研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2020年10月7日 20:00~21:00
会場
オンライン(zoomを使用します)
テーマ
LGBTs相談の実際と知っておきたいこと〜産業臨床編
備考
 
心理臨床の場は多様なひとに開かれている場所です。
専門職として性の多様性やセクシュアリティについて学び直してみ ませんか?

今回は「LGBTs相談の実際と知っておきたいこと〜産業臨床編 」です。


>>>産業臨床編ですが<<<

LGBTフレンドリーやダイバーシティを掲げる企業が増えている 昨今ですが、LGBTの離職率や転職率はそうでないひとたちより も高いと言われており、SOGIハラスメントと呼ばれるようなセ クシュアリティに対しての差別や偏見が職場環境のなかで取りあげ られることも増えてきました。

生活と働くことは切り離せないものであり、すべてのひとにとって 働きやすい労働環境を作ることは、すべての人の心身の健康に必要 なことです。

産業の場でのLGBTs支援に必要な知識や対応を、模擬事例を通 して考えてみましょう。

産業臨床の場で出会うかもしれないクライエントさんを想定し、
クライエントさんの感じる悩みやテーマを、より理解できるようデ ィスカッションを深められたらと思います。
臨床心理士/公認心理師としてのあなたのダイバーシティ化をさら に進めましょう!
LGBTをはじめとしたセクシュアルマイノリティに対しての援助 に興味がある方もぜひどうぞ。

「実はあんまりしらないかも…」 
「でもなんだか今さら誰かに聞きにくい…」
「わたしの理解って合ってるかちょっと不安…」

そんな方でもOK!
気軽にご参加ください。



実施日時:2020年10月7日(水) 20:00-21:00


実施場所:オンライン(zoomを使用します)

定員:15-20名(定員に達し次第締め切ります)


参加費:1000円


参加資格:臨床心理士または公認心理師有資格者。または資格取得 のために勉強をしている大学生・大学院生・大学院修了生
(資格証・学生証・修了証の画像の送付を申し込み後にお願いしま す。前回ご参加いただいた方は必要ありません)

*連続講座ではありますが、1回ずつの内容は独立しています。
*今回は模擬事例を元にディスカッションを行います。議論に刺激 されてご自身の現場の事例についてお話したくなりがちですが、
守秘の関係上、お控えください。講義で扱う模擬事例内でのコメン トをお願いします。
*入場は19:50から開始いたします。19:50~20:00 の間に出欠を確認しますのでご協力ください。
*開始後10分を超えた入場はご遠慮ください。入場管理に対応し かねる場合がございます。



講師紹介:
*樋口亜瑞佐(ひぐち・あずさ)
愛知教育大准教授。社会的養護の領域を中心に臨床活動を継続。
「セクシュアリティとは生きることそのもの」を大前提にみなさん とお話し合いたいです。


*梨谷美帆(なしたに・みほ)
カウンセリング・ラボSORA代表。NPO法人QWRC理事。精 神科医療を中心に臨床経験を積みいつのまにか20年。NPO活動 を通じてセクシュアル・マイノリティ支援に取り組み、セクマイ ・クィアフレンドリーなカウンセリングルームとして、2013年 にカウンセリング・ラボSORAを設立。自由を愛するカウンセリ ング屋さん。
 
 
 
 
返信転送
 
 
 
 
 
 
 

追加情報

開催日程
2020年10月25日(日)
備考

NPO法人SEEDきょうと主催 支援者オンライン講習会

「摂食障害治療のカベ」

~治療過程で起こる問題の多職種ディスカッション~

NPO法人SEEDきょうとは、毎年「拒食・過食を乗り越えて」と題して市民講演会を開催してきました。今年度は新型コロナの影響を考慮し、オンラインによる支援者講習会を行うこととなりました。全国で支援しておられる皆様と一緒に、改めて摂食障害の支援過程において起こりやすい様々な問題について考える機会にさせていただきたいと思います。

日時:20201025日(日)13001530 ※ZOOMを使用します。

定員:80

参加費:無料(ご寄付は随時募集しております)

対象:摂食障害の支援に従事されている方

申込方法;チラシ上のQRコードを読み込むか、https://forms.gle/d7HkDhkQJr8B4RUn7よりフォームにご入力ください。ホームページの支援者講習会のページ(http://seedkyoto.net/wordpress/supporter/)からも申込可能ができます。

