研修会情報 | 大阪府臨床心理士会

研修会情報

追加情報

開催日程
6月14日
会場
オンラインセミナー
テーマ
発達障害を考えるー精神分析、そして発達研究と精神病理学から
備考

講義:「自閉症の精神病理―理解のための補助線」

講師:内海健先生 (東京藝術大学保健管理センター センター長 教授)

講義:「ヴィゴツキーが、この現代に、自閉症を語ったら?」

講師:赤木和重先生 (神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 准教授)

指定討論:松本拓真先生 (岐阜大学)

     武藤 誠先生 (淀川キリスト教病院)

事例提供:松本拓真先生 (岐阜大学)

 

 

5 オープンセミナーの申し込み方法

件名を「第5回オープンセミナー申込」として、以下の項目をこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までご連絡ください。①氏名 (ふりがな)、②サポチル正会員/非会員、③ご所属と職種、④お電話番号、⑤ (非会員の方のみ郵便番号と住所

参加費:サポチル専門会員 9500 / 非会員 10000 / ボランティア会員 8000 / 院生・学生 8500

 

参加申込後、2週間以内に申込受付メールをお送りいたします。

 

追加情報

開催日程
2020年5月23日(土)10:00 -16:00
会場
オンライン(ZOOM) 
テーマ
行政による「心の健康づくり計画」の理解とEAP業務の歴史・実際
備考

    総合力を高める!11のステップ

【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】一回だけの参加OK

https://www.romu-trust.co.jp/wp-content/uploads/2020/05/2020_senmon_new02.pdf

★第1回セミナーのご案内

【産業保健の基礎知識〜職場のメンタルヘルス対策・EAPとは】

「心の健康づくり計画」を知っていますか? オンラインZOOM開催

コロナ感染対策でテレワークが推奨され、職場のストレスは質的な変化の時を迎えています。

初回は、当セミナーのオリエンテーションと従業員を支える産業保健体制の基礎的な知識を学びます。

「産業医と主治医は何が違うの?」

EAPと社内カウンセラーの違いは?」

「『職場のメンタルヘルス対策』で心理職に期待されていることは?」

午前は、衛生委員会や「心の健康づくり計画」など、行政で推奨されている

「職場のメンタルヘルス対策」の具体的な内容と、専門職としての提案のポイントを学びます。

午後は、EAPの歴史や実際の業務について、EAPの経験者から具体的に学びます。

【日時】2020523日(土)10:00 -16:00

     10:00-12:30  オリエンテーション

                  知識編 講師:近藤雅子

      13:30-16:00  EAP編 講師:竹内一器

【場所】オンライン開催のみ。

     *ミーティングアプリ「zoom」を利用します。

     *事前の操作レッスン(15分)をご希望の方はお知らせください。

     *画面上でのディスカッションがあります。カメラはオンにしてご参加ください。

【講師】

 ●近藤雅子:弊社EAPコンサルティング部長

  (臨床心理士/精神保健福祉士/公認心理師/CEAP

  ・東京産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員

  ・厚労省 ハラスメント対策支援事業 コンサルタント

  ・国際医療福祉大学大学院 非常勤講師

 

 ●竹内一器:弊社EAPコンサルティング部コンサルタント

【対象】 

 臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士、保健師、看護師、産業医などの守秘義務のある有資格者(大学院生も可)。

 *日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントを申請予定。(通年参加の方、または1日参加の方が対象。)

【参加費】

 1日参加:一般15,000円 /Mリスト会員10,000円 /大学院生8,000

 半日参加:一般 8,000円 /Mリスト会員 5,000円 /大学院生4,000

 (※Mリスト会員とは、弊社の運営する医療口コミサイトです。入会は当社HPから手続きをお願い致します。)

