研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
10月28日(土),29日(日)
会場
大正大学巣鴨校舎
テーマ
サポートグループセミナー
備考

 

 

 

 

この度、サポートグループ研究会を発足し、

1028日、29日にサポートグループに関するセミナーを開催する運びとなりました。

高松里先生(九州大学)をお招きしての基礎編、

村山正治先生(九州大学名誉教授)を指定討論者としてお迎えしての展開編となります。

 

ご不明な点などございましたら、下記メールアドレスまでお問い合わせください。


サポートグループ研究会

 

***********************

 

サポートグル―プセミナー セミナー①「サポートグループをはじめるには」

 

内容 :

これからグループを始めたい方、

あるいは開催しているがもう一度基礎  から学びたい方を対象に、

サポートグループについて概観し、ワークも交えながら、

実際のグループ体験からグループ運営の基本を修得することを目指します。

講師 : 高松 里先生(九州大学 留学生センター准教授)

日時 : 20171028日(土)13001700

対象 : ①もしくは②に該当する方

①サポートグループの活動に関心がある、あるいは、これからはじめようと考えている(すでに実施している)心理臨床家、臨床心理学専攻大学院生、その他専門職

②セルフヘルプグループをはじめようと考えている(すでに実施している)当事者の方

定員 : 50名(実際にグループをはじめる方を優先いたします)

参加費 : 無料

会場 : 大正大学巣鴨校舎 2号館8階 講義室

 

● 当日のプログラム


13:0014:30         サポートグループとは

14:3014:50         サポートグループの実際

10ストーリーズの展開・坂本佑馬(大正大学カウンセリング研究所)」

15:0516:20         模擬グループ体験

16:2017:00         質疑応答


※  時間割・テーマ等については、多少内容が異なる場合があります。

 

 

<申し込み方法>


① 以下の内容を、下記のメールアドレスへお送りください。


必要事項  ①氏名、フリガナ ②ご所属 ③職名

            ④参加区分(専門職・一般・学生)

                ⑤講座名、開催日(例:セミナー①、1028日)

        ⑥サポートグループ運営経験の有無とその領域

                 (あり・なし・今後はじめる予定/疾患・非行・セクシュアルマイノリティ等)


事務局E-mail  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


* ドメイン指定されている方は上記アドレスからの受信設定を行ってください。

 

② ご記入いただいた内容を確認の上、事務局より参加確定のご連絡をいたします。申し込みは事務局からの返信をもって完了となります。

 

 

<注意事項>


* 定員を超えた場合には参加をお断りすることがございます。

* 参加者の都合によるキャンセルは、事務局へご連絡ください。

* セミナー①と②を同時に申し込まれる方は、⑤講座名、開催日に両方のセミナー名、開催日をご記入ください。

* 事務局からの返信が届かない場合は、通信障害等の可能性がございますので、お手数ですが再度メールにてお問い合わせください。なお、その際には、ドメイン指定などの解除をご確認ください。

* お申し込みの際にいただいた個人情報は、厳正に取扱い、本研修会の目的以外には使用いたしません。

 

 

申し込み締め切り : 2017928日(木)

 

 

 

サポートグループセミナー セミナー②「サポートグループの展開から学ぶ」


内容 :

3名の話題提供者の実践をもとに、 指定討論に村山正治先生をお迎えし、

サポートグループの実際と今後の展開について学びを深める。

講師 :

指定討論  村山 正治先生(東亜大学大学院)

講師・司会 高松 里先生(九州大学)

 

話題提供    吉川 麻衣子先生(沖縄大学)

         河内 範子先生(カウンセリングルーム野崎)

        宮腰 辰男先生(大正大学カウンセリング研究所)

日時 : 20171029日(日)10001700

対象 :

心理臨床家・臨床心理学の大学院生・その他専門職・サポートグル-プ、セルフヘルプグループに関心があり、これからはじめようと考えている当事者の方

定員 : 100

参加費 : 一般6,000円、学生3,000

会場 : 大正大学巣鴨校舎 5号館5階 551教室


※ 本研修会は、要件を満たした場合、臨床心理士資格更新のためのポイントを取得できるワークショップとして申請予定です。

 

 

● 当日のプログラム


10:0011:00 サポートグループとは 高松里(九州大学留学生センター)

11:0012:00 話題提供①「身体疾患:膠原病」 大河内範子(カウンセリングルーム野崎)

12:0013:00 (昼 食)各自でお取り願います

13:0014:00 話題提供②「若年層のセクシュアル・マイノリティ」宮腰辰男(大正大学カウンセリング研究所)

14:0015:00 話題提供③「沖縄戦を生きぬいた人々」吉川麻衣子(沖縄大学)