お問い合わせ:NPO法人SEEDきょうと

電話:075-748-7834

オンラインセミナー専用E-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

ホームページ:http://seedkyoto.net/

※なるべくメールにてお問合せください。

追加情報

開催日程
2020年10月18日(日)10:30~13:00
会場
Zoomによるオンライン開催
テーマ
KIPPセミナー「かかわること、遊ぶこと、抱えること」
備考

各位

 

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。

2020年度KIPP対人関係精神分析セミナーを開催いたしますので、下記の通りご案内いたします。

本年に関しましては新型コロナウイルス感染拡大のため、講義のみの開催となります。

詳細につきましては、ホームページ(https://www.kippkyoto.org/)をご確認ください。皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

KIPPセミナー「かかわること、遊ぶこと、抱えること」

※臨床心理士資格認定ポイントの申請は行いません。

--------------------------------------- 

第 3 回 2020年 10月 18 日(日)10:30~13:00

「児童・思春期のセラピーグループで『かかわること』『遊ぶこと』『抱えること』」

講師 西村 馨(国際基督教大学教養学部)

「発達障害児と保護者に対するグループセラピー」

講師 川畑 直人(京都文教大学/一般社団法人京都精神分析心理療法研究所/(有) ケーアイピーピー

定員 60名

--------------------------------------- 

 

「児童・思春期のセラピーグループで『かかわること』『遊ぶこと』『抱えること』」

講師 西村 馨

 

 集団場面や対人関係で傷つきを体験した子どもへの心理学的支援は個人面接に決まってる? いやいや、だからこそ、子どもは、グループという場にいて楽しめること、心を許せる友達を持つことを切に願っていることが多いです。ただし、いろんな意味で「遊ぶこと」ができなくなって、臆病になっています。そのため、「遊ぶこと」そのものが癒しになり、仲間と「かかわること」そのものが成長をもたらします。そんなの分析的セラピーじゃない? いやいや、セラピストがそのような場を作って、気持ちを「抱えること」に努めることは、もっとも「分析的」な営みなのではないでしょうか? そういう観点から、子どものセラピーを考えたいと思います。

★参考テキスト

藤信子・西村馨・樋掛忠彦編著 日本集団精神療法学会編集委員会監修(2017)

『集団精神療法の実践事例30』創元社

 

「発達障害児と保護者に対するグループセラピー」

講師 川畑 直人

 さまざまな発達特性により学級集団に適応しづらい児童とその保護者を対象に、2005年より続けている「すきっぷ(SKIPP: Sodatsu Kokoro in Peer Program)」の活動をふり返り、子どもや親を支援するグループの力について考えてみたいと思います。このプログラムを考えるにあたって、前青年期のチャムの重要性を指摘し、精神科病棟でのチームアプローチを主導したサリヴァンの発想は大いに役立ちました。このセミナーでは、子グループ、親グループの進行を追いながら、参加者、スタッフを含めた集団の力動について、微細な検討ができればと考えています。

 

★参考テキスト なし

---------------------------------------

 

申込方法:下記申込専用フォームよりお申し込みください。

受付後、受講料振込先、振り込み期日をお知らせいたします。

 

KIPPセミナー「かかわること、遊ぶこと、抱えること」申込専用フォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S78911790/

 

受講料:3,000円(一律)

申込期限:10月4日(日)

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局

※お問い合わせはホームページをご確認いただきますよう、お願いいたします。

 

追加情報

開催日程
2020年10月31日(土)17時~20時
会場
Zoomによるオンライン開催
テーマ
スティーヴン・ミッチェルの業績をたどる① 『精神分析理論の展開』
備考

各位

 

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。

2020年度KIPP精神分析セミナー・プラスを開催いたしますので、下記の通りご案内いたします。詳細につきましては、ホームページ (https://www.kippkyoto.org/) をご確認ください。何卒よろしくお願いいたします。

 

 