詳細は、下記をご覧ください

https://www.romu-trust.co.jp/wp-content/uploads/2020/05/2020_0523_senmon.pdf

【お申し込み方法】

 以下弊社ホームページよりお申し込みください

https://www.romu-trust.co.jp/seminar_shinri/

*************************************************************************************

*こちらは全11回の通年セミナーです。2回目以降の詳しいご案内は当社HPをご覧ください。

 通年参加は、特別価格がございます。 

https://www.romu-trust.co.jp/wp-content/uploads/2020/05/2020_senmon_new02.pdf

【お申し込み方法】

以下弊社ホームページよりお申し込みください。

 https://www.romu-trust.co.jp/seminar_shinri/

【お問い合わせ】

 合同会社労務トラスト このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 〜あなたに同志はいますか ストレス解放戦線プロジェクトPart2 

研修会広報のご依頼

2020年05月18日(月)

追加情報

開催日程
2020年06月13日 (土)18:30~21:00
会場
WEB
テーマ
第3回 「心の仕事のオンライン化を考える」オンライン談義
備考

参加費:LIVE視聴、録画視聴とも3000円(個人)、5000円(施設・団体 最大3名)

 

子育て割引(-2000)、学生割引(-2000)があります(併用不可)。
※施設・団体で参加される場合は、参加者全員が申し込みフォームへのご記入をお願いいたします。支払いに関しては、代表者のみで結構です。

話題提供者:

上田勝久(兵庫教育大学大学院)

太田滋春(カウンセリングルームこころsofa

岸本早苗(マインドフルCARERセンター)

吉野智富美(ABAサービス&コンサルティング)

定員:Live参加10,000人  録画参加30,000
参加資格:心の仕事を行う専門家または学生

日程

515日 () 13:00-             申し込み受付開始

610日 () 申込・振込締め切り

LIVE当日

613日 ()            

18:30~ パネルディスカッション
20:00~ 総合ディスカッション

20:30~ WEB飲み会

録画視聴期間

615日(月)13:00-  録画視聴開始

622日(月)視聴終了-23:00

 

研修会広報のご依頼

2020年05月18日(月)

追加情報

開催日程
2020年05月30日 (土)18:30~20:30
会場
WEB
テーマ
① withコロナにおけるコーピングレパートリー・バンク
備考

締切:20200530(土)12:00

概要:Withコロナの状況で我々の生活の幅は狭まっている。そこで、広く聴衆からコーピングのレパートリーを募りながら、LIVE配信でおしゃべりするという企画です。

 

参加費:無料

話題提供者:伊藤絵美、西川公平

追加情報

開催日程
2020年7月19日(日) 15:00~17:00 (後日の録画視聴も可能です)
会場
Zoom(オンライン会議ツール)
テーマ
マインドフルネスの臨床応用
備考

【第2回CBTセミナー~マインドフルネスの臨床応用~のご案内】

 

 Zoomを使ったオンラインセミナーです。後日の録画視聴も可能です。テーマは、第1回のセミナーで希望が多かったマインドフルネスの臨床応用。講師が実際の臨床で、どのようにマインドフルネスを活用しているかを解説します。特に、認知再構成法(コラム法)との併用、曝露法(エクスポージャー)との併用については、詳細にお話する予定です。

 

 マインドフルネスの基礎をアバウトにでも理解していることが受講の前提になります。不安な方は、オプションで、マインドフルネスの基礎を解説した第1回CBTセミナーを事前に視聴していただけます。

 

 

日時:2020年7月19日(日) 15:00~17:00

場所:Zoom(オンライン会議ツール)

    あるいは、後日の録画視聴

 

料金:できるだけ当日参加していただきたいため、当日参加の料金を低く設定しています。

   (Zoom操作が不安な方のために、事前にリハーサルを行う予定です。)

   とはいえ、録画視聴は期間内ならいつでも、

     くり返し視聴できるというメリットがあります。

 

   ① 当日のZoomによる参加→3,000円(カメラ・マイク必須)

   ② 後日の録画視聴    →4,000円

   ③ ①と②の両方     →5,000円

 

