研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
2019年 4月14日(日)14:00~17:00
会場
大阪大学中之島センター 7階 講義室702
テーマ
『阪大法の壺』 辻 悟『ロールシャッハ検査法』を読み解く
備考

 

★今回の企画について

本ミニシンポジウムは、昨年の日本ロールシャッハ学会第22回大会の特別企画の一つとして開催した内容を、改めて関西ロールシャッハ研究会自由クラス会員をはじめ阪大法に興味をお持ちの方々に広くお届けしようと企画しました。阪大法の形式・構造解析の勘所を、関西ロールシャッハ研究会に於いて長年、辻先生の下で研鑽を積まれた小笠原先生が分かり易く解き明かしてくれる貴重な機会です。

 

とかく難しいと言われている阪大法ですが、その基本的な考え方をひとたび身につけてしまえば、あとはプロトコールと睨めっこして自分の頭を使うだけ、という、まるで囲碁か将棋のような面白さがあります。

 

 

当日は、前半で小笠原先生に「壺」のお話を伺い、後半で弘田先生からコメントを頂き、フロアの皆様とのディスカッションにつなげていけたらと考えています。                         (飯田)

 

 

★本ミニシンポジウムの紹介

 

ロールシャッハテストの阪大法は、辻悟(1926-2011)の半世紀を超える臨床実践の中で今日の姿へと発展を遂げてきた。阪大法は、ともすると難解で習熟しづらいものとして敬遠される向きもあるかも知れないが、決して他の流派と本質的に異なっているわけではなく、実際にスコアリングの記号自体も他の流派との共通性はかなり高い。

但し、阪大法の場合、「記号化した結果をどう整理・解釈するか」(→ 記号化の後)よりも、むしろ「どのように記号化するか」(→ 記号化の前)に、即ち、記号化に至る過程に於いて被検者の内面(内的体験世界)に生じている様相に注目し、それを可能な限り追体験することに明確に重点が置かれており、その点では「記号化した後の処理」を重視する立場とは一線を画している。このように、阪大法は単なるスコアリング体系を超えた一箇の方法論であるのみならず、ある意味一種の「臨床哲学」と言っても過言ではない側面を有しており、そこにはロールシャッハテストと精神・心理臨床場面との間の往還という地道な営みの中で結晶化してきた辻の「治療精神医学」の真髄が詰まっている。従って、阪大法は精神療法・心理療法との親和性が高く、ロールシャッハテストから得られた知見を実際の治療場面に還元することが前提とされている点が特徴である。

 

今回のミニシンポジウムでは、辻の著書『ロールシャッハ検査法』『こころへの途』の中から、特に阪大法の「壺」(=要諦)であるところの「外輪郭形体」「複合(超越性)」「homeaway」等の概念を採り上げ、外輪郭形体把握や複合(超越性)のありように表れる認識様態と被検者の病態水準との関係を中心に、話題提供者自身の見解も踏まえて概説した上で、フロアの先生方と共に、他の流派からの視点も交えて議論を深めたいと思う。                    (小笠原)

 

- - - - - - -  - -  - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

企画の詳細については、添付のpdfファイルをご参照ください。

 

参加費:1000円

要事前申し込み

 

※自由クラス会員の方の参加費は無料で、予約不要です。

 

 

追加情報

開催日程
2019年度(原則通年参加) 4/14(日)  5/12(日)  6/2(日)  7/7(日)  9/8(日) 10/13(日)  11/10(日)  12/8(日)  1/12(日)  2/9(日)  3/8(日)
会場
茨木市立男女共生センター ローズWAM など
テーマ
自分なりの「臨床」や、「心理士としての在り方」について考えます
備考

心理士として日々向き合う自身のテーマや、問題意識に立ちとどまり、自分の臨床を見つめ、自分なりの“臨床への向き合い方”を模索し形づくる作業に、同じ志を持って集う仲間と共に1年をかけて取り組みます。

 

◆時間 : 各回10時~12時

◆対 象 : 臨床心理士、公認心理師、心理臨床を学ぶ大学院生

◆定 員 : 14名(先着順)

◆参加費 : 年間10.000円

◆申し込み :
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

◆詳細は以下のPDFチラシをご覧ください。

 

初心者精神分析勉強会

2019年03月13日(水)

追加情報

開催日程
5月19日、7月7日、8月4日、10月6日、11月3日、12月1日、 2月2日、3月1日(すべて日曜日) 13:00~16:00
会場
大阪・京都こころの発達研究所 葉(高槻オフィス)
テーマ
初心者精神分析勉強会
備考
当研究所では、経験の浅い初学者の心理職を対象とした、精神分析的心理療法の基礎を学ぶための、勉強会を開催しています。
前半の時間は、課題図書を輪読し、精神分析の 基礎知識を整理し、ディスカッションを行います。後半の時間は、事例検討を通して、現場で分析的視点を用いながら、どのように実践していくのかを一緒に学んでいきます。
なお、12月と3月には、フェルマータ・メンタルクリニックの院長で、精神科医の細澤仁先生をお招きしての会を予定しております。ぜひ、ご参加ください。
 
