研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2021年5月30日(日)から1カ月間
会場
オンライン
備考

【第4回オンラインCBTセミナー~CBTのアセスメント入門~のご案内】

 今回のテーマは、アセスメントです。適切な介入を行うためには、適切なアセスメントが必要です。今回のセミナーでは新潟大学の田中恒彦先生に、CBTのアセスメントの基本から解説していただき、架空事例を用いたワークも入れていただく予定です。どのようにアセスメントすればよいのか、どのように介入につなげていくのか、しっかり理解できるような分かりやすいセミナーにしたいと思います。最後に哲学心理研究所の若井との質疑応答も予定しています。

 

 

期間:2021年5月30日(日)から1カ月間(予定)

   5時間 期間中、くり返し視聴可

場所:オンライン(録画視聴、資料はPDFで配布します)

料金:10,000円

対象:保健・医療・教育・産業・福祉・司法などの対人援助職

   (大学院生も可)

 

講師:田中恒彦先生

    新潟大学 人文社会科学系 教育学系列 准教授

    公認心理師/臨床心理士

 

主催・お問い合わせ:哲学心理研究所

   E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

お申し込み

 ↓↓

https://forms.gle/8jrReGiziaeeTYM4A

 

〆切:6月13日(日)

 

※臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。

 

【哲学心理研究所のご案内】

サイト:https://philosophy-psychology.com/

Twitter:https://twitter.com/Josef_Dietzgen

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC8QKkUuJiw5QoO2ho1t3LXg

 (過去のCBTセミナーに寄せられた質問に答えている動画も公開しています。)

 

追加情報

開催日程
2021年7月18日(日)14:00~17:00
会場
Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります
テーマ
オンラインセミナー「WISC-4アドバンスセミナー(解釈と所見作成編)
備考

■概要

ウェクスラー児童用知能検査第4版(WISC-Ⅳ)の解釈と所見作成についてのセミナーです。以前にWISC-Ⅳの初心者に向けた基礎的なセミナーを行いましたが、今回はそのアドバンス編となります。

WISC-Ⅳの基礎的な知識を持ち、実施や集計をある程度可能な方を対象としています。

WISC-Ⅳは医療機関や教育機関のみならず、さまざまな現場で使用されている知能検査です。知能の良し悪しだけではなく、神経心理的な観点からクライエントの能力を分析的に把握し、全体的な傾向を知ることができる非常にすぐれた検査です。

このセミナーでは、数値データなどの各指標の意味や解釈のレクチャーを行います。そして、それらを用いて所見作成についての講習を行います。さらにグループワークを取り入れ、少人数で話し合って解釈や所見などを共同で作成してもらうような実習も行う予定です。

(検査器具などの画面提示は行いません)

■講師

鈴木眞弓 先生(心理オフィスKカウンセラー、臨床心理士、公認心理師)

 

■オンライン開催

Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。

スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。

参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。

また、当日のセミナーは録画します。セミナー参加者のみ後日に録画を視聴することができます。

https://zoom.us/download

■参加費

5,200

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良で当日十分に視聴できない時には返金します。

■参加資格

臨床心理士、公認心理師、医師、学校心理士、臨床発達心理士、特別支援教育士、言語聴覚士などの資格をもつ対人援助の専門家。

■問い合わせ・申し込み

参加希望者は https://s-office-k.com/professional/seminar/contact の申し込みフォームから送信してください。

もしくは、以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「WISC-4セミナー参加希望」と明記して、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までメールしてください。その後、振込先を案内します。

・名前

・なまえのふりがな

・所属

・メールアドレス

・所持資格

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントについてはセミナーの時間が短く、要件を満たしていないため、申請できません。

■申し込み期日

2021715日(木)まで。

■主催

心理オフィスK https://s-office-k.com

追加情報

開催日程
2021年6月20日(日)13:00~16:00
会場
Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります
テーマ
オンラインセミナー「模擬面接で学ぶ困難事例の認知行動療法」
備考