   オプション

   ④ 第1回セミナーの録画視聴→+4,000円

    ※マインドフルネスの基礎を解説した第1回セミナー動画の事前視聴。

     入金確認後、できるだけ早く視聴用のURLをお送りします。

     第1回セミナーについては、以下のブログ記事も参考にしてください。

      https://philosophy-psychology.com/20200506-2

 

対象:保健・医療・教育・産業・福祉・司法などの対人援助職

   (大学院生も可)

 

講師:若井貴史

    哲学心理研究所 所長(哲学者)

    公認心理師/臨床心理士

    厚生労働省 認知療法・認知行動療法研修修了

    大阪経済大学・花園大学・立命館大学 非常勤講師

 

なお、講師の実績やプロフィールは、以下のサイトからご覧になれます。

https://philosophy-psychology.com/results

https://philosophy-psychology.com/profile

 

【哲学心理研究所のご案内】

サイト:https://philosophy-psychology.com/

Twitter:https://twitter.com/Josef_Dietzgen

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC8QKkUuJiw5QoO2ho1t3LXg

 (第1回CBTセミナーに寄せられた質問に答えている動画も公開しています。)

 

お問い合わせ:京都弁証法認識論研究会

   E-mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

お申し込み:https://forms.gle/pM2gzmMo7tekgBYi7

 

〆切:Zoomによる当日参加は定員に達ししだい締め切ります。

   第1回のセミナーでは2週間ほどで定員に達しましたのでご注意ください。

 

 

追加情報

開催日程
2020年5月23日(土)から全11回
会場
東京会場とZoomによるオンライン同時開催
テーマ
産業メンタルヘルス全般を学ぶ
備考

〜総合力を高める!11のステップ〜
【専門職のための 産業メンタルヘルス通年セミナー】
    単発参加・オンライン(ZOOM)参加OK

あなたは休職中の社員とのカウンセリング場面で「あとどのくらい休職期間が 残っていますか?」と会社の休職制度について確認していますか?
ハラスメントの相談で「これはパワハラになりますか?」「ハラスメントってどこに相談したらいいのですか?労基署ですか?」と聞かれたら何と返答しますか?
このような場面では、人事労務や産業保健の知識がないと自信をもって対応できないかもしれません。
そのような方に総合力を高めてもらうステップを全11回のセミナーでご提供いたします。

<この研修の特長>
 1. 理論だけでなく、実践力を高めるグループディスカッション
 2. 臨床経験を活かして、人事とコミュニケーションがスムーズ にとれるようになる!
 3. 経験豊富な講師に質問しやすいアットホームな雰囲気

<こんな方におススメです>
 ・産業保健領域の相談業務をこれからはじめる方
 ・EAP会社の新人カウンセラー
 ・医療現場でリワークなど会社員の相談支援をしている方
 ・医療機関、学校、福祉施設の、職員向け相談窓口の担当者
 ・産業経験が長くはあるが、最近のトピックスを知りたい方

◆研修修了後,ZOOM懇親会も開催予定です!◆
 

【開催日】  2020年5月より全11回
【時 間】  毎月1回土曜日 10:00〜16:00
【会 場】   高輪倶楽部セミナールーム 又は オンライン(同時開催) 
        〒108-0074  東京都港区高輪3-25-22 高輪カネオビル8F
                             (JR品川駅高輪口徒歩2分)
<第1回5/23開催のセミナーは,新型コロナウィルスのためオンラインのみとさせて頂きます。>
        
【オンラインご参加の場合】
 *「ZOOM」を利用します。
 *事前の操作レッスン(15分)をご希望の方は,お申し出ください。
 *画面上でのディスカッションがあります。カメラはオンにしてご参加ください。

【対象】 
 臨床心理士、公認心理師、精神保健福祉士、保健師、看護師、医師など守秘義務のある有資格者(大学院生も可)。

 *日本臨床心理士資格認定協会の臨床心理士更新のためのポイントを申請予定。(通年参加の方、または1日参加の方が対象。)

