研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2018年11月18日(日)13:00~16:25(受付 12:30~)
会場
桃山学院教育大学 エレノアホール
テーマ
大人の発達障がいから見る幼少期からの関わり方や育て方
備考

■プログラム

1.講演1 「発達障がい―大人になって困ること」

  品川 裕香(教育ジャーナリスト・編集者、文部科学省フリースクール等に関する検討会議委員)

  著書『怠けてなんかいない!ディスレクシア』 他多数

2.講演2 「幼少期から青年期までの関わり方、育て方」

  竹田 契一(桃山学院教育大学 客員教授)

  医学博士・大阪教育大学名誉教授、大阪医科大学LDセンター顧問 他

 

■対 象 発達障がいに関心のある方

■定 員 300名(要申込 先着順)

■参加費 500円 *当日、受付にて徴収させていただきます。

■備 考「特別支援教育士」「特別支援教育士スーパーバイザー」の方は更新ポイント1Pが取得できます。

     当日、IDカードをご提示ください。

追加情報

開催日程
2018年11月18日(日)10:00~16:00
会場
長岡病院カンファレンスルーム (阪急西山天王山駅より徒歩3分)
テーマ
第18回認知行動療法ワークショップ ~ 強迫性障害に対する認知行動療法~
備考

今回のテーマは、強迫性障害に対する認知行動療法です。強迫性障害のアセスメントの方法や曝露反応妨害法の導入の仕方など、基本的なところから、ワークをとおして理解していただけるような研修会にする予定です

 

料金:7,000

対象:保健・医療・福祉・教育・司法・産業の専門職(大学院生も可)

講師:山出健博

     長岡病院心理課

     臨床心理士

     厚生労働省 認知療法・認知行動療法研修修了

 

主催:長岡病院心理課


臨床心理士の資格更新ポイント(2P)を取得できます。
※締め切りは11月10日(土)ですが、定員となり次第、締め切らせていただきます。

追加情報

開催日程
2018年11月23(金)~25日(日)
会場
名古屋都市センター
テーマ
視野上の目の位置からトラウマにフォーカスして処理を促す心理療法「ブレインスポッティング」の公式phase1トレーニングを名古屋で11月23(金)~25日(日)に実施いたします。
備考

 

【ブレインスポッティング 公式Phase1トレーニング in 名古屋(112325)】 のご案内

この度皆さまに、ブレインスポッティングというトラウマ療法のトレーニングについてお知らせいたします。

視野上の目の位置からトラウマにフォーカスして処理を促す心理療法「ブレインスポッティング」の公式phase1トレーニングを名古屋で1123(金)~25日(日)に実施いたします。

ブレンスポッティング(BSP)は、脳と身体と関係同調性に根差した新しいサイコセラピーです。

EMDRのエキスパートであったDavid Grand博士によって精神分析、ソマティックエクスペリエンシング(SE)、そしてEMDR等の影響を受けて2003年に米国で開発されました。トラウマ治療を中心に驚くほどの効果を上げてきていることが世界中から報告されてきており、身体的な痛みなども扱うことが出来ます。イップスの治療やパフォーマーの演技の向上にも応用できるなど、自由度が高く統合的な治療法であり、共感やマインドフルネスも中心的な役割を果たしています。ブレインスポッティングを学ぶことにより、臨床能力の飛躍的な向上につながったという声が多く聞かれています。
 日本には2014年に紹介されて以来、公式phase1トレーニングはこれまで3度東京で行われてきましたが、このたび初めて東京以外の地、名古屋で開催されることとなりました。この機会を是非ご活用下さい。

日 時: 20181123(金)~25日(日)(3日間のトレーニングです)
1
日目10:0016:3023日目9:3016:30
場 所: 名古屋都市センター(金山駅1分。ボストン美術館と同じビル内14階)/オンライン(再受講の方のみ)

http://www.nup.or.jp/nui/access/index.html


<トレーニング内容>
3
日間共に、レクチャー・デモンストレーション・実習を通じて習得します。
1
日目: 視野上にトラウマを見つける最も基本的な技法、アウトサイド・ウインドウBSP
2
日目: 来談者のフェルトセンスからトラウマを視野上に見つけるインサイド・ウインドウBSP、来談者が見つめる場所からトラウマを見つけるゲイズスポッティング
3
日目: 複雑な問題を抱える来談者の援助としてBSPを活用するリソースモデル 
定 員 :会場50名/オンライン10
受講料 :
《早期申し込み(~1031日まで)》 

