研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2020/3/22
会場
立命館大学大阪いばらきキャンパスB棟3階B374コロキウム
テーマ
仏教から見たマインドフルネスー瞑想と現代人の心の癒し―
備考

講師:井上ウィマラ先生(健康科学大学福祉心理学科教授)

追加情報

開催日程
2020年3月20日(金・祝) 13:15-16:45
会場
エル・おおさか 本館5階 視聴覚室
備考

 

対人関係精神分析の基礎となる対人関係論を創始した、米国の精神科医ハリー・スタック・サリヴァンの思想と臨床について語り合う広場を開催します。

 

 

はじめに、川畑よりサリヴァンが臨床指導をしたケースカンファランスの記録から、彼の思想と臨床について紹介します。続いて、羽下はコミュニティ心理学の立場から、村澤は中井久夫の仕事を踏まえ、自由な連想をもとに指定討論します。最後に、会場を交えてサリヴァンについて語り合いたいと思います。

 

 

対人援助に関わるあらゆる職種の方にご参加いただければ幸いです。

 

 

【日時】

 

2020320日(金・祝) 13:1516:45

 

 

【会場】

 

エル・おおさか 本館5階 視聴覚室

 

540-0031 大阪府大阪市中央区北浜東3-14

 

http://www.l-osaka.or.jp/access/index.html

 

 

講師

 

川畑 直人 Kawabata, Naoto

 

京都文教大学臨床心理学部教授、同大学産業メンタルヘルス研究所副所長

 

臨床心理士、公認心理師、教育学博士、WAWI精神分析家、同児童青年心理療法家

 

著書:『臨床心理学』(共著、培風館)

 

   『対人関係精神分析の心理臨床』(監修、誠信書房)など。

 

訳書:S.ビューチュラー『精神分析臨床を生きる』(監訳:創元社)

 

   F.パイン『欲動、自我、対象、自己』(監訳:創元社)など。

 

 

羽下 大信 Hage, Daishin

 

住吉心理オフィス主宰

 

臨床心理士

 

著書:『サイコセラピストたち』(神戸市外国語大学外国語学研究所)

 

   『心理臨床の森で』(単著,近代文芸社)

 

   『〈今〉を読む 消費至上主義の帰趨』(共著,人文書院)など。

 

訳書:ストロジャー『ハインツ・コフート』(共訳,金剛出版)

 

   I.D.ヤーロム『死の不安に向き合う』(監訳、岩崎学術出版社)など。

 

 

村澤 和多里 Murasawa, Watari

 

札幌学院大学心理学部教授

 

臨床心理士、公認心理師、博士(教育学)

 

精神科勤務を経て、ひきこもりの若者支援、児童養護施設での臨床にも携わってきた。

 

著書:『中井久夫との対話』(共著)

 

   『ポストモラトリアム時代の若者たち』(共著)など。

 

 

【参加費】

 

5,000

 

 

【申込方法】

 

ホームページからお申し込みください。

 

https://www.kipp-u.co.jp/sullivan.html

CAREワークショップ

2020年01月22日(水)

追加情報

開催日程
2020年3月4日(水)13時~17時
会場
神戸女学院大学ホルブルック館301教室
テーマ
CAREワークショップ
備考

CAREChild-Adult Relationship Enhancement

~子どもと大人のきずなを深めるプログラム~ 

保護者向けワークショップ

「褒めて育てるといいと聞くけれど,どう褒めればいいのだろう?」「子どもが言うことをきいてくれない・・・」といったお困りはありませんか。

CARE(ケア:Child-Adult Relationship Enhancement)とは米国で開発された,子どもと関わる大人のための心理教育的介入プログラムです。子どもとの間に温かな関係を築き,関係をよりよくするコミュニケーションを学んでいきます。ロールプレイなど楽しい雰囲気の中で,CAREのスキルを一緒に学んでみませんか?

日時:202034日(水)13時~17

                             (受付12時半~)

場所:神戸女学院大学ホルブルック館301教室

講師:國吉知子(CARETMファシリテーター・同シニアトレーナー・神戸女学院大学教授)

   神田有里子(CAREシニアトレーナー)

対象:子育て中の方,CAREに関心をお持ちの方

参加費:500円(資料代・お茶代込み)

定員:30名(先着順)

申込方法:申込内容をメールに記載し,下記アドレスまでご送信ください。

 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

申し込み内容:①氏名(漢字+かな表記) ②性別 ③年齢 ④お子様の性別・年齢  ⑤連絡先メールアドレス  

申込期限:224

託児:無料 1歳以上(先着5名まで)