2020年度KIPP精神分析セミナー・プラス

--------------------------------------- 

日時:2020/10/31(土)17:00~20:00

テーマ: スティーヴン・ミッチェルの業績をたどる① 『精神分析理論の展開』

講 師    横井 公一

定員 10名程度

対象 臨床心理士。精神科医、その他の医療・教育・福祉等で心理臨床に関わっている方。 

または、それに関わる学生、大学院生。事例の守秘を守れる方。

受講料:一般 3,000円、学生 2,000円

--------------------------------------- 

このセミナーではミッチェルとグリーンバーグの共著『精神分析理論の展開』(原題:Object Relations in Psychoanalytic Theory; 1983)を読みます。この著作は、精神分析の理論の基盤がフロイトの時代の欲動から、時を経て関係性へとパラダイムシフトしていったことを明らかにして、関係精神分析の成立を準備する基盤を作った著作です。様々な学派が対象関係をどのように取り扱ったのかが俯瞰でき、精神分析の見取りが得られる書物です。精神分析の様々な学派の特徴を関係性の視点から学びましょう。

---------------------------------------

 

申込方法:下記申込専用フォームよりお申し込みください。

※一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局の連絡先とは異なりますので、必ずこちらからお申込みください。

 

https://ws.formzu.net/fgen/S45611008/

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局

※お問い合わせはホームページをご確認いただきますよう、お願いいたします。

第12回松木邦裕セミナー

2020年09月05日(土)

追加情報

開催日程
11月8日(日)
会場
オンライン開催
テーマ
解離と自閉のポスト・エディプス心性―バベルの塔から天空の城ラピュタへ
備考

【オンライン開催】

精神分析研究会・神戸 オープンセミナーのご案内

 

日時:2020年11月8日(日)

 12:15~14:15 症例検討会

 14:30~17:00 講義(講師・平井正三先生)

  『解離と自閉のポスト・エディプス心性―バベルの塔から天空の城ラピュタへ』

 

対象:精神分析的精神療法に関心のある精神科医,その他の医師,医学部/5回生以上

 

臨床心理士,公認心理士,および両資格取得を目指す大学院生(医学部以外の学部学生は参加できません)と大学院修了生。※全て守秘義務を遵守していただける方。

 

参加費:6,000円(一般)

    3,000円(大学院生及び大学院修了後1年目の方)

 

申込み:ホームページの申し込みフォームかメールでお申し込みください。

メールの方は①名前②所属③職種④連絡先住所⑤電話番号⑥メールアドレスを入力の上、下記事務局アドレスまでお申し込みください。追って参加の可否・振込先・受講方法をお知らせします。

 

申込み期限:2020年10月29日(木)

 

連絡先:精神分析研究会・神戸事務局   E-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

主催:精神分析研究会・神戸http://bunseki-kobe.com

 

 

 

追加情報

備考

 

(公社)葵橋ファミリー・クリニック主催の研修講座の案内を致します。

 

 

 

 毎年開講し多くの方にご参加頂いている、ウェクスラー式検査の講座、ロールシャッハ・テストの講座、バウムテストの講座を後期に開講致します。どの講座も、事例を基に実践的に学んでいただける講座となっております。また新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、換気を十分行い、密にならないよう工夫して行います。

 

 

【発達の視点を味わうーウェクスラー式検査の実際ー(全3回)】

 

日程:2020111日、126日、2021110日(日曜、13:0017:00

 

講師:福永 友佳子(パームこどもクリニック・オフィスオータム/臨床心理士)

 

会場: 日本聖公会京都教区センター研修室(葵橋ファミリー・クリニック向かい)

 

参加費:一般30,000円、AFC会員・学生27,000

 

※「基礎編」と併せて受講の方は、日本臨床心理士資格認定協会の継続研修機会(定例型)として、研修ポイントが取得できます。

 

 

【ロールシャッハ・テストー応用編(全3回)】

 

日程:20201011日、1213日、2021124日(日曜、13:0018:00

 

講師:山本 昌輝(立命館大学文学部教授/臨床心理士)

 

会場:日本聖公会京都教区センター研修室(葵橋ファミリー・クリニック向かい)

 

受講料:一般35,000円、AFC会員・学生32,000

 

(各回参加も可能。112,000円、AFC会員・学生10,800円)

 

※各回、日本臨床心理士資格認定協会のワークショップ(短期型研修会)として、研修ポイントが取得できます。

 

 

【バウムテスト事例研究(全6回)】

 

日程:2020108日、1112日、1210日、2021114日、218日、311日(木曜 18:3020:30

 