75,000円(再受講は37,500円)
・オンライン(再受講の方のみ)4000

《通常申し込み(111日~16日まで)》

80,000円(再受講は40,000円)

・オンライン(再受講の方のみ)5000

受講資格 医師・臨床心理士・※1臨床心理士系の大学院生・※2その他 

※1 指導教官の推薦状が必要です。 

※2 BTI-Jにより認められた場合のみ参加可能です。事前の申し出がない場合、あるいは虚偽により参加の場合は修了証を発行できません。

※申し込み方法:

下記「こくちーず」HPより申し込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/679243e44a68d764b40fffef172b48a0/entry/

※ブレインスポッティングについての詳細な説明は、以下のページをご覧ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/20181123to25phase1btij

問い合わせ先:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

講師 鈴木孝信(国際BSPトレーナー・BTI-J代表・ 東京多摩ネット心理相談室代表、赤坂クリニック心理士)
主催 ブレインスポッティグ・トレーニング・インスティチュート日本(BTI-J

現地オーガナイザー 西田正憲、山口力
※終了後、(公財)日本臨床心理士資格認定協会の研修ポイントの対象となるように申請予定ですが、ポイントが認められるかどうかは、研修終了後に決定しますことをご了承ください。

追加情報

開催日程
平成30年12月8日(土)・9日(日)
会場
徳島大学常三島キャンパス工業会館
テーマ
超高齢化社会に向けて生活習慣病とメンタルヘルス問題のためにできること
備考

この度、平成30年12月8日(土)・9日(日)の日程で第25回日本行動医学会学術総会を開催することとなりました(会場:徳島大学常三島キャンパス)。

【日時】平成30年12月8日(土)・9日(日)
【会場】徳島大学常三島キャンパス工業会館
【大会テーマ】超高齢化社会に向けて生活習慣病とメンタルヘルス問題のためにできること
【大会長】中尾睦宏(国際医療福祉大学)
【大会事務担当】古川洋和(鳴門教育大学)
【URL】https://25thjsbm.wixsite.com/25th-jsbm

 

 

追加情報

開催日程
2018年10月10日(水)、24日(水) いずれも19:00開始-21:30終了
会場
(公財)関西カウンセリングセンター
テーマ
精神分析的心理療法における変化促進要因
備考

 

各位

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。

 

2018年度KIPP精神分析セミナー・プラスを開催いたしますので、下記の通りご案内いたします。

詳細をご覧いただけますと幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。


2018年度KIPP精神分析セミナー・プラス

 

テーマ:精神分析的心理療法における変化促進要因

日時:20181010()1024() いずれも19002130

会場:(公財)関西カウンセリングセンター8階研修室(大阪市北区)

講師:宮田 智基((公財)関西カウンセリングセンター)

以下、セミナー詳細

 

--------------------------------------- 

 クライエントのパーソナリティや対人パターンに変化を促す要因とは、いったい何でしょうか?日々の臨床実践の中で、自分がどのような視点を持ってクライエントに関わっているのかという「目的感覚」が明確でなければ、ただ話を聴いているだけになり、自分の臨床を自覚的に実践できなくなってしまいます。

 サリヴァンにとって治療とは、解離された体験を自己に再統合する過程であり、体験から排除されたものを自己に収め直すことを目標としました。また、サンドラ・ビューチュラーは、人生の中で「体験に開かれること」を助けるのが治療だと考えました。今まで感じられなかった情緒を感じられるようになるなど、受け入られる情緒体験の幅を広げていくことが目標だと考えました。

 今回は、「精神分析的心理療法の変化促進要因」として、「今ここでの体験を促進すること」、「情動を伴う洞察」、「新しい体験」の3つの要因を取り上げたいと思います。

--------------------------------------- 

申込方法:ホームページをご確認いただくか、下記申込専用フォームよりお申し込みください。

 

受付後、受講料振込先をお知らせいたします。

 

KIPP精神分析セミナー・プラス申込専用フォーム

https://ws.formzu.net/fgen/S26019601/

 

 