 0798-51-8554まで電話にてお申込みください。

問い合わせ先:神戸女学院大学大学院心理相談室 0798-51-8554

追加情報

開催日程
2020年3月7日(土)、8日(日) 10:00~18:30 録画視聴:2020年3月20日~4月5日
会場
彦根勤労福祉会館たちばな 4F大ホール(滋賀県彦根市)
テーマ
『性依存/性犯罪加害に対する認知行動療法』『ゲーム/ギャンブル依存に対する認知行動療法』
備考

 認知行動療法は様々な心の困りごとに利用されうる心理療法です。
 今回は【行動嗜癖】と呼ばれる困りごとのうち、「性依存や性加害に対して」ならびに、「ゲーム依存やギャンブル依存に対して」、認知行動療法をどのように活かしていくのかについて、その第一人者の先生方に研修して頂きます。
 それらの困りごとを抱える人々は、専門家を含む周囲からの偏見(スティグマ)にもさらされており、二重の困難性を抱えています。
 安易な「自己責任論」に走らないように、我々は専門家としてどのように対応するべきか。一緒に学んでゆきましょう。

 

【日程・テーマ】参加方法は会場参加と録画視聴参加の2種類あります

 

①会場参加

2020年3月7日(土) 10:00~18:30

『性依存/性犯罪加害に対する認知行動療法』

 

講師:原田隆之(筑波大学教授 公認心理師)

 

2020年3月8日(日) 10:00~18:30

『ゲーム依存/ギャンブル依存に対する認知行動療法』

 

講師:蒲生裕司(こころのホスピタル町田 精神科医)

 

②録画視聴

2020年3月20日(金)9:00~4月5日(日)20:00

 

【会場】

彦根勤労福祉会館たちばな 4F大ホール

(滋賀県彦根市大東町4-28 彦根駅から徒歩5分)

 

【対象】

医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門家および大学院生

 

【参加費】

一日参加 15,000

両日参加 28,000

各種割引はHPをご確認ください

 

【その他】

会場参加者には無料託児サービスあり。かつ、託児利用の参加者は参加費半額。

 

【詳細・お申込】

http://studygroup.cbtcenter.jp/add/

 

【お問合せ】

一般社団法人CBTを学ぶ会

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2020年2月16日(日) 10:00~16:00
会場
甲南大学 1号館 4階 (神戸市東灘区岡本8-9-1)
テーマ
『兵庫県における公認心理師のこれから ~各領域の課題と展望~』
備考

[内容] 

◇ 午前~分科会

① 医療・産業領域 『医療・産業の中で働く公認心理師にとって大切なこと』

司会 中谷 恭子 氏 (兵庫県立ひょうごこころの医療センター)

話題提供 柿木 達也 氏 (兵庫県健康福祉部参事 健康局認知症対策室長)、森谷 明日香 氏 (三菱重工業(株)健康管理センター)、鎌谷 安 氏 (医療法人新淡路病院)

② 教育領域 『教育分野における公認心理師に求められるもの ~心の健康に関する教育と情報提供の担い手として~』

司会 冨永 良喜 氏 (兵庫県立大学)

話題提供 高畑 英樹 氏 (神戸市立谷上小学校きこえとことばの教室)、多田 智栄子 氏 (関西国際大学子育て支援センター)、永浦 拡 氏 (神戸医療福祉大学)

③ 福祉・司法領域 『公認心理師になって、変わらなければならないことと維持しなければならないこと』

司会 大島 剛 氏 (神戸親和女子大学)

話題提供 野村 京子 氏 (兵庫県西宮こども家庭センター)、中植 満美子 氏 (神戸海星女子大学、児童養護施設・愛神愛隣舎)、山根 隆宏 氏 (神戸大学)、谷家 優子 氏 (近畿厚生局麻薬取締部再乱用防止対策室)

◇ 午後~全体会 『兵庫県における公認心理師のこれから ~各領域の課題と展望~』

司会 樋口 純一郎 氏 (神戸市こども家庭局)

話題提供 中谷 恭子 氏 (医療)、森谷 明日香 氏 (産業)、高畑 英樹 氏 (教育)、大島 剛 氏 (福祉)、谷家 優子 氏 (司法)

指定討論 鎌谷 安 氏、冨永 良喜 氏

[参加資格] 公認心理師、もしくは関連資格(学校心理士、産業カウンセラー、特別支援教育士、臨床心理士、臨床発達心理士 ※50音順)を持つ者

[参加費] 3,000円 (当日支払い)

[申込方法] 特設サイト( https://kokucheese.com/s/event/index/588600 、「兵庫県における公認心理師のこれから」で検索)から必要事項を入力して、お申し込みください。

