研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2021年3月28日(日)
会場
オンライン:Zoomミーティング
テーマ
それって高次脳機能障害かもしれませんよ〜明日から使える高次脳機能障害のアセスメント技術を学ぶ〜
備考

【日にち】2021年3月28日(日)
【時間】14時〜17時
【料金】1,000円(税込み)
【場所】オンライン(Zoomミーティング)
【申し込み方法】ポスターQRコードから /  https://www.kinki-osaka-medical.com 申込みページから
【講演内容】高次脳機能障害とは何か〜心理アセスメントの実際〜
【講師】村友仁志(京都府立城陽リハビリテーション病院)
【内容】高次脳機能障害は神経内科やリハビリテーション領域だけのことだと思っていませんか?実は身近な疾患です。例えば、交通事故や転落などで頭を強く打った子どもや大人の集中力や記憶力の低下、感情のコントロールの難しさは高次脳機能障害かもしれません。スクールカウンセラーとして、医療や企業で働く心理師として、皆さんが働く領域にそうした子どもや大人がいたら、どのような方法でアセスメントして、症状を理解して関わったらよいでしょうか?講師の村友先生は高次脳機能障害の専門家として様々なクライエントの援助をされています。この機会に、高次脳機能障害のアセスメント技術をぜひとも学んでいただければと思います。

 

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

追加情報

開催日程
2021年3月27日(土)10:00 ~16:00(半日参加も可能 午前10:00~12:30 午後13:30~16:00)
会場
オンライン(ZOOM)
テーマ
ストレスチェックの基礎知識と活用方法
備考

ストレスチェックが義務化されて6年目を迎えました。

けれども「実施者法定研修を受けたけれど現場で何をやっているか良く分からない。」「結果の活用方法がわからない。」そんな声を多く聞きます。

本セミナーでは,ストレスチェック制度の基礎知識と組織での活用方法を学びます。

ストレスチェック制度の概要,体制の説明(実施者、実施事務従事者などの役割など)、実際の実施手順、

そして、組織分析の見方など,産業保健職が押さえておきべきポイントを説明します

 

詳細は,こちらから

https://mental-seminor.romu-trust.co.jp/

 

◆講師

近藤雅子

(合同会社労務トラスト EAPコンサルティング部部長)

 臨床心理士/精神保健福祉士/公認心理師/CEAP

・東京産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員

・厚労省 ハラスメント対策支援事業 コンサルタント

・国際医療福祉大学大学院 非常勤講師

 

◆参加対象者

臨床心理士・公認心理師・精神保健福祉士・保健師・看護師・産業医などの守秘義務のある有資格者(大学院生も可)

*日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントを申請予定(終日参加のみ)

 

◆参加費

 終日参加:一般15,000円 /Mリスト会員10,000円 /大学院生8,000円

 半日参加:一般 8,000円 /Mリスト会員 5,000円 /大学院生4,000円

 (※Mリスト会員とは、弊社の運営する医療口コミサイトです。

   詳細は,「産業メンタルヘルス通年セミナー公式WEBサイト」をご覧ください。

   申し込み画面 https://stressrelief-project.com/mlist/register.php  )

 

◆お申し込みはこちらから

【産業メンタルヘルス通年セミナー公式WEBサイト】

 https://mental-seminor.romu-trust.co.jp/

 上部にあるアイコン「最新セミナー」をクリックしますと、お申し込みボタンに飛びます。

 

◆こんな方におススメです

・初めて実施者になる方。

・ストレスチェックに関心がある方。

・ストレスチェックの結果の見方が良く分からない方。

・すでに実施者の方でも、困っている方などにも。

 

◆お問い合わせ

合同会社労務トラスト セミナー事務局

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

 

 

 

 

追加情報

開催日程
2021年6月~2023年3月 2年間40講座 
会場
オンライン(Zoom)で開催
テーマ
産業心理臨床家養成プログラム
備考

京都文教大学産業メンタルヘルス研究所が、教育活動の一環として実施しております「産業心理臨床家養成プログラム」において、2021年度のプログラムを開講することとなりました。産業精神保健分野で一層のご活躍を目指す貴会会員の皆さまへご案内申し上げます。

プログラムの内容や応募概要につきましては、ホームページと添付のパンフレットをご参照ください。

追加情報

開催日程
2021年5月より隔月第2月曜日19:30 – 21:00(1月のみ第3週) 全6回
会場
オンライン Zoom
テーマ
精神分析
備考

NAPI精神分析的間主観性研究グループ主催

「精神分析ベーシックセミナー2021

NAPI精神分析ベーシックセミナーの基本的な方針は、「初心者にわかりやすく、しかし、重要なポイントをしっかりと押さえる」ことです。受講生の中には、個人心理療法だけでなく、親ガイダンスやプレイセラピー、スクールカウンセリングなど様々な臨床に携わり、悪戦苦闘している方もいると思います。皆さんそれぞれの臨床実践が「どうすれば精神分析的になるか」についてレクチャーします。オンライン講義形式を採用し、どこからでも受講が可能です。

講師:

富樫 公一(甲南大学教授/TRISP自己心理学研究所ファカルティ/米国NY州精神分析家免許) 

小林  陵(横浜市立大学附属病院) 

開講形式: 一回90分 全6回 ウェブビデオ会議形式

開講日程: 隔月第2月曜日19:30 – 21:001月のみ第3週)

スケジュール:

第1回 5/10 精神分析らしさとは:他の心理療法と何が違うのか?