■概要

認知行動療法の研修に参加したり、書籍を読んだりしたものの実際の臨床でどのように活用すればよいか分からないという方も多いのではないでしょうか?僕自身も認知行動療法を学び始めた当初は、うまく活用することができず苦悩を抱えてきました。

そこで本セミナーでは模擬面接を通して認知行動療法の実際についてお伝えしていきたいと思います。台本なしの実践のためうまくいかないこともあるかと思いますがそれらも含めて皆様の学びの機会になればと思います。

(発達障害や双極性障害などのいわゆる困難事例に対しての認知行動療法のセミナーです。またセミナーでは模擬面接やグループディスカッションを用いますので、リアルに学ぶことができます)

■講師

岡村優希 先生(京都CBTセンター所長、公認心理師、認定行動療法士、臨床心理士)

 

■オンライン開催

Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。

参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。

またグループディスカッションもありますので、その際にはカメラやマイクはONにしてください。

そして、当日のセミナーを録画します。セミナー参加者のみ後日に録画を視聴することができます。

https://zoom.us/download

■参加費

5,000

・振り込み後のキャンセルは可能です。参加費の返金に応じます。

・システムの問題、急用、体調不良で当日十分に視聴できない時には返金します。

■参加資格

臨床心理士、公認心理師、医師、精神保健福祉士、社会福祉士、言語聴覚士、作業療法士、教師、保育士、キャリアコンサルタントなどの資格をもつ対人援助の専門家。もしくは、その学習途中の院生・学生など。

■臨床心理士更新ポイント

臨床心理士の更新のためのポイントについてはセミナーの時間が短く、要件を満たしていないため、申請できません。

■申し込み

参加希望者は https://s-office-k.com/professional/seminar/contact の申し込みフォームから送信してください。

もしくは、以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「困難事例セミナー参加希望」と明記して、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までメールしてください。その後、振込先を案内します。

・名前

・なまえのふりがな

・所属

・メールアドレス

・所持資格

■申し込み期日

2021617日(木)まで。

 

■主催

 

心理オフィスK

 

追加情報

開催日程
2021年5月11日(火)20時00分~21時30分
会場
Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります
テーマ
無料オンラインセミナー「心理職1年目のためのカウンセリング入門」
備考

■概要

臨床心理士や公認心理師などの心理系資格を取ったばかりの初心者の方を対象としたカウンセリングの入門セミナーです。

大学や大学院で臨床心理学やカウンセリングを学んだ方も多いかと思います。そこではカウンセリングの原理原則などについて触れられますが、実際の現場でそれをすぐに使用できる人はそう多くないでしょう。

また、公認心理師の資格を取得した方でも、これまで心理学を学んだこともなければ、ましてやカウンセリングを行ったことが無い人は多くおられます。

この無料セミナーでは、そうしたカウンセリング初心者の方のために明日から使えるカウンセリングの基礎を講義できたらと思います。ですので、セミナーの内容は概念的なことではなく実務的なことが中心となります。

具体的には、

・カウンセリングをする上での構造・設定の作り方

・そもそも構造や設定が全くない中でのカウンセリングの導入方法

・見立てやアセスメントの方法

・クライエントに役に立つカウンセリングの方法

等々をお話できたらと思います。カウンセリングについてこれから学んでいきたい方はその入り口として本セミナーをご利用いただけたらと思います。

■講師

北川清一郎(心理オフィスK代表、臨床心理士、公認心理師)

■オンライン開催

Zoomをもちいたオンラインセミナーとなります。必要なものはパソコンもしくはスマートフォン、タブレット等です。

スマートフォンとタブレットの場合にはあらかじめアプリをインストールしておく必要があります。ダウンロードは以下のアドレスから可能です。

参加方法は非常に簡単で、事前にこちらから送るURLアドレスをクリックすれば、セミナーに入室することができます。

また、当日のセミナーは録画します。セミナー参加者のみ後日に録画を視聴することができます。

https://zoom.us/download

■参加費

無料

■参加資格

・臨床心理士や公認心理師などの心理系資格を取得したばかりの初心者の心理職・対人援助職

2年目以降の方でもカウンセリングの実施が未経験・経験少ない心理職・対人援助職

・心理学やその関連領域を学ぶ大学生・大学院生

・これから心理系の資格の取得を考えている方

■問い合わせ・申し込み

参加希望者は https://s-office-k.com/professional/seminar/contact の申し込みフォームから送信してください。

もしくは、以下の必要事項を書き、件名に希望セミナー「カウンセリング入門参加希望」と明記して、このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までメールしてください。