【講義内容】
 第 1回  5/23   産業保健の基礎知識〜 職場のメンタルヘルス対策・EAPとは〜
 第 2回  6/13  「EAPアセスメント」を学ぶ
 第 3回  7/18   相談記録の書き方入門(仮)
 第 4回  8/ 8   ハラスメント相談員のための基礎知識
 第 5回  9/12   産業保健職向け 労働法セミナー
 第 6回 10/10   マネジメント・コンサルテーションとは
 第 7回 11/14   LGBTへの理解を深める 〜 SOGIハラってなに?〜
 第 8回 12/12   仕事と介護の両立に役立つ基礎知識
 第 9回  1/16   職場復帰支援の基礎知識
 第10回   2/13   障がい者就労支援について学ぶ(仮)
 第11回   3/27   ストレスチェックの基礎知識と活用方法

【メイン講師】
 近藤 雅子 弊社EAPコンサルティング部長
 (臨床心理士/精神保健福祉士/公認心理師/CEAP)
 ・東京産業保健総合支援センター メンタルヘルス対策促進員 
 ・厚労省 ハラスメント対策支援事業 コンサルタント
 ・国際医療福祉大学大学院 非常勤講師 

【参加費】
 ●通年(全11回)特別価格:
    一般15万円 /Mリスト会員9万9千円 /大学院生8万円 
 
 ●各回ご参加の場合:
   1日参加:一般15,000円 /Mリスト会員10,000円 /大学院生8,000円
   半日参加:一般 8,000円 /Mリスト会員 5,000円 /大学院生4,000円
   (※Mリスト会員とは、弊社の運営する医療口コミサイトです。入会は当社HPから手続きをお願い致します。)

【お申込み方法】
  以下弊社ホームページよりお申し込みください。
  https://www.romu-trust.co.jp/seminar_shinri

【セミナー参加者の声】
 「基礎的な知識と実際の臨床場面でどう使っていくかの両方を聞くことができてよかった」
 「ワークを入れながらの研修だったのでメリハリがあり、楽しみながら参加できた」
 「事例が豊富で、リアルに職場で取る対策を学ぶことができた」
 「ついていけるか不安だったが基本から実践まで網羅され、わかりやすかった」

【お問い合わせ】 
合同会社労務トラスト このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

詳細はこちら:
https://www.romu-trust.co.jp/wp-content/uploads/2020/05/2020_senmon.pdf

〜あなたに同志はいますか ストレス解放戦線プロジェクトPart2〜  

 

追加情報

開催日程
2020年5月24日 10時〜11時
会場
オンライン視聴(YouTube限定公開)
備考

「オンライン認知行動療法導入ワークショップ」

 

オンライン視聴・録画視聴(Youtube限定配信)のみのご案内です。お持ちのスマートフォン、PCでお手軽にご参加いただけます。

 

本研修では、今後オンラインカウンセリングを導入する予定の専門家の方にお勧めのワークショップとなっております。

参加者の皆様には、オンラインカウンセリング(認知行動療法)の運用マニュアルを配布し、それに沿って経験豊富な講師がオンラインカウンセリングのコツや工夫についてご説明します。この機会にぜひご参加ください。

 

【配信期間】

オンライン視聴:2020524日 10時〜11時(1時間)

録画視聴:2020525日〜625日(この間録画動画は繰り返しご覧いただけます)

 

【受講料】

オンラインカウンセリング運用マニュアル

+オンライン視聴・録画視聴(YouTube限定公開):3,500

【講師】講師:料崎智秀(京都CBTセンター)

【対象】医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門、大学院生(認知行動療法初心者の方も大歓迎です)

 

【申込フォーム】http://u0u0.net/8wW9

申込期限:2020611

 

HPhttp://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2543

 