 

お申し込み後、5日以内にこちらからの返信がない場合、メールが届いていないなどの不具合の可能性もあるため、お手数をおかけいたしますが、再度ご連絡をお願いいたします。

受講料:一般7000円、学生6000

 

 

 

申込期限:2018101()

受講料払込期限:2018106()

 

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局

 

追加情報

開催日程
2018年11月4日
会場
新大阪丸ビル別館
テーマ
SFAワークショップ
備考

ソリューション・フォーカスト・アプローチ

実践セミナー

  -医療・教育・福祉・産業、多分野の第一線で実践しているセラピストから活きたSFAを学ぶ-

講師/八幡厚生病院副院長、はたけやまクリック&Solution Academy 藤岡耕太郎/はたけやまクリニック院長&Solution Academy 畠山淳子/カウンセリングオフィスSola代表 梶原成子 他

 
日 時/2018 年 11 月 4 日 10:00〜16:00 
 場 所/新大阪丸ビル別館(JR 新大阪駅徒歩 5 分)Tel 06-6325-1302 
参加費/10,000円(大学院生 7,000円) 
内容/Solution Focused Approach とは? コンプリメント、現場での Solution 活用など 
定員/80 名
申込・問合せ/カウンセリングオフィス Sola   https://www.sola-co.com 
「予約・問い合わせフォーム」まで。
①氏名・②所属・③職種・④連絡先(電話番号・メールアドレス)⑤領収証の要否を 明記ください。
 
SFA(Solution Focused Approach)はクライエントの資源や強さ、能力にスポットライトを当て、セラピス ト・クライエント双方にとってストレスが少ないアプローチです。頭にいれることはわずかな基礎しかなく、 それをいかに活用するかが技術となります。SFA の姿勢をしっかり学ぶことで、他のアプローチも進めやす くなるのも特徴です。
 今回は、医療・教育・福祉・産業、多分野の第一線で SFA を実践しているセラピスト達が一堂に会して、活 きた SFA を基礎から、現場でどのように活用するか、ワークを通してお伝えします! すぐに実践できるヒントを手に入れることができるチャンスです。どうぞご期待ください。 ご興味のある方は、お気軽にご参加ください。 
 
藤岡耕太郎;『精神科医のための解決構築アプローチ』を著し、「10 分でできるソリューション」を精神科日常診療で 実践している。 
畠山淳子;精神科医療の最前線で、発達障害・多問題家族の困難事例を多く治療にあたる。
梶原成子;面接・コンサルテーション・教育など様々な場面で SFA を広く実践。


他にも百戦錬磨の SFA 講師がお待ちしています。乞うご期待 !

 

追加情報

開催日程
2018年12月16日
会場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
テーマ
第4回臨床行動分析カンファレンス
備考

今回の臨床行動分析カンファレンスは東京での開催になります。

午前中にセルフモニタリングに関するシンポジウム,午後には事例検討を2題予定しております。

多くの方にご参加いただけますと幸いです。

追加情報

開催日程
2018年10月8日
会場
神戸女学院大学 S-19教室
テーマ
CARE専門家ワークショップ
備考

子どもと大人のきずなを深めるプログラム「CARE」を学ぶ,子育て支援の専門家・スタッフに向けたワークショップです。

 

お申込み方法・参加費

8月27日~9月14日にメール

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

宛てに以下の点を記載し申し込んでください。

 

初回受講者

 参加費:一般→5000円

     院生・本学大学院修了生→4000円

初回受講者申込記載事項

1.氏名(漢字+ローマ字表記)

2.性別

3.ご所属および職種

4.連絡先メールアドレス

5.参加形態(初めてCAREのWSに参加される方は 受講者 とお書きください)

6.今回のWSをお知りになったきっかけ

7.過去の抽選もれ(あればご記載ください)

 

オブザーバー受講者

 参加費 2000円

 (今回トレーナーのオブザーバー参加はありません)

オブザーバー受講者申込記載事項

1.氏名(漢字+ローマ字表記)

2.性別

3.ご所属および職種

4.連絡先メールアドレス

5.参加形態:1回以上CAREのWS参加経験のある方は必ず「オブザーバー」と明記ください

6.前回のWS参加の年月日とトレーナー名をわかる範囲でお書き下さい