第2回 7/12 精神分析的心理療法を始める:初回面接

第3回 9/14 「枠」の理解:初心者が自信を持ってセラピー行うために

第4回 11/8  精神分析的心理療法に取り組む:何を聴き、伝えるか

第5回 1/17  精神分析的心理療法を深める:転移と逆転移

第6回 3 /14  解釈を超えて:精神分析的心理療法の最新アプローチ

受講料: 20000円 *欠席の場合も、受講料の返金はありません。

受講資格:

① 大学院修士課程で臨床心理学を学んでいる学生あるいは、同程度の教育課程の中で臨床業務を学んでいる学生。

② 教育課程を修了し5年以内の臨床家。ただし、他の領域で臨床実践は経験があるが、精神分析は初学者という方も対象に含みます。

定員: 20名程度を予定 *定員に達し次第、受付を締め切ります。

申込方法: 申込書を事務局までご請求ください。

申込書に必要事項をご記入の上、下記宛先にご送信ください。お申し込み後3日以内に受付の連絡がない場合は、改めてお問い合わせください。

宛先: NAPI事務局 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

締め切り: 2021430日(金)

追加情報

開催日程
2月24,28,3月7日
会場
オンライン
テーマ
ワークディスカッショングループ研修・研究協力者募集のお知らせ

追加情報

開催日程
令和3年3月7日(日)10:00~13:00
会場
ZOOMでの開催
テーマ
トラウマインフォームドケアの理論と実践~
備考

教育講演トラウマインフォームドケア~日本での普及の可能性について~

兵庫県こころのケアセンター副センター長・大阪教育大学客員教授亀岡智美

講演1福祉施設でのトラウマインフォームドケアの実践

大阪大学大学院人間科学研究科准教授野坂祐子

講演2学校でのトラウマインフォームドケアの実践

大阪教育大学総合教育系教育心理科学部門准教授岩切昌宏

パネルトラウマインフォームドケアの普及に向けて

ディスカッション亀岡智美、野坂祐子、岩切昌宏

対象者心理、福祉、教育、医療など精神保健領域でトラウマ臨床に関心が

ある方100名まで

会場ZOOMでの開催

(Eメールで、シンポジウムのZOOMのURLなどをお知らせします)

参加費無料

申込方法E-mailでこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。宛に、①氏名②所属③役職

④連絡先、そして「シンポジウム参加希望」と書いてお申し込み下さい

(3月1日締切)

※本年度は、臨床心理士ワークショップのポイントを申請しませんので、ご注意ください。

追加情報

開催日程
2021年4月~2022年3月 日曜日(年間10回)
会場
オンラインと会場(神戸市教育会館予定)開催
テーマ
セクシュアリティと関係性
備考

2021年度 精神分析研究会・神戸 精神分析セミナーのご案内

年間テーマ「セクシュアリティと関係性」(年10回)

主催:精神分析研究会・神戸(代表:小林俊三)

対象:医師・臨床心理士・公認心理師・日本精神分析学会会員・臨床心理系大学院生のいずれかを満たす方

期間:20214月~20223月(年間10回)

日時:日曜日 12:001645(前半が症例検討会、後半が講義です。)

開催方法:ハイブリッド開催(会場とオンライン)会場:神戸市教育会館

開催日:

2021

1回 411日 症例検討会 講義「メルツァーの『閉所/クロストラム』と倒錯」(講師:飛谷 渉先生)

2回 5 9 日 症例検討会 講義「Here and nowと無意識的空想」(講師:福本 修先生)

3回 620日 症例検討会 講義「乳幼児観察入門―訓練から治療へ」(講師:鵜飼奈津子先生)

4回 711日 症例検討会 講義「関係精神分析から見た『エナクトメント』」(講師:横井公一先生)

5回 912日 症例検討会 講義「治療作用論再考:解釈と関係性をめぐって」(講師:吾妻 壮先生)

61017日 症例検討会 講義「治療関係における相互性と協働(講師:平井正三先生)

71226日 症例検討会 講義「基礎からのエディプス・コンプレックス」(講師:小林俊三先生)

2022

8回 116日 症例検討会 講義「スティーブン・A・ミッチェルの『愛の精神分析』をめぐって」

(講師:辻河昌登先生)

9 213日 症例検討会 講義「アセスメントと精神分析的カップルセラピー」(講師:仙道由香先生)