[主催] 兵庫県公認心理師会(仮称)設置準備ワーキングチーム

[後援] (一社)日本学校心理士会兵庫支部、兵庫県臨床心理士会、他依頼中 (※50音順)

[問い合わせ先] 兵庫県公認心理師会(仮称)設置準備ワーキングチーム シンポジウム受付窓口

  Eメールアドレス このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

  ホームページ https://hyogocppkensyu.jimdosite.com/ (詳しくはホームページをご覧ください)

 

追加情報

開催日程
2020年度 隔月第2月曜日19:30 – 21:00(1月のみ第3週)
会場
ウェブセミナー形式
テーマ
精神分析
備考

精神分析を学ぶための機会は少しずつ増え、以前よりも多くのセミナーが開催されています。しかし、「遠方でとても会場に通うことができない」「受講費用が高い」など様々な理由で参加を躊躇われている方もいることでしょう。特に、キャリアの浅い臨床家は日々の臨床実践に困りながらも、体系的に精神分析を学ぶことは難しい状況です。このような現状に鑑みて、NAPIは本セミナーを開催することといたしました。基本的な方針は、「初心者にわかりやすく、しかし、重要なポイントをしっかりと押さえる」というものです。受講生の中には、個人心理療法だけでなく、親ガイダンスやプレイセラピー、スクールカウンセリングなど様々な臨床に携わり、悪戦苦闘している方もいると思います。皆さんそれぞれの臨床実践が「どうすれば精神分析的になるか」についてレクチャーします。ウェブビデオ講義形式を採用し、どこからでも受講が可能です。

 

【講 師】

富樫 公一

(甲南大学教授/TRISP自己心理学研究所ファカルティ/米国NY州精神分析家免許)

 

小林 陵

 (横浜市立大学附属病院)

 

【開講形式】

一回90分 全6回 ウェブビデオ会議形式

ウェブビデオ会議ツールを使用にあたり、補助スタッフが毎回参加します。

 

【開講日程】

隔月第2月曜日19:30 – 21:00(1月のみ第3週)

 

【受講料】

20,000円 ※欠席の場合も、受講料の返金はありません。

 

【受講資格】

① 大学院修士課程で臨床心理学を学んでいる学生あるいは、同程度の教育課程の中で臨床業務を学んでいる学生。

② 教育課程を修了し5年以内の臨床家。ただし、他の領域で臨床実践は経験があるが、精神分析は初学者という方も対象に含みます。

 以上の条件を満たす方であれば、国籍、人種、性別、宗教的立場などによって、受講を制限されることはありません。

 

【定員】

20名程度を予定 ※定員に達し次第、受付を締め切ります。

 

【申込方法】

申込書を事務局までご請求ください。

申込書に必要事項をご記入の上、下記宛先にご送信ください。

お申し込み後3日以内に受付の連絡がない場合は、改めてお問い合わせください。

宛先: NAPI事務局 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

備考

公益財団法人 関西カウンセリングセンター主催

『SNSカウンセラー養成講座:2日間コース(2月開催分)』のご案内

https://www.kscc.or.jp/wp/course/course-1205

【日程】202028()215() 10001700

【講師】樋口隆弘先生(関西医科大学小児科学講座臨床心理士、医学博士)

【会場】関西カウンセリングセンター8階研修室

【定員】18名   

【受講料】55,000円(税込)

【概要】

 SNS相談員は「受容・共感」といったカウンセラーの基本姿勢に加えて、SNS相談に適した相談技術を身につけている必要があります。

1日目は、SNS相談員に求められる価値観や能力の要件、SNS相談における基本姿勢、SNS相談に適した相談技術、SNSの特性を考慮した応答の工夫、SNS相談の実施手順、種々の事態への対応などについて学びます。

2日目は、SNS相談のロールプレイをグループで行い、SNS相談の実際に触れていただきます。相談員をする際は、非言語情報がないことやタイムラグが生じることなど、SNS相談ならではの難しさを体感していただきます。また、相談者をする際は、SNS相談員の応答によってどのように感じるものなのかを体験することができます。

2日間の研修を通して、SNS相談を実践するために必要な技能の修得を目指します。

【受講要件】

①関西カウンセリングセンター認定心理カウンセラー以上の方、臨床心理士、産業カウンセラー、公認心理師、プロフェッショナル心理カウンセラー、ガイダンスカウンセラー資格をお持ちの方