15:2016:30 シンポジウム「サポートグループの展開」 指定討論 村山正治(東亜大学大学院)

16:3017:00 クロージング


※ 時間割・テーマ等については、多少内容が異なる場合があります。


<申し込み方法>


① 以下の内容を、下記のメールアドレスへお送りください。


必要事項  ①氏名、フリガナ  ②ご所属  ③職名

          ④参加区分(専門職・一般・学生)

          ⑤講座名、開催日(例:セミナー②、10月29日)

          ⑥サポートグループ運営経験の有無とその領域

                (あり・なし・今後はじめる予定/疾患・非行・セクシュアルマイノリティ等)

                ⑦臨床心理士番号(お持ちの方のみ)


事務局E-mail   このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


* ドメイン指定されている方は上記アドレスからの受信設定を行ってください。


② ご記入いただいた内容を確認の上、事務局より銀行の口座番号をご案内いたします。銀行口座へお振り込みいただいた後、事務局からの参加確認メールをもって申込が完了となります。


* 直前に入金された方は念のため、振込の半券をご持参ください。


 

<注意事項>


* 定員を超えた場合にはお断りすることがございます。

* 振込後の参加者の都合によるキャンセルの場合、受講料の返金はできません。

* セミナー①と②に同時に申し込まれる方は、⑤講座名、開催日に両方の研修会名、開催日をご記入ください。

* 事務局からの返信が届かない場合は、通信障害等の可能性がございますので、お手数ですが再度メールにてお問い合わせください。なお、その際には、ドメイン指定などの解除をご確認ください。

* 領収書が必要な方は、事務局まで事前にお申し出ください。

* お申し込みの際にいただいた個人情報は、厳正に取扱い、本研修会の目的以外には使用いたしません。


申し込み締め切り : 20171020日(金)


 

何かご不明な点などございましたら、事務局までご連絡ください。


今後とも、よろしくお願い申し上げます。



<<連絡先>>

170-8470東京都豊島区西巣鴨3-20-1

大正大学カウンセリング研究所内

サポートグループ研究会 事務局

E-mailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追加情報

開催日程
平成 29 年 10 月 15 日(日)10 時~16 時 30 分
会場
あすてっぷ KOBE
テーマ
「性暴力被害者支援」
備考

【日時】平成 29 年 10 月 15 日(日)10 時~16 時 30 分(受付 9:30~)

【会場】あすてっぷ KOBE 〒650-0016 神戸市中央区橘通 3 丁目 4 番 3 号 JR「神戸駅」徒歩 7 分、「大倉山駅」・神戸高速鉄道「高速神戸駅」徒歩 3 分

【講師】特定非営利活動法人性暴力被害者支援センター・ひょうご事務局長 福岡ともみ先生

 

主催:兵庫県臨床心理士会被害者支援専門委員会・ひょうご HEART(兵庫県臨床心理士会心のケア緊急支援チ ーム)

追加情報

開催日程
2017年10月22日
会場
和歌山県子ども・女性・障害者相談センター3階 多目的ホール
テーマ
トラウマ・ケアの新しい潮流~身体志向の心理療法~
備考

和歌山県臨床心理士会 第2回定例研修会

「トラウマ・ケアの新しい潮流~身体志向の心理療法~」

講師:福井 義一先生(甲南大学文学部教授・臨床心理士・専門健康心理

 

日 :平成291022日(日)10時~12

 

会費:1000

 

追加情報

開催日程
2017年10月29日10:00~16:30
会場
広島市東区民文化センター
テーマ
初期面接の進め方
備考

一丸藤太郎先生の講義と事例検討により、セラピストに求められる基本姿勢や関わり方について、学びます。

追加情報

開催日程
2017年10月~2018年7月
会場
「キャンパスプラザ京都」「京都テルサ」など京都駅周辺の会場
テーマ
ビオンとウィニコットについて学ぶー対象関係論の展開
備考

「2017-18年京都精神分析・臨床セミナー」(年6回)
主催:NPO法人子どもの心理療法支援会
時間:各回とも13時~17時30分(前半2時間【講義】、後半2時間15分【事例検討】)
会場:「京都テルサ」「キャンパスプラザ京都」など(毎回、事前に連絡させていただきます)
開催日:
第1回:2017年10月22日(日) 集団への精神分析的アプローチ(講師:浅田護先生)
第2回:2018年2月12日(月・祝) 思考/考えることと精神病の精神分析(講師:松木邦裕先生)
第3回:2018年3 月18日(日) コンテイニング・マインドー「名づけようのない恐怖」の重要性と臨床のインフラ構造(講師:飛谷渉先生)
第4回:2018年5月13日(日) ウィニコットの移行対象論(講師:鵜飼奈津子先生) 
第5回:2018年7月8日(日) ウィニコットの臨床(講師:館直彦先生)
第6回:2018年7月29日(日) ビオンと子どもの精神分析的心理療法(講師:平井正三先生)
申し込み〆切日:2017年10月10日(火)