・名前

・なまえのふりがな

・所属

・メールアドレス

・所持資格

■申し込み期日

2021511日(火)1959分まで。

■主催

心理オフィスK https://s-office-k.com

追加情報

開催日程
2021年5月30日(日) 10:00~16:30
会場
ZOOM もしくは 実会場*(選択可)  *大阪府茨木市 立命館いばらきフューチャープラザ カンファレンスホール
備考

オンライン研修会のご案内 (研修ポイント申請予定)

『子どもの自閉の世界、その魅力と臨床』

 〇講師:松本 拓真(岐阜大学教育学部准教授)
 〇進行:寺井 さち子(京都心理臨床研究所) 竹田 伸子 (大阪彩都心理センター)

※全国どこからでも参加可能なZOOMハイブリッド型研修です
※日本臨床心理士資格認定協会の研修ポイント申請予定

クライン派の早期親子関係の発達研究と精神分析的自閉症論について学び、
子どもの心理臨床の事例検討を通して理解を深めます。子どもの臨床に携わる方には
もちろん、病態の重い成人クライエントに関わる方にも役立つ研修です。
初夏の一日、子どもの心の声に耳を澄まし、そのみずみずしい世界に浸るひと時をご一緒しませんか。

◆日 時 2021年5月30日(日) 10:00~16:30

◆場 所 ZOOM もしくは 実会場*(選択可)

     *大阪府茨木市 立命館いばらきフューチャープラザ カンファレンスホール

◆対 象 臨床心理士、公認心理師ほか、職種や領域に関わらず親子関係理解に
     関心を寄せる専門家

◆内 容
   A.M.講 義:クライン派の早期親子関係の発達研究と精神分析的自閉症論
  P.M.事例検討『心理療法過程に見る ある児童の心の世界
         ~ 自閉的な世界、その豊かさと臨床上の課題と ~』(仮題)

◆会 費 ¥5,000-

◆申込み予約方法

  以下を明記の上、下記にemailをお送りください。数日中に受付可否を返信いたします。
  
     ①氏 名:
     ②よみがな:
     ③携帯電話番号(半角ハイフンなし):
     ④所属/職種:
     ⑤参加手段(実会場 or ZOOM に出席):
   ⑥臨床心理士番号(臨床心理士の方のみ) :
   
   このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 大阪彩都心理センター 研修事務局

   ※docomo.ne.jp 及び ezweb.ne.jp は当方からの返信メールが届かない場合があります。
    数日経っても返信がない場合、他のアドレスから再送信してください。

※詳細は下記チラシを参照ください
 http://saitokodomo.com/doc/kensyu210530.jpg

追加情報

開催日程
第1回 2021年5月23日(日)第2回 2021年9月19日(日)第3回 2021年11月14日(日)第4回 2022年3月20日(日)
会場
zoomを用いたオンライン開催
テーマ
認知行動療法・応用行動分析学を用いた心理支援
備考

研修シリーズは4回にわたって,認知行動療法・応用行動分析学の考え方や技法を日常の臨床や現場での実践に活用していただけるよう,専門用語や理論も一から優しい言葉で解説します。また,具体的な事例の紹介やワークを通して実践のイメージをもっていただけるよう工夫しています。

 