②キャリアコンサルタント、社会福祉士、精神保健福祉士で、全国SNSカウンセリング協議会認定のカウンセリングトレーニング(50時間以上)※1を受けておられる方

1 関西カウンセリングセンター実践力養成コース1

③臨床心理士指定大学院 大学院生

SNS相談の現場に携わっておられる方、今後関わる可能性のある方

(ただし、③④の方は、全国SNSカウンセリング協議会における「SNSカウンセラー」資格には登録できない可能性がありますので、詳細は事務局にお問い合わせください。)

 

★上記のいずれかにあてはまる方で、かつ、ご自身のスマホでラインが出来る方(ロールプレイ時に使用しますので必ず2日目にはスマホをご持参ください)

★講座終了後、全国SNSカウンセリング協議会の「SNSカウンセラー」に登録できます。

追加情報

備考

公益財団法人 関西カウンセリングセンター主催

『疾患の理解と対応を学ぶ』 研修会のご案内

https://www.kscc.or.jp/wp/course/course-1535

【講師】東 斉彰 先生(甲子園大学 心理学部 教授)

【日時】

1回 213日(木)19:0021:00

2回 227日(木)19:0021:00

3回 312日(木)19:0021:00

【料金】全3回一括:11,000円(税込) 各回:4,400円(税込)

【会場】関西カウンセリングセンター8階研修室

【定員】30

【参加資格】カウンセリング学習経験がある方

【各回のテーマと概要】

 

第1回:『気分障害(うつ病、双極性障害)の理解と対応』

うつ病はカウンセリング場面でよく出会う疾患であり、最近では新型うつ病と通称される双極性障害(躁とうつ)も話題となっています。それら気分障害の病理の理解と対応について学びます。

2回『強迫性障害の理解と対応』

確認や行動の繰り返しといった強迫観念・強迫行為は、健康な人にも見られますが、重篤化すると生活を侵害する深刻な症状となります。強迫性障害の成り立ちと対応法について学びます。

3回:『心身症の理解と対応』       

疼痛や呼吸器、皮膚疾患といった一見身体的な病気や症状についても、その背後には心理的な問題が潜んでいることがあります。心身症への正しい理解と適切な対応について学びます。

【お申込み】

3回一括申込:https://www.kscc.or.jp/ecnew/products/detail/21

[各回ごとのお申込み]

213⇒https://www.kscc.or.jp/ecnew/products/detail/22

227⇒https://www.kscc.or.jp/ecnew/products/detail/23

312⇒https://www.kscc.or.jp/ecnew/products/detail/24

追加情報

備考

 

KSCC統合的心理療法家養成プログラム

 

「加速化体験力動療法を取り入れたアプローチ」のご案内

 

https://www.kscc.or.jp/wp/course/course-1213

 

 

◆講師:福島 哲夫先生(大妻女子大学教授)

 

◆日程

 

1回目:202029日(日)10:00-17:00

『加速化体験力動療法の基本的な考え方と姿勢』

 

 

加速化体験力動療法とは、2000年にニューヨークで生まれた統合的心理療法です。アタッチメントの修復を目指した積極的で温かいセラピーです。本講座においては、まずその基本的な考え方と姿勢を解説し、次に講師自身のセラピーセッションの動画を呈示しながら、具体的理解を深めます。さらに、参加者同士の簡単なロールプレイを通じて、体験的な理解を深めます。

 

 

2回目:2020216日(日)10:00-17:00

『日常的なカウンセリングにAEDPを効果的に取り入れる』

 

 

2回目の講義では、日本の日常的なカウンセリングの中に、どのようにAEDPを取り入れるかを基本的なテーマとして、講師独自の統合的心理療法モデルを紹介しながら、その中の重要な要素としてのAEDPを効果的に取り入れるための対象選択とタイミング、基本的な留意事項を解説いたします。さらに、参加者同士の簡単なロールプレイを通じて、体験的な理解を深めます。

 

 

◆会場:関西カウンセリングセンター8階研修室 

 

◆受講料:税込価格:39,600

 

【募集】

 

両日とも2時間の事例検討を予定しております。

 

福島先生のSVをご希望の方は、是非ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

 

また、両日ともに代表のセラピスト役、クライエント役の方による約20分間のデモンストレーションが予定されています。セラピスト役の方には、福島先生に直接、介入をアドバイスしていただくことができます。

 

つきましては、事例検討、セラピスト役、クライエント役をそれぞれ募集いたします。

 

是非AEDPをより深く学ぶ機会にご利用いただければと存じます。ご希望の方は、お申込みの際、[お問合せ欄]へご希望をご記入いただきますようお願い申し上げます。

 

 

ご不明な点等ございましたら、どうぞ事務局までお問合せください。

 

皆様のご参加をお待ち申し上げております。