10 313日 症例検討会 講義「投影性同一視と治療関係」(講師:庄司 剛先生)

費用:6万円、ただし大学院生・大学院修了後1年目の方は3万円

当研究会は以下の 各学会・認定協会の認定 を受けています。

   日本精神神経学会・精神科専門医   

* 日本精神分析学会・認定心理療法士/精神療法医

  * 日本臨床心理士資格認定協会 

申し込みは、「精神分析研究会・神戸」HPhttp://bunseki-kobe.com申込みフォームよりお願いします。

問合せ先:「精神分析研究会・神戸事務局」 E-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

他にも、臨床講読会・初学者向け臨床講読会・グループスーパーバイズのプログラムがあります。

詳しくは「精神分析研究会・神戸」HPhttp://bunseki-kobe.comをご覧ください。

追加情報

開催日程
2021年2月21日、28日、3月7日(日)14:00~16:00
会場
オンライン開催
テーマ
学ぼう、知ろう、オンライン診療・遠隔医療
備考

医療ICTの基礎知識や遠隔医療の諸制度、実際のオンライン診療について、先進研究者や現場実践者により、入門知識からわかりやすく解説いたします。

【日程】

 2021年2月21日(日)

 2021年2月28日(日)

 2021年3月7日(日)

 各回とも、14:00~16:00の2時間です。

【主催】一般社団法人 日本遠隔医療学会

 

詳しくは添付資料でご確認ください。

追加情報

開催日程
2021年3月20日(土)16:00~17:30
会場
ZOOMによるオンライン開催
テーマ
2021年度KIPP精神分析的心理療法家養成プログラム(オンライン対応)第9期生募集 説明会(オープンハウス)
備考

各位

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局です。

2021年度KIPP精神分析的心理療法家養成プログラム(オンライン対応)第9期生募集に関する説明会を以下の通り開催いたします。

皆様のご参加をお待ちしております。

2021年度KIPP精神分析的心理療法家養成プログラム(オンライン対応)第9期生募集説明会(オープンハウス)

--------------------------------------- 

1 回 2021320日(土)16:0017:30 申込締切:319日(金)17時まで

2 回 2021411日(日)14:0015:30 申込締切:410日(土)17時まで

参加費無料

--------------------------------------- 

KIPP精神分析的心理療法家養成プログラムは、対人関係論に基づく精神分析的心理療法家を養成するための、4年コースの訓練プログラムです。訓練の内容は、120時間以上の個人心理療法、120時間以上のスーパーヴィジョン、120コマのコースワーク(講義・演習)を、KIPP訓練委員を中心とする講師陣から受けるという高度なものです。2003年度に開設して以来、隔年で訓練生を募集してきました。欧米の精神分析研究所のスタイルを引き継ぎつつ、日本の実情に合わせた教育環境を整えており、様々な領域でお仕事をされる臨床心理士、医師の方々に受けていただいています。

この度、新型コロナウィルスの流行に伴い、対面での授業が難しくなる中、これまでの教育内容を、すべてオンラインで受講できる形に工夫いたしました。これまで、遠方のため、応募を断念されてきたか方も、奮って応募いただければ幸いです。

プログラムの詳細につきましては、ホームページ(https://www.kippkyoto.org/)をご確認ください。

 ---------------------------------------

申込方法: 期日までに下記の申込フォームからお申し込みください。

https://ws.formzu.net/dist/S10835519/

---------------------------------------

一般社団法人京都精神分析心理療法研究所事務局

お問い合わせ先: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2021/3/13
会場
オンライン(ZOOM)
テーマ
第9回不登校・ひきこもり支援者研修会
備考

平素よりお世話になっております。
不登校・ひきこもり専門機関、NPO法人メンタルコミュニケーションリサーチです。

この度、臨床心理士、公認心理師、支援者、大学院生向けに「第9 不登校・ひきこもり支援者研修会」を開催いたします。

先生方、学生方に周知していただけると有難く存じます。
詳細の内容は下記の通りです。

【研修名】第9 不登校・ひきこもり支援者研修会
【日時】2021313日(土)9:3015:30
【開催形式】オンライン(Zoom
【参加対象】臨床心理士、支援者、大学院生、大学生
【参加費】一般料金5,000円、学生料金2,000
【プログラム】〇 第1部 9:30-12:30 講師:田附あえか(筑波大学)
「家族支援の一歩:家族療法家中釜洋子先生と文脈療法の基礎」
第2部 13:3015:30 講師:益子洋人(北海道教育大学)
「支配/服従的関係から共創的関係を目指す葛藤解決的家族支援の提案」
【その他】臨床心理士資格更新ポイント申請予定

※申込者特典:第1部の内容『《中釜洋子選集》家族支援の一歩 :システミックアプローチと統合的心理療法』(遠見書房)の割引案内
【お申込み】https://forms.gle/ZR39vCcNJ6xotjkN8

以上、よろしくお願いいたします。
NPO
法人メンタルコミュニケーションリサーチ事務局