源的な動機は権力への意思を追求することにあると考えた」という程度のことが書いてあると思います。これだけ読んで何のことだかわかる人もいないでしょう。著者もアドラー心理学について知らずに書いているのです。

 アドラー心理学はアルフレッド・アドラーによって創始された心理学ですが、最近までこの程度にしか認識されていませんでした。近年ベストセラーになった一般書のおかげで素人学習者の人口は増えましたが専門家の関心は低いままです

 エレンベルガーはアドラー心理学を開けっ放しの宝箱に例え、多くの心理学者がアドラー心理学から多くのものを持って行ったという主旨のことを著書に記し、その革新性を評価しています。アドラー心理学は開発されてから今に至るまで基本的なアイディアが殆ど大きな変更もなく用いられており、その理論の上で個人や夫婦、家族という単位でのカウンセリング、サイコセラピーを行うことができます。

 今回のセミナーではルドルフ・ドライカースが整理したアドラー心理学について基礎理論とその臨床への適用についてご紹介させていただきます。

■プログラム(予定)

・理論編

1.アドラー心理学の5つの原則

2.不適切な親子関係の5つの目的

3.劣等感と劣等コンプレックス

4.きょうだい競合と家庭の雰囲気

5.課題の分離と目標の一致

6.正負の注目と勇気づけ

・臨床編

1.カウンセリングとサイコセラピーの違い

2.事例

■講師

佐々木匠 先生(佐々木カウンセリングオフィス代表、臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士、日本アドラー心理学会認定カウンセラー)(個人の相談の他親子、夫婦の相談を行っている)

■日時

202137日(日)10:0016:30(休憩12:3014:00

■オンライン開催

Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。

https://zoom.us/download

■参加費

6,500 (注)振り込み後の返金は行っていません。

■参加資格

臨床心理士、公認心理師、医師、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、作業療法士、教師、保育士、キャリアコンサルタントなどの資格をもつ対人援助の専門家。もしくは、その学習途中の院生・学生など。

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントを申請する予定です。

■問い合わせ・申し込み

参加希望者は以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「アドラーセミナー参加希望」と明記して、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までメールしてください。その後、振込先を案内します。

・名前

・なまえのふりがな

・所属

・メールアドレス

・所持資格

■申し込み期日

202134日(木)まで。

■主催

心理オフィスK https://s-office-k.com/

■詳細

https://s-office-k.com/news/archives/2625

精神分析臨床セミナー

2021年01月08日(金)

追加情報

開催日程
第1回: 4月18日(日) 精神分析を学ぶ意義 (木部)/ 精神分析の歴史・概観(福本) / 精神分析の学び方・活かし方(岩倉) 第2回: 6月20日(日) フロイトの人生と業績:前半(福本) / フロイトの症例①(木部) / アブラハムの人生と業績(福本) 第3回: 8月22日(日) フロイトの人生と業績:後半(福本) / フロイトの症例②(平島) / 女性の精神分析家(平島) 第4回: 10月10日(日) フェレンツィの人生と業績(田中) / クラインの人生と業績:前半(木部) / クラインの子どもの理論と症例(木部) 第5回: 12月19日(日) クラインの人生と業績:後半(皆川) / クラインの大人の理論と症例(皆川) / ビオンの人生と業績(福本) 第6回: 2月20日(日) A.フロイトの人生と業績 (関谷)/ 自我心理学の基礎(権) / 自我心理学の発展(権)
会場
TKP 市ヶ谷カンファレンスセンター 3F【※4月・8月は8F】
テーマ
精神分析 基礎理論
備考

本年度より『精神分析臨床セミナー:基礎理論を学ぶ』を開講します。本セミナーは、3年間で精神分析の基礎理論を概観することを目的としています。初年度である本年度は、フロイトが創案した精神分析の初期の業績から、 大枠その直系の精神分析に関して論じます。精神分析は21世紀になり、生物学的精神医学に圧倒されている傾 向にありますが、いまだに精神分析は大きな意義があることを再確認することができるでしょう。

追加情報

開催日程
奇数月の第2日曜日,9時半~12時の2時間半。全6回:5/9,7/11,9/12,11/14,1/9,3/13 *午後には,「こども・思春期精神分析セミナー」が開催されます。
会場
こども・思春期メンタルクリニック(東京都新宿区市谷本村町3-22ナカバビル9A)
テーマ
こども・思春期を対象とした心理療法グループ・スーパーヴィジョン
備考

2021年度 こども・思春期を対象とした心理療法グループ・スーパーヴィジョン

こどもはプレイの中で言葉にならない情緒を表現します。思春期においても,こどもは言葉にならない言葉を面接室に漂わせます。こどもの臨床に関わる私たちは,それらを感じ取り,考え,その意味を理解していく営みを続けていくことになります。そして,こどもたちが何に困り,どのような心的状態にあるのか,こどもの表現と必要な情報から見立てていき,適切な介入を行っていきます。