講師:青木 健次(京都大学 名誉教授)

 

会場:ハートピア京都 3階 視聴覚室

 

参加費:一般35,000円、AFC会員・学生32,000

 

※日本臨床心理士資格認定協会の継続研修機会(ワークショップ)として、研修ポイントが取得できます。

 

 

講座内容の詳細及び申込方法は、お問合せ、もしくはホームページをご覧ください。

 

皆様のご参加をお待ちしております。  

 

問い合わせ先:TEL075431-9150FAX075431-9158

 

追加情報

開催日程
2020年10月16日~12月18日、隔週金曜日(全5回)
会場
大阪府立大学I-siteなんば2階(大阪市)
テーマ
臨床実践に生かす心理アセスメント
備考

心理職の初の国家資格として導入された公認心理師は、学校、医療現場、司法領域、企業、児童福祉分野などの多様な領域で、臨床心理学的な視点からケースを見立て、他の専門職に助言を与えつつ、チームとして支援することが求められています。本公開講座では、公認心理師資格取得者あるいは取得をめざす人を対象として、心理アセスメントを心理臨床実践に生かす視点を身に着けるとともに、代表的な心理アセスメントの基本的な知識や技法を習得することを目的に、5回のシリーズを構成しました。描画法などの回では、実際にアセスメントを実施していただきます。

(※昨年度とほぼ同内容の講座です。また、新型コロナウイルス感染拡大の状況により、本講座は一部変更または中止となる可能性があります。)

第1回 10月16日(金)「心理アセスメントの実施の仕方」
川原 稔久 大阪府立大学 教授(臨床心理学分野)

第2回 10月30日(金)「知能検査―WAISを中心に」
川部 哲也 大阪府立大学 准教授(臨床心理学分野)

第3回 11月13日(金)「投影法―ロールシャハテストを中心に」
片畑 真由美 大阪府立大学 准教授(臨床心理学分野)

第4回 11月27日(金)「描画法」
髙橋 幸治 大阪府立大学 准教授(臨床心理学分野)

第5回 12月18日(金)「精神医学的アセスメントとケース・マネジメント」
総田 純次 大阪府立大学 教授(臨床心理学分野)
     
申込方法 下記、大阪府立大学Webサイトからお申込みください。

定員 24名(応募者多数の場合は抽選)

受講料 10,000円(全5回)

締切 10月1日(木)必着

セミナー詳細は、こちらのWebサイトをご覧ください。

http://www.osakafu-u.ac.jp/event/evt20201016_2/

追加情報

開催日程
2020年9月14日 ~ 9月30日
会場
17日間のオンデマンド研修
テーマ
心のケアに携わる人の認知行動療法のスキルアップ研修
備考

国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター

2020年度 心のケアに携わる人の認知行動療法のスキルアップ研修

 

■目的

 認知行動療法をはじめ様々な心理療法を身につける際に重要となるのがスーパービジョンです。スーパービジョンは心のケアに携わる人の安全と成長を支えることにもつながります。本研修では、認知行動療法を含む心理療法のスーパービジョンに関する実践法の習得を目的とします。

 

■対象者

 認知行動療法を用いた対人援助に携わる方。医師、心理職、看護職、精神保健福祉士等。医療・保健、福祉、産業、教育、司法・矯正の有職者、大学院生。

 ・日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士2ポイント取得、日本精神神経学会精神科専門医制度における精神科専門医資格の更新最大3単位を得る研修として承認申請を予定しております。

 

■研修期間 2020年9月14日 ~ 9月30日 17日間のオンデマンド研修

 

■研修主題

 認知行動療法を含む心理療法のスーパービジョンに関する実践法の習得を目的とした臨床研修。

 

■課程内容(合計約6時間)

     心理療法のスーパービジョン

     認知行動療法のスーパービジョンのポイント

     認知行動療法のスーパービジョンの進め方

     グループスーパービジョン

     セルフ・スーパービジョン

 

■講師

     堀越勝 (認知行動療法センター センター長)

     伊藤正哉(認知行動療法センター 室長)

     中島俊 (認知行動療法センター 室長)

     蟹江絢子(認知行動療法センター)

     大井瞳 (認知行動療法センター)