第1回 2021年5月23日(日) 13:00-15:00
 『今日から使えるポジティブ行動支援』 

講師
:大対香奈子
(近畿大学総合社会学部 准教授 / みどりトータル・ヘルス研究所)
対象:学校の教員,福祉施設職員,心理師/士,大学院生等

第2回 2021年9月19日(日) 13:00-15:00
 『働く人ひとりひとりに適したストレスマネジメント法の導き方』

講師
:本岡寛子
(近畿大学総合社会学部 教授 / みどりトータル・ヘルス研究所)
対象:企業の産業保健スタッフ(産業医,看護師,保健師,心理師/士など),人事課や総務課の精神衛生安全管理担当者,医療機関や相談機関で産業衛生管理に従事されている方,産業衛生管理に関心のある学生等

第3回 2021年11月14日(日) 13:00-15:00
 『実践に活かす強迫性障害(OCD)への認知行動療法』

講師
:藤田昌也
(みどりトータル・ヘルス研究所)
対象:心理師/士,強迫性障害に関わる専門家,大学院生等

第4回 2022年3月20日(日) 13:00-15:00
 『学習指導に活かす応用行動分析学』

講師
:野田航
(大阪教育大学教育学部初等教育講座 准教授 / みどりトータル・ヘルス研究所)
対象:学校の教員,福祉施設職員,心理師/士,大学院生等


研修形式:Zoomライブ配信(オンデマンド配信も予定しています)
定員:各100名
参加費:1講座 3,000円(4講座全て受講される場合は10,000円)
2回目以降の申し込みも開始しております。
※臨床心理士資格更新ポイントを申請する予定です。ただし,要件を満たすためには全4回の研修シリーズのうち3回以上を受講する必要があります。

申込方法
①下記QRコードまたはアドレスのZoom申込フォームから事前登録を行って下さい。
認知行動療法研修 申し込みフォーム
https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZ0td-msqTkvEtXgnkTL4PZTsWz3WwjYUdfg


②登録完了後,登録受付メールが自動送信されます。記載された振込先に1週間以内に参加費をお振込下さい(登録受付メールが届かない場合は,ご連絡下さい)。ご入金確認後,領収書をメールでお送りします。
③各開催日の2-3日前にZoom接続先情報をお送りします。

 

【お問合せ先】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

【主催】みどりトータル・ヘルス研究所

皆さまのご参加をスタッフ一同,お待ちしております。

追加情報

開催日程
毎月第4週 火曜日20:00-21:00
会場
WEB
テーマ
認知行動療法スキルアップセミナー
備考
認知行動療法スキルアップセミナー
【内容】認知行動療法について講義やロールプレイを通じて実臨床の流れを習得することを目指します。また、参加者同士で実践での疑問点をディスカションしたり、ベテランの心理士からのレクチャー(不定期)を通じて認知行動療法のさらなる理解を深めることを行います。その他、書籍紹介を適宜行います。
【スケジュール】
上半期スケジュール
1回目:4月17日20時 初回面接での聞き取り、ケースフォーミレーション
2回目:5月25日20時 ホームワーク、心理教育
3回目:6月22日20時 2回目以降の展開
4回目:7月27日20時 未定
5回目:8月24日20時 未定
6回目:9月28日20時 未定
【講師】京都CBTセンタースタッフ、外部講師
【対象】医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門家(認知行動療法初心者の方でも歓迎です)
【日時】毎月第4週 火曜日20:00-21:00
【参加形態】ZOOM(録画視聴も可能です)もしくは録画視聴
【期間】2021年4月~2022年3月
【参加費】
聴講参加:20,000円 年12回
スタッフ枠参加:30,000円 年12回 (定員10名)
【注意事項】
※スタッフ枠はディスカッションやロールプレイにご参加いただけます。
※年度途中からご参加の方もこれまでの内容を録画視聴可能です。
※専用slackにご招待します。
※臨床心理士ポイント申請予定
【主催】京都CBTセンター
【連絡先】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2021年5月9日(日)10:00~12:30 フォーカシング+セルフケアトーク/13:30~16:00 マインドフルネス、【録画視聴】5/16~6/13
会場
オンライン
テーマ
【オンライン研修】対人援助に役立つセルフケア体験セミナー
備考

ケアする人のためのリフレッシュ企画

 