 実際にこの一連の基本的な流れを身につけるためには,長期の臨床実践と訓練を要します。子どもが何を表現し,私たちがどのように理解し,関わったのか,という交流や関係性を絶えず検討していくことが大切になってきます。

 臨床実践を行う中で私たちは,心理療法やカウンセリングで,自分がいったい何をしているのか分からなくなることが多々あります。分からない状況をもちこたえて,考え続けることができるかどうかは,セラピストの力量を決定することになるでしょう。

今回企画されたグループ・スーパーヴィジョンは,こども・思春期の心理療法やカウンセリングでの関わりを迷いながらも探求したい臨床家を,力動的な観点からサポートいたします。提示していただく事例は、構造化された心理療法だけには限りにませんので、日常の臨床実践を振り返り、何が展開しているのかを考えていきましょう。

◆日時:奇数月の第2日曜日,9時半~12時の2時間半。全6回:5/97/119/1211/141/93/13 *午後には,「こども・思春期精神分析セミナー」が開催されます。

◆場所:こども・思春期メンタルクリニック(東京都新宿区市谷本村町3-22ナカバビル9A

◆スーパーヴァイザー:木部則雄・吉沢伸一 *ふたつのグループを交互に担当します。

◆募集人数:12名(6名のグループをふたつ作ります) 

◆参加費用:30,000

◆参加資格:原則的に,午後の「こども・思春期精神分析セミナー」の参加者。

事例を提示でき,子どもの精神分析的心理療法の技術を身につけたい方。グループ・スーパーヴィジョンで提示するケースは精神分析的心理療法を実践したケースでなくても構いません。普段行っているプレイセラピーあるいはこども・思春期の面接,スクールカウンセラーでのケースなどを,力動的な観点から再検討したい方。こどものセラピーに携わる,臨床心理士,公認心理師,臨床心理専門職,精神科医・小児科医など。

◆申込方法:こども・思春期精神分析研究会HPから https://kodomo-psychoanalysis-sg.com/

※「こども・思春期精神分析セミナー」をHPから申し込む際、最後の項目の「その他のお問い合わせ内容」という欄に、「グループ・スーパーヴィジョン希望」とご記入ください。

◆注意事項:グループ・スーパーヴィジョンは、オンラインでは行いませんのでご注意ください。新型コロナウィルスの感染防止には厳重な対策を行いますので、ご協力いただきます。

◆スーパーヴァイザー

木部則雄

 1983年京都府立医科大学卒業後,聖路加国際病院小児科にて小児科医として臨床を開始し,帝京大学医学部付属病院精神神経科を経て,タヴィストック・クリニック児童家族部門に留学。帰国後,子どもの精神分析的心理療法の実践および後進の訓練に尽力。現職は,白百合女子大学文学部児童文化学科発達心理学専攻教授,こども・思春期メンタルクリニック院長。

著書/訳書

・木部則雄著『こころの発達と精神分析-現代藝術・社会を読み解く』(金剛出版)

・木部則雄著『こどもの精神分析』(岩崎学術出版社)

・木部則雄著『こどもの精神分析2』(岩崎学術出版社)

・木部則雄・井原成男監訳『クラインとウィニコット』(岩崎学術出版社)

・木部則雄・鈴木龍・脇谷順子監訳『乳幼児観察入門: 早期母子関係の世界』(創元社)

・木部則雄監訳『発達障害・被虐待児のこころの世界』(岩崎学術出版社)

・木部則雄監訳『こどものこころのアセスメント』(岩崎学術出版社)

・木部則雄・池上和子訳『こどものこころの環境現代のクライン派家族論』(金剛出版)

吉沢伸一

 2004年青山学院大学大学院博士前期課程修了。臨床心理士、公認心理師。現在,ファミリーメンタルクリニックまつたににて,主に力動的な観点から,こどもと思春期の心理療法を実践している。

著書/訳書

・木部則雄・平井正三監修/吉沢伸一・松本拓真・小笠原貴史編著(近刊)『子どもの精神分析的セラピストになること実践と訓練をめぐる情動経験の物語』(金剛出版)

・松谷克彦・吉沢伸一編著『こころに寄り添うということ』(金剛出版)

・木部則雄編著『精神分析/精神科・小児科臨床セミナー 総論』(福村出版)(分担執筆)

・菅野純監修/菅野恵・藤井靖編著『スクールカウンセリングの「困った」を解決するヒント48』(大修館書店)(分担執筆)

・松木邦裕・福井敏編著『新訂増補 パーソナリティ障害の精神分析的アプローチ』(金剛出版)(分担執筆)

・脇谷順子監訳『子どものこころの生きた理解に向けて』(金剛出版)(共訳)

・松木邦裕監訳『心的変化を求めて』(創元社)(共訳)

◆こども・思春期精神分析研究会

Mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。