・課題図書:『現代精神分析基礎講座 第1巻 精神分析の基礎』(2018、古賀靖彦編著、金剛出版)
・開催日時:5月19日、7月7日、8月4日、10月6日、11月3日、12月1日、 2月2日、3月1日(すべて日曜日)
13:00~16:00
・参加費:全回申込み24000円
単回申込み3500円(12月と3月以外の月)、 4000円(12月と3月)
・定員:15名
・会場:大阪・京都こころの発達研究所 葉(高槻オフィス)
 
-----------------------------
大阪・京都こころの発達研究所 葉(よう)
高槻オフィス:〒569-1123 大阪府高槻市芥川町3丁目2−24 JR高槻駅より徒歩5分
ホームページ:https://kokoro-you.com/
 

 

追加情報

開催日程
偶数月の第1日曜日(6月はありません) 4月7日、8月4日、10月6日、12月1日、2020年2月2日
会場
大阪・京都こころの発達研究所 葉(高槻オフィス)
テーマ
初学者のための『心理検査 事例検討会』
備考

心理士が働く多くの現場で、さまざまな種類の心理検査の実施が求められます。しかし、いざ検査を実施するとなると、学校で学んできた知識だけではいかに困難であるか、感じる方も少なくないのではないでしょうか。また、検査の実施の仕方や検査の整理、解釈の仕方を学びたくとも、なかなか、密に学ぶことができる場所はないかもしれません。

 

「今、働いている職場で、より深い発達検査の理解ができるようになりたい」

「転職先の職場で実施できるように、パーソナリティ検査の勉強をしておきたい」

「心理検査を一緒に勉強できる仲間を作りたい」

 

当研究所では、2019年度、初心から中堅の現場経験の方、心理士を目指す学生方を対象にした心理検査の事例検討会を開催いたします。ともに勉強し、技術を高め合い、つながりを作る場として、ご活用いただきたく存じます。

どうぞふるってご参加ください。

 

いずれの事例検討会も、それぞれの日程で定員15名です。

 

【Ⅰ.人格検査 事例検討会】
投影法や描画法などの検査からパーソナリティをどのように理解するか、検査の結果整理や解釈の仕方について、事例検討を通して検討していきます。
今年度は、TEG、バウムテスト、PFスタディを中心に実施します。
・開催日:偶数月の第1日曜日(6月はありません)
4月7日、8月4日、10月6日、12月1日、2020年2月2日
・時間:10:00〜12:00
・参加費:全5回 10,000円
 
【Ⅱ.発達検査 事例検討会】
発達検査のデータをどう細やかに読み取り、受検者の方の発達特性や能力をどのように理解していくのか、事例検討を通して理解していきます。
今年度は、ウェクスラー式知能検査を中心に実施します。
・開催日:奇数月月第1日曜日(9月はありません)
5月12日、7月7日、11月3日、2020年1月5日、2020年3月1日
・時間:10:00〜12:00
・参加費:全5回 10,000円
 
-----------------------------
大阪・京都こころの発達研究所 葉(よう)
高槻オフィス:〒569-1123 大阪府高槻市芥川町3丁目2−24 JR高槻駅より徒歩5分
ホームページ:https://kokoro-you.com/

追加情報

開催日程
2019年7月14日、7月15日
会場
医療法人栄寿会天満病院5Fホール(徳島)
テーマ
解離のアセスメントと解離性障害へのASSOCIATEアプローチを学びます。
備考

 

『複雑なトラウマや解離性障害へのケア ~解離のアセスメント・介入の原則と工夫~』

 

 

昨年2018年,ICD11に複雑性PTSDが正式に採択され,トラウマがもたらす心身への影響についての関心が高まりを見せております。それに伴い,外傷的な体験によって当事者のその後の人生を大きく左右する可能性があるといった認識も広がってきております。そのトラウマと深く関連するものとして解離”があります。解離は多様な状態像を呈することが知られており,安全で,当事者が安心できるサポートを提供するためには,解離に対する適切な理解が不可欠であると言われております。そこで,愛着・解離などをご専門とされ,身体志向のトラウマ・ケアへの造詣が深い福井義一先生をお招きし,『複雑なトラウマや解離性障害へのケア』をテーマに2日間にわたるワークショップを開催する運びとなりました。みなさんのご参加を心よりお待ちしております。

 

*詳細は添付ファイルからもご覧いただけます!

 

 

◆テーマ

 

複雑なトラウマや解離性障害へのケア ~解離のアセスメント・介入の原則と工夫~

 

・第1回:2019714日(日)

 

「解離のアセスメント(10:0017:00,受付開始9:30~)

 

・第2回:2019715日(月・祝日)

 

「解離性障害へのASSOCIATEアプローチ(9:3016:30,受付開始9:00~)」

 

*それぞれ臨床心理士資格更新ポイント対象研修会として申請を予定しています。

 

 

◆講師

 

福井 義一 先生(甲南大学教授 臨床心理士,専門:トラウマ・ケア,愛着,解離,身体志向の心理療法)

 

 

◆会場

 

医療法人栄寿会 天満病院 5Fホール

 

770-0042 徳島県徳島市蔵本町1丁目5JR蔵本駅(JR徳島駅から2駅)より徒歩5

 

 

◆参加資格

 

医師・臨床心理士・大学院で臨床心理学を専攻している方

 

 

◆定員

 

60

 

 

◆参加費

 

それぞれ1日だけのご参加もお申込みいただけますが,2日間通して参加される方が少しでもお越しいただきやすいように,下記の通り参加費を設定いたしております。ぜひご一考ください!

 

・セット早割(2日間お申込み,627日までのお申込み+お振込み)…¥28,000.-

 

・セット通常(2日間お申込み,78日までのお申込み+お振込み)…¥30,000.

 

7/14WS単独(1日目のみの1日間参加)…¥15,000.

 

7/15WS単独(2日目のみの1日間参加)…¥20,000.

 

*詳細は添付ファイルを必ずご確認ください。

 

 

◆お申込み・お問い合わせ

 

お申込みの際には,【氏名(フリガナ)】,【所属】,【資格】,【参加日程】など必要項目をご記入の上,下記アドレスまでお申込みください。参加費は,参加者氏名で所定口座にお振込みください(添付ファイル参照)。また,臨床心理士の方は“登録番号”を必ず明記ください(更新ポイントの認定ワークショップとしての申請に必要となります)。なお、お問い合わせへの返信に時間を要する場合がございますので、予めご了承ください。

 

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 事務局:徳島トラウマケア研究会 太田)

 

 

 

◆後援

 

・一般社団法人Ego State Therapy Japan

 

・医療法人栄寿会 天満病院

 

 

 

追加情報

開催日程
2019年4月21日(日) 10:00~16:30(9:30開場)
会場
名古屋都市センター/オンライン(Zoomプログラム使用)
テーマ
ブレインスポッティングの知見から共感力を最大限に活用し臨床力を飛躍的に上げるトレーニングです。
備考

「臨床における共感」 ~ブレインスポッティングより~

このたび、「臨床における共感」ワークショップが、421日(日)に名古屋都市センター(金山駅)で実施されます。

ロジャーズ以降、心理臨床の関係性において最も重要な技術である共感の力を、神経学の知見や脳内のメカニズムから包括的に理解し、いかにクライアントの内的な状態をセラピストの内的システムに映し出すかを学び臨床力を飛躍的に伸ばす力を養います。

今回、トラウマ心理療法「ブレインスポッティング」の国際トレーナー鈴木孝信氏(アダムズ州立大学)を講師にお招きし、ワークショップを行っていただきます。

詳細はデジタルチラシと「こくちーず」および「紹介ビデオ」をご覧いただけますと幸いです。

※申し込み方法:「こくちーず」をご覧ください。

https://www.kokuchpro.com/event/58d731927b951a4271d851625dab0492/

※「臨床における共感」ワークショップ紹介ビデオ(YouTube)があります。

https://www.youtube.com/watch?v=14DxcNpgovY&feature=youtu.be

日 程: 2019421日(日) 10:0016:309:30開場)

午前:共感研究の講義

午後:共感の実践(共感トレーニング/デモ/プラクティカム)

場 所: 名古屋都市センター/オンライン(Zoomプログラム使用)

講 師: 鈴木孝信(ブレインスポッティング・トレーニング・インスティチュート日本代表、BSP国際トレーナー、アダムズ州立大学)

定 員:会場30名/オンライン10

受講料:10,000円 (現地/オンライン)

受講資格:臨床心理士・公認心理師・医師・精神保健福祉士・社会保険福祉士等 ※1臨床心理士系の大学院生・※2その他  (※1 指導教官の推薦状が必要です。 ※2 BTI-Jにより認められた場合のみ参加可能です。

主 催:ブレインスポッティグ・トレーニング・インスティチュート日本[BTI-J

現地協力:西田正憲(せとぐち心療内科クリニック)

追加情報

開催日程
原則毎月第2日曜日
会場
キャンパスプラザ京都ほか
テーマ
現代独立派の精神分析臨床
備考

英国独立派の精神分析を中心に、文献購読と事例検討を行なう研究会です。アドバイザーに精神分析家の北山修先生をお迎えして開催をしています。精神科、学生相談、社会的養護、司法矯正など参加者の活動領域は多岐にわたっています。

和やかな雰囲気の研究会だと思います。関心のある方は一緒に学んでみませんか。

追加情報

開催日程
2019年8月3日(土)・4日(日)
会場
金城学院大学
テーマ
アートセラピーの広がりの中で コラージュ療法の可能性と発展
備考

連絡先:

〒463-8521 名古屋市守山区大森2-1723

金城学園大学人間科学部 今村 友木子研究室内

日本コラージュ療法学会第11回大会準備委員会

E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。    

※詳細は添付資料でご確認下さい。

追加情報

開催日程
平成31年4月6日(土)13:30~16:30
会場
大阪弁護士会 2階ホール
テーマ
映画「憲法9条・国民投票」から考える
備考

第1部:映画「憲法9条・国民投票」上映会

第2部:パネルディスカッション

・参加費無料

・要事前申込

※詳細は添付資料をご確認下さい。