ときには、リフレッシュしてみませんか。

対人援助に関わるすべての専門家の方向けに企画しました。

今回は、専門家の方のためのセルフケア企画としておりますが、ご自身のケアだけでなく、個別支援、デイケアや病棟のプログラム等でも活用いただけると思います。奮ってご参加ください。

 

【研修内容】

フォーカシング

フォーカシングとは、言葉になる以前の、体や心で感じられているものを大切に扱う心理手法です。体や心の「感じ」を尊重することで、自分の状態を落ち着いて受け止めることができたり、次にとる行動の方向が見えてくることもあります。本セミナーでは、頭で考えることをいったん脇に置き、体や心にゆったりと向き合うフォーカシング的過ごし方を体験していただきます。

 

マインドフルネス

 マインドフルネスとはMind+ful+ness=心+満ちている+状態。

自分の内側・外側で起こっていることに気づき、自分自身に優しい目をもって対応できるようになることで、皆さんがまた笑顔で支援に携われるよう応援の気持ちもこめたあたたかい実践型ワークショップにしていきたいと思います。

 

 

【講師】

フォーカシング(10:00~12:00):梶井陽子 先生

 

臨床心理士・公認心理師。九州大学大学院人間環境学府人間共生システム専攻心理臨床学コース修士課程修了、2008年より独立行政法人国立病院機構肥前精神医療センターにて心理療法士として勤務。外来のほか、医療観察法病棟や児童思春期病棟などを担当。2014年に退職し京都に拠点を移してからは主に大学の学生相談に携わっている。心理臨床においてはクライエントの「体験過程」および「主体性」を重視している。

 

12:00-12:30 セルフケアトークは京都CBTセンターの岡村優希先生が担当します。セルフケアについてトークさせていただきます。

 

マインドフルネス(13:30~17:00):藤本志乃 先生

(カウンセリングルームLe:Self代表)

 

教育相談員の経験の後、腎臓内科で主に透析患者を対象にしたカウンセリングに従事。臨床・研究・講師活動なども積極的に行ってきた。2020年に「ウェルビーイングのためのカウンセリングルームLe:self」オープン。

気軽な心ケアに出会えるカウンセリングルームを目指し、オンラインでのカウンセリングはもちろん、マインドフルネス、ACTなどのワークショップ・イベントを開催している。

 

【対象】医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門家(初心者の方でも歓迎です)、大学生・大学院生、対人援助に関わる看護師さんや介護福祉士、PSWなどの専門家の方の参加もお待ちしております。

 

【Live視聴(先着順)】2021年5月9日(日)10:00~12:30 フォーカシング+セルフケアトーク/13:30~16:00 マインドフルネス

 貴重な機会となっておりますので、ぜひLIVEでご参加くださいませ。 なお、LIVE視聴は5/2までにお申し込みいただくようお願いします。

 

【録画視聴】5/16~6/13(なお、録画はお好きな時間に繰り返し何度でもご覧いただけます。)

  録画は6/7までにお申し込みお願いいたします。

 ※LIVE視聴参加の方でも、録画視聴ができます。録画視聴を希望されても、ご都合が合えばLIVE視聴に切り替えていただくことも可能です。その際はご連絡ください。

 

【参加費】各3,000円(税込)※どちらも参加される場合は、6,000円となります。

  ただし、大学生、大学院生の方は各2,000円(税込)です。どちらも参加される場合は4,000円となります。

 

【主催】京都CBTセンター

【共催】メンタルライフサポートPrimoPasso

【お問い合わせ】このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

【参照HP】https://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2671

 

※フォーカシング、マインドフルネスのどちらも参加された方へ

LIVE視聴、録画視聴どちらも臨床心理士資格更新ポイント申請予定です。ぜひご参加をお待ちしています。

 

追加情報

開催日程
2021年5月2日(日)3日(月)
会場
オンラインZOOM / 京都・龍谷大学大宮キャンパス のハイブリッド型
テーマ
「心理療法としての『遊ぶこと』」
備考