受講料:5万円(院生・研修生は4万円) 
申込方法:郵便局の振込用紙通信欄に氏名(ふりがな)、住所、電話・FAX番号、所属、職種、E-m ailアドレス、事例発表希望の有無、研修証明書(要・不要)、基礎の基礎セミナー受講(希望)を明記の上、参加費をお振込ください。受講料は返却いたしかねますのでご了承下さい。
振込先:郵便振替 00980-8-150282
    加入者 名:NPO法人子どもの心理療法支援会 京都精神分析・臨床セミナー
お問合せ:NPO法人子どもの心理療法支援会 Tel/Fax  075-600-3238 
Mail  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
詳しいご案内はHP(http://sacp.jp)をご覧ください。
基礎の基礎セミナーは臨床セミナー受講者のみ申し込めます。詳しくはHP内に掲載のパンフレットをご確認ください。

追加情報

開催日程
2017年12月16日(土)10:30~16:30(受付開始は10:00)
会場
京都橘大学心理臨床センター
テーマ
精神分析的心理療法入門
備考

 

臨床心理セミナー「精神分析的心理療法入門」

 

対象:臨床心理士・臨床心理学専攻の大学院生・周辺領域の専門職の方(職務上の守秘義務をお持ちの方)

 

●内容:自我心理学の立場からエディプス理論を中軸に置き、そのエッセンスである自由連想的対話演習に取り組んでいく。

 

●開催日時:20171216日(土)10301630(受付開始は1000

 

 担当:ジェイムス 朋子 准教授

 

●受講料:1回3,000

 

●定員:10

 

●申込方法:電話かFAXで事前にお申込み下さい。

 

電話:0755744367(月曜日~木曜日 10時~17時)

 

FAX0755744287HP上に申し込み用紙が掲載されています。)

 

 

 

※詳しくはこちらからご確認ください。

 

 

http://www.tachibana-u.ac.jp/about/psychology/event.html

 

 

追加情報

開催日程
2017年11月25日(土)10:30~16:30(受付開始は10:00)
会場
京都橘大学心理臨床センター
テーマ
フォーカシング
備考

 

臨床心理セミナー「フォーカシング」

 

対象:臨床心理士・臨床心理学専攻の大学院生・周辺領域の専門職の方

 

●内容:考え方の紹介、さらに体験を通して、フォーカシングの活用を考えていく。

 

●開催日時:20171125日(土)10301630(受付開始は1000

 

 担当:青木 剛 助教

 

●受講料:1回3,000

 

●定員:15

 

●申込方法:電話かFAXで事前にお申込み下さい。

 

電話:0755744367(月曜日~木曜日 10時~17時)

 

FAX0755744287HP上に申し込み用紙が掲載されています。)

 

 

※詳しくはこちらからご確認ください。

 

http://www.tachibana-u.ac.jp/about/psychology/event.html

 

 

追加情報

開催日程
平成29年11月 3 日(金・祝)~ 5 日(日)
会場
鹿児島大学 郡元キャンパス
テーマ
世界レベルの催眠研究の構築を目指して~わが国における催眠の臨床実践と効果研究を架橋する~
備考

本年の学術大会は,日本臨床催眠学会第 19 回学術大会と日本催眠医学心理学会第 63 回大会を鹿児島大学にて合同で開催することになりました.期日は 11 3 日(金・祝)~ 5 日(日)の 3 日間です.大会テーマは,「世界レベルの催眠研究の構築を目指して~わが国における催眠の臨床実践と効果研究を架橋する~」と致しました.
 今大会ではアメリカから Mark P.Jensen 先生をお招きして慢性痛治療の効果研究の世界の動向や臨床実践における催眠や催眠認知行動療法の適用の実際についての記念講演やワークショップをお願いする企画を考えています.Jensen 先生はISH ASCH において理事等で活躍されてり,最新の情報も紹介してくださるものと期待しております.他の企画として,基調講演,教育講演,シンポジウム二本,研究発表,技法研修会も計画しております.シンポジウムの一つは,座長に向陽台病院の中島央先生を迎え,演題は『催眠療法って何?』として実際の臨床事例を基にシンポジウムを行います.二つめのシンポジウムは,座長を関西医科大学の水野泰行先生に迎え演題が『心理療法に催眠をどう活かすか~慢性疼痛治療における活用を中心に~』です.Jensen先生にもコメントを頂く予定です.  大阪府の皆様の御参加を心からお待ち申し上げております.