【お問い合わせ先】mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

追加情報

開催日程
2020年7月18日〜19日(録画視聴は8月23日まで)
会場
オンライン録画視聴(YouTube限定公開)
備考

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、私たちは「人と会わない」「外に出ない」「徹底した手洗い」を求められています。このような状況下で、メンタルヘルスの問題はどのように変わってきているのでしょうか。外出自粛が終わり学校や仕事(通勤での)が始まったとき、どのような問題が生じるのでしょうか。当センターでは、withコロナにおける「こころのケア」を見据え、下記の2つのワークショップを開催します。

 

(1)不安症、強迫症に対するCBT〜withコロナにおける不安と強迫について〜(録画動画配信期間:2020年7月18日〜2020年8月23日)

(2)過敏性腸症候群(IBS)に対する認知行動療法(録画動画配信期間:2020年7月19日〜2020年8月23日)

 

※録画動画視聴のみのご案内となっております。

※各々臨床心理士研修ポイント申請予定です。

※レジュメ・ワークシートはデータで配布します。

 

【HP】URL:https://cbtcenter.jp/cms/?itemid=2546

 

【受講料】オンライン録画視聴(YouTube限定公開)+レジュメ&ワークシートデータ:各々(5時間)10,000円

なお、録画はお好きな時間に繰り返し何度でも御覧いただけます。

 

【対象】医療、保健、福祉、産業、教育、司法の有職専門 (認知行動療法初心者の方も歓迎です)、大学院生 

 

以下、詳細となっております。

 

(1)不安症、強迫症に対するCBT〜withコロナにおける不安と強迫について〜

不安を抱える子どもへの対応や寄り添い方の基本的姿勢、不安症及び強迫症に対するCBTの工夫やコツについて経験豊富な2名のCBT家が解説します。

 

【講師】

・牧野拓也

福井大学子どものこころの発達研究センター児童青年期こころの専門医育成部門

【プロフィール】臨床心理士/公認心理師。専門は児童青年の強迫症・不安症。

 

・矢野宏之

EMDR専門カウンセリングルームリソルサ 

【プロフィール】臨床心理士/公認心理師。久留米大学大学院卒業後、熊本大学病院神経精神科勤務を経て現職。九州大学大学院博士課程在籍中より、強迫症の研究を行う。現在は、福岡県にて強迫症の当事者会を主催しながら、強迫症の研究、支援に携わる。

※本研修は当センター所長の岡村優希が司会、総括を務めます。

 

【申込み】https://forms.gle/Qf9oMFk766sDg7Vt9

 

(2)過敏性腸症候群(IBS)に対する認知行動療法

IBSに対する身体・心理両面でのアセスメント、それに基づいた認知行動療法の中心技法(注意トレーニングと身体感覚エクスポージャー)について実践演習を通して解説します。

 

【講師】

・菊池志乃 

京都大学大学院医学研究科消化器内科講座/健康増進・行動学講座

【プロフィール】日本消化器病学会専門医。高知大学医学部卒業。天理よろづ相談所病院、京都大学医学部附属病院、高槻赤十字病院などにて消化器内科医として約10年の臨床経験の後、2018年よりIBSの集団認知行動療法臨床試験「IBSスッキリプロジェクト」を現在進行中。

 

・伊藤 有里

京都大学医学部附属病院精神科神経科

【プロフィール】 臨床心理士/公認心理師/認定行動療法士。総合病院精神科の心理職として10年、種々の心身疾患に対して認知行動療法を提供してきた。2018年より「IBSスッキリプロジェクト」のセラピスト、NCNP主催「IBSに対する認知行動療法研修」の講師を務める。

※本研修は当センターの坂田昌嗣が司会、総括を務めます。

 

【申込み】https://forms.gle/t18ruSVdubQFbLas8

 

【チラシ】https://drive.google.com/file/d/15ZGoI0iBhRG9gCyKywsU7cJEuSElXhdr/view?usp=sharing

 

【お問い合わせ先】mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。