※講義の一部を、認知行動療法センター内上記以外のスタッフが担当する場合もございます。

 

■研修会場 WEB配信を予定

 

■定員 900名(定員になり次第、受付期間内でも締め切らせていただきます。)

 

■受講料 1万円(税込)

 

■WEB申込受付期間 2020年9月14日 ~ 9月29日

 

■申込方法 9月14日以降に、下記リンクよりお申込ください。

      https://ncnp.smktg.jp/public/seminar/view/276

 

■お問合せ

国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター 研修事務局

〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1 MAIL:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

※お問合せの際には、メールの件名に【研修番号】を必ずご記入ください。【研修番号】はHPに掲載しております研修タイトルの横にございます。

 

 

研修に関しての注意事項(必ずお読みください):

・受講時の通信にかかる料金は受講者のご負担となります。

・研修動画の写真撮影、録画、録音、送信、複製、改変、転載またはそれに準ずる行為、研修動画を権利者の許諾なく上映することは法律で禁止されています。

・研修動画の視聴URLを他者に漏洩することは固く禁止いたします。

・機器の使用方法、機器トラブル、配信トラブルについての対応はいたしかねますので、ご了承ください。

・受講に当たっては、配信システムへの会員登録と決済手続きが必要になります。

・受講料のお支払いはクレジットカード払いとなります。

・領収書またはそれに相当するものを発行いたします。

・決済完了後にキャンセルされた場合、受講料は返金いたしかねますので、ご了承ください。

・申込受付期間後の申込は受け付けておりませんので、ご了承ください。

・対象となる講義を100%受講すると、修了証が発行されます。

 

追加情報

開催日程
2020年9月11日~30日
会場
WEB開催(オンデマンド方式)
テーマ
基礎研究と臨床応用の協働と新たな展開
備考

このたび、日本認知・行動療法学会第46回大会を2020年9月11日~30日にWEB方式で開催することとなりました。

 

WEB方式とはなりましたが、従来の学会コンテンツとほぼ同様のプログラムをご提供しております。動画を視聴するオンデマンド方式にすることで、学会期間中であればワークショップを含むすべての動画を繰り返しご視聴いただけます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

<<プログラム概要>>
特別講演
岡本 泰昌(広島大学)
「脳からみた認知行動療法とその近未来的展開」

【教育講演
神村 栄一(新潟大学)
「思考感情衝動すべてをオペラント行動に「還元」する支援としての認知行動療法(児童思春期編):学校臨床のエキスパートをめざす「かんげん君」のスキルアップ物語」
中川 彰子(千葉大学)「強迫症の認知行動療法の実際」
冨永 良喜(兵庫県立大学)
「災害や暴力により傷つく子どもへの予防・ケア・療法-方法とシステム」
武藤 崇(同志社大学)
「機能的文脈主義から捉える「認知症問題」:ACTとPBSの統合は可能か」

【市民公開シンポジウム】
「笑顔はぐくむ眠育(睡眠教育)と家族の健康~睡眠改善の重要性と実際の睡眠マネジメント~」

【大会企画シンポジウム】
「抑うつ研究の最前線」
「発達障害児支援の最前線―医療・学校・家庭での支援」
「インターネットを用いた認知行動療法の実際と課題」

【委員会企画シンポジウム】
・認知行動療法師資格制度運営委員会・資格認定委員会・教育研修委員会共催シンポジウム
・公認心理師対応委員会・公認心理師の会・公認心理師養成大学教員連絡協議会共催企画シンポジウム
・編集委員会企画シンポジウム
・行動療法士ワーキンググループ企画シンポジウム(行動療法士限定研修会)
・ダイバーシティ推進委員会企画シンポジウム

【自主企画シンポジウム】15題

【一般演題(ポスター)】136題

【ワークショップ】21題

 

<<参加費>>

事前参加登録(9月7日まで)

会員 11,000円

非会員 13,000円

学生(会員・非会員) 8,000円

 

当日参加登録(9月11日~23日)

会員 12,000円

非会員 14,000円

学生(会員・非会員) 9,000円

 

<<お問い合わせ>>

大会運営事務局 株式会社 オフィス・テイクワン

 〒451-0075 名古屋市西区康生通2-26

 TEL : 052-508-8510

 FAX : 052-508-8540

 E-mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。