研修内容:
2021年5月2日(日)
(1)ワークショップ  9:30~12:00
A: 山中康裕先生(京都ヘルメス研究所/京都大学名誉教授)
 『少年期の心』の赤頭巾庭子事例
B: 安島智子先生(このはな児童学研究所)
  発達障がい児との遊戯遼法の実際
C: 伊藤良子先生(帝塚山学院大学大学院)
 「発達障害」再考:発達の多様性について考える
D: 弘中正美先生(山王教育研究所)
  プレイセラピーにおける枠の守りと枠崩し
E: 森岡正芳先生(立命館大学)
  臨床ナラティヴアプローチ入門
F: 森谷寛之先生(京都文教大学名誉教授/京都コラージュ療法研究所)
  遊びの要素を取り入れる心理療法 -「九分割統合絵画法」の紹介-
G: 國吉智子先生(神戸女学院大学)
  親子相互交流療法(PCIT)を親面接に活用する
H: 難波愛先生(神戸学院大学)
  体験から学ぶ遊戯療法の基礎 -プレイルームでの立ち居振る舞いと応答-

(2)公開講演会   13:30~16:00
テーマ :「思春期のこころと遊び ―SNSやアニメ、動画などの関係から考える―」
講 師:岩宮恵子先生(島根大学人間科学部/島根大学こころとそだちの相談センター)
司 会:森田喜治先生(龍谷大学)

2021 年5月3日 (月)
(3)研究発表 A 9:30~11:30
(4)公開シンポジウム   12:30 ~15:00
テーマ :「人間を写す鏡としての妖怪 ―妖怪学と遊びの関係をめぐって―」
話題提供者:小松和彦先生(国際日本文化研究センター所長)
指定討論者:川戸 圓先生(川戸分析プラクシス/大阪府立大学名誉教授)
指定討論者:木部則雄先生(白百合女子大学)
 司 会 :森田喜治先生(龍谷大学)
(5)研究発表 B   15:15~17:15

非会員の方は、ワークショップ・公開講演会 ・公開シンポジウム にご参加いただけます。
詳細は、第26回大会ホームページ( https://ryu-playtherapy.com/ ) をご覧ください。
Webの申込フォームよりお申込いただけます。
なお対面では、定員に達しない場合、当日参加も可能ですが、オンラインの申込期限は4月16日までとなっております。
皆さまのご参加を心よりお待ち申しております。

問い合わせ先:
日本遊戯療法学会 第26回大会準備委員会事務局
〒600-8268 京都市下京区七条通大宮東入大工町125-1
龍谷大学 大宮キャンパス 清風館 森田研究室
Email:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2021年4月29日
会場
zoomウェビナーによるOnline開催
テーマ
チーム学校によるすべての子どもの援助~コロナ禍に学ぶ心理教育的援助サービスのレッスン
備考

【主催】

日本学校心理学会

 

【研修会名】

第62回研修会「チーム学校によるすべての子どもの援助」

 

【開催日】

2021年4月29日

 

【会場】

zoomウェビナーによるOnline開催

 

【演題】

チーム学校によるすべての子どもの援助~コロナ禍に学ぶ心理教育的援助サービスのレッスン

 

【講師】

東京成徳大学 応用心理学部臨床心理学科 教授 石隈 利紀 先生

 

【日時】

令和3年4月29日(木・祝)13:30~16:30

※入室は13:00から可能です。

 

【参加費】

会員…1,000円,非会員…3,000円

学生参加 可 会員…1,000円,非会員…2,000円

 

【講師より】

 新型コロナウイルス感染症拡大により、休校や行事の中止など、学校教育の危機となった。学校危機への対応として、3密をさけたグループワークからオンラインによる授業やカウンセリングなど、「三段階の心理教育的援助サービス」が工夫されてきた。

 またスクールカウンセラーの活用や学校・家庭・地域の連携による「チーム学校」がすべての子どもの援助サービスで重要であることが分かった。

 コロナ禍で学んだ「心理教育的援助サービスのレッスン」をみなさんと共有して、新しい学校教育に活かしたい。

 

【お問い合わせ】

日本学校心理学会第62回研修会受付

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

【詳細・お申し込み】

https://peatix.